うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

モグラくんがみた おひさま」 みんなの声

モグラくんがみた おひさま 文:ジーン・ウィリス
絵:サラ・フォックス‐デイビス
訳:みはら いずみ
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年04月01日
ISBN:9784776404941
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,855
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モグラはいつも土の中にいるので目が見えません
    ハタネズミに誘われて一緒に日の出を見に行くのです
    みずうみの良い場所には スズメとリスとウサギが先に来ていて 日の出を見ようと来ていたのです
    木の上にすわって みんなで日の出を見るのです
    みんなは 日の出の様子を 話してくれます
    目玉焼きのきみみたいだよとか その表現の仕方がとてもたくみで 
    うまいんです  
    めだまやきから アイスクリームに 食べ物の様子を聞いて
    日の出を想像するモグラくん
    ともだちはいいもんですね  モグラくんはみんなから 日の出の様子を聞いてそう思ったことでしょう

    こころの目でみた日の出  モグラくんは 心に焼きついたことでしょう

    みんなに優しさもね

    掲載日:2016/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなで読みたい絵本です。

    大人の私が図書館で借りてきて
    ひとりで静かに読んでみました。

    可愛らしい動物の出てくる絵本です。
    ハタネズミは日の出を一緒に見に行こうと、
    モグラを誘う。

    私は読み終えるまで
    モグラが明るいところへ出て 
    目が見えないということに気がついていませんでした。
    読み返せば
    ハタネズミが足元を注意していたり
    手をひいていたり、
    様子をていねいに説明していたり、
    そんな絵と場面がいっぱいありました。
    なんて心優しい
    ハタネズミと仲間たち。
    自然にわけへだてなく
    一緒に日の出の美しさを見ようとしている。
    モグラは 心の目で
    その美しさを知る。

    絵本やマンガで見るモグラの絵は
    土の中から顔を出して
    サングラスをかけているイメージってありましたね。
    その程度の認識しかなかった私でした。(反省)

    読み終えて感動しました。
    素晴らしい絵本です。
    弱い立場にいるものに対して
    手助けをする優しさ、
    いっしょに楽しもうとすること、
    絵本から学ばせていただきました。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • モグラ君が見た太陽は

    ご来光を仲間たちと眺めるモグラ君。
    湖の向こうに昇る日の出はなんとも美しく、仲間たちの友情も輝くように照らしていました。
    意識していなかったのですが、モグラ君は目が見えないのです。
    心の中に描くお日様が、想像の世界を広げていきます。
    なんだか、ノーマライゼーションという言葉を思い浮かべました。
    子どもたちにこの優しさを伝えたいと思いました。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい気持ちになりました

    題名を見てまず思ったのは「モグラって太陽見れるの?」
    そこが気になったのと絵の美しさに惹かれてこどもと一緒に読みました。

    途中「やっぱり」と思わせる描写もあったのだけど、モグラの目が見えないことを知らないこどもはあまり気にした様子もなく、最後まで。
    最後に目が見えないことがわかって「かわいそう…」というこどもに、もぐらは真っ暗な土の中で生活してるから目が見えない動物なのだと説明しました。

    それでもともだちのおかげで素敵な日の出を見ることができたモグラくん。
    ともだちを思う気持ちに、ほんわりした気分になりました。
    やわらかく美しい絵も雰囲気にぴったりです。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • うつくしい内容

    うつくしく、やさしい絵。
    リズムよく、やさしい会話。
    おひさまを並んでみつめる愛くるしい動物たち。


    あー、動物たちもこうやって、たまにおひさまを見にいって心をしずめてるのかもなぁ。


    とてもとても、心おだやかになる、うつくしい内容の絵本です。


    大人の私は、最後のページにけっこう衝撃を受けました。
    あ、そうなのか、って最初のほうのストーリーを思い出して思うのですが、このページがまた、この絵本の内容を奥深いものにしています。



    大人にもおすすめできる絵本です。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然に接する友達の姿がいい

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    モグラ君はまだ日の出を見たことがありません。
    だから見に行く。という出だしに、多少違和感がありました。
    何故日の出を見たことがないのだろう?と・・。
    その理由は最後にわかりました。目が見えないのですね。

    目が見えないのに
    日の出を見に行こうと自然に誘うお友達。なんて素敵なのでしょう!
    そして日の出の描写がとてもいいです。
    「目玉焼きみたい」とは、何とも日常的でわかりやすい。
    目の見えないモグラ君にも、きっと想像できたに違いありません。
    体が不自由な人と自然に暮らす姿勢を教わった気がしました。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月一回の絵本を読みあう会で出会いました。一目ぼれでした。ほんとに美しい本です。絵も内容も・・・。ハタネズミくんといっしょにおひさまを見に出かけたモグラくん。モグラくんはおひさまをみたことがなかったのです。どうして手をつないで歩いたの?なぜハタネズミくんはいろいろと説明してるの?その答えが最後にわかります。動物たちのやさしい心が夜明けのおひさまの光のようにやさしく心にしみこんでくる素敵な絵本です。見返しに描かれた絵も夜明け前からだんだん明るくなっていく色彩も美しい、、、、の一言です。

    掲載日:2012/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひさまに感動

     とてもやさしくて、おだやかなお話、でも最後の最後にびっくりしました。

     モグラくんが朝日を見にでかけます。海からのぼった朝日を見つめる、みんなの後ろ姿がいいなと思いました。おひさまに感動するのは、人間だけじゃないんですね。
     おひさまの色を、食べ物で言うのがおもしろかったです。

     モグラくんたちの表情や毛並みがていねいに描かれていて、見応えがありました。おおきな自然を感じる絵本でした。

    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット