大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

子ども版 声に出して読みたい日本語(7)」 みんなの声

子ども版 声に出して読みたい日本語(7) 作:斎藤 孝
出版社:草思社
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784794213945
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 近代文学

    近代文学の有名どころをかき集めてきたっていう感じの一冊です。
    とても懐かしく読ませてもらいました。

    せっかくなので、子どもにも読み聞かせてみました。
    どこで聞いたか「吾輩は猫である」と「走れメロス」の1フレーズを
    覚えていたのにはびっくり。
    「蜘蛛の糸」は、以前絵本を読んだことがあるので知っていたこともあり、
    取っつきやすかったようです。

    この絵本の解説に、「どこを切り取ってもやっぱりいい、それが名作」
    と書いてありましたが、激しく同意してしまいました。
    子どもが聞いても、心に残る一文がある。それが近代文学の良さなのかな。

    さて、一冊読み終えて息子に好評だったのが、芥川龍之介の「鼻」、
    そして一番のお気に入りは、夏目漱石の「坊っちゃん」です。
    想像して楽しい「鼻」、言葉遊びみたいな会話のやりとりが楽しい
    「坊っちゃん」の一文、読み返しては大笑いしていました。

    多少の言い回しの難しさは、楽しいイラストでカバーできているので、
    抵抗無く読む気になったようです。これを気に、近代文学を読み、この
    ストーリーの前後を知りたくなりました。

    この絵本を読んだ後、たまたま学校の給食メニューをみたところ、
    「菜めし」と書いてあり、「坊っちゃん」を思いだした息子は、
    「なもしと菜飯とは違うぞな、もし!」と言って笑っていました。
    この絵本のおかげで、新しい1フレーズを覚えたようです。

    是非、揃えておきたいシリーズだと思います。

    掲載日:2012/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット