ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おやとい外国人とよばれた人たち」 みんなの声

おやとい外国人とよばれた人たち 作:おがたひでき
絵:かこ さとし
出版社:全国建設研修センター
本体価格:\0+税
発行日:1998年
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「おやとい外国人とよばれた人たち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 現存する施設

    • ジョバンニさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子7歳、女の子3歳

    土木の絵本シリーズ第3巻です。副題は、異国にささげた技術と情熱。
    主な登場人物は、鉄道のモレル(イギリス人)、灯台や港建設のブラントン(イギリス人)、水道や港建設のパーマー(イギリス人)、港や河川のドールン(オランダ人)、河川のデ・レーケ(オランダ人)、北海道開拓のケプロン(アメリカ人)です。
    日本が鎖国時代から近代国家へ移る間際、独自の土木技術力が無かった日本が、これら外国人の力により近代化していった時の話です。
    中でも、「日本鉄道の恩人」とたたえられたモレルの話には泣かされます。彼は新橋−横浜間の鉄道建設に携わっていたのですが、在日1年半で過労のため開通を見ることなく亡くなってしまいます。その他、29年間も黙々と日本の河川工事に身をささげたデ・レーケの話など、すばらしい外国人のおかげで現在の日本基盤が作られたと言うことを実感できるお話です。正直、感動いたしました。
    内容がすこし難しいですが、小学校低学年のお子さんでも理解は出来ると思います。また、彼らの建設した施設は現存していますので、もし近くにあるようでしたら見学に行かれては如何でしょう。

    掲載日:2005/11/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

バムとケロのそらのたび / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット