庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

恐竜探偵フェントン(5) 研究室のスパイ事件」 みんなの声

恐竜探偵フェントン(5) 研究室のスパイ事件 絵:太田 大八
訳:千葉 茂樹
著:B.B.カルホーン
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年12月
ISBN:9784338146050
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「恐竜探偵フェントン(5) 研究室のスパイ事件」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 息子が今お気に入りのシリーズ

    五巻目が最後なので、読み切ってしまうのがちょっともったないような気がしました。

    読み聞かせが終わった後、息子も「フェントンの本はもうないの?」と言ってましたし、もし続きがあれば読みたかったようです。

    古生物懸賞コンテストに挑戦することになったフェントンの父の発掘チーム。フェントンも謎ときに協力します。

    途中でガイガーカウンターが出て来たのに、家族でびっくりしました。

    昨年の原発事故以来、日本でもお馴染になってしまったガイガーカウンター。

    恐竜の化石とガイガーカウンターが結びつかなかったのですが、化石のある地層に放射性物質があるということはありそうです。

    なぞを解くのにインターネットが活躍するのも今時の感じがしました。

    小学校でも調べ物にインターネットを使うことがあるので、今の子どもたちには身近に感じるお話ではないかと思いました。

    五巻が出版されたのが1999年です。パソコンが各家庭、各学校に普及している時代なので、今でも古びた感じがせず読める児童書です。

    図書館では閉架扱いでしたが、男の子が興味を示しそうな恐竜、コンピューターなどが出てくるので、高学年向けの児童書として日の目を見てくれるといいなあと思いました。

    息子が今お気に入りのシリーズです。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット