1歳のえほん百科 1歳のえほん百科 1歳のえほん百科の試し読みができます!
監修: 榊原洋一  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
シリーズ累計220万部の「年齢別えほん百科」を全面改訂版。1歳児の発育にぴったり!

センジのあたらしいいえ」 みんなの声

センジのあたらしいいえ 文:イチンノロブ・ガンバートル
絵:バーサンスレン・ボロルマー
訳:津田 紀子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2011年11月
評価スコア 4
評価ランキング 20,094
みんなの声 総数 4
「センジのあたらしいいえ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モンゴル独特??

    トヤの引っ越し という絵本がよかったので、
    同じ作家さんでもう1冊借りて、4歳の息子と読みました。
    モンゴル人の作家さんです。

    家の描き方は、ちょっと独特。
    方向などが曼荼羅のよう。

    そして、ストーリーも、もくもくじんたちもちょっと独特。
    壁の中に住んでいるのです。
    だけど、かわいくて魅力的です。
    主人公のセンジも、いつもおへそが見えているし(笑)

    息子も楽しく読んでいました。

    掲載日:2015/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねっ!おもしろいでしょ?

    図書館で娘が、「これ、おもしろいよ!」と、持ってきました。
    どうやら、センジという男の子の新居のお話のようです。

    ページをめくると、ご近所数軒を上からみた地図のような絵。
    なるほど、地図みたいで、迷路みたいで面白そう!

    …じゃなくて!娘が惹かれたのは、センジの新しい部屋?
    なんだか暗くて、壁も汚いのに…??
    でも、この部屋にはすごい秘密があったんです!!

    壁の中に棲むおともだち。こんな人たちが居たら、お部屋にいるのが楽しくなる!
    考えただけで、ワクワクします。
    「ねっ!おもしろいでしょ?」←娘
    納得の一冊でした♪

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • キレイな色使い

    4歳のときに読んだ時には、それほど反応がなかったのですが、5歳半になり、久しぶりに読んでみると、目を輝かせて前のめりで聞いていました。

    たまたまだったのかもしれないし、想像力がついたということなのかもしれません。

    引っ越しをしてきたセンジは、自分の部屋をはじめてみたとき、「なんだか暗くて、汚くていやだなあ」と外に遊びにいきます。
    外に出ても誰も遊んでおらず、つまらないので、しかたなく家に帰ってかたづけをします。

    そこでぼんやりと壁を眺めていると、つぎつぎに不思議ないきものが飛び出してきます。「もくもくじん」という彼らと、みんなで自転車競走。自転車の前輪を上げる走り方を、彼らに教わり、楽しくすごします。

    ところが、おとうさんが壁のペンキぬりをするといいます。もくもくじんは壁の中で暮らしていけるから大丈夫と言いますが。
    ペンキ塗りをしているあいだに、センジには新しい友だちができます。

    センジは新しい家が好きになり、出かけるときには壁に向かって「いってくるね」と手をふります。


    この絵本、色使いが独特できれいです。

    壁の木目を見ているうちに、なんだか顔みたいに見えてきて・・・という経験は誰にでもあると思います。

    それが怖いのではなく、新しい生活に前向きになるまでの支えになってくれているところが素敵です。

    娘は不思議な世界に一緒に入りこんで、楽しむことができたようです。
    一度読んで反応がなくても、時間をおくと楽しめるかもしれません。

    掲載日:2012/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 壁の模様

    センジという名前も、もくもくじん達の雰囲気や、おうちの
    感じも、なんとなく不思議だなあと思っていたれば、この絵本は
    日本のお話ではなかったのですね。モンゴルのお話。
    国によって名前もおうちもそれぞれですね。
    それぞれだけど、子どもにとって「壁の模様は、なにかに変身して
    しまうものだ」というのは、きっとどの国でもかわらないこと
    なのだろうなって思いました。怖い顔に見えてきたりもするし。
    センジは、でも、そうやって登場したもくもくじん達のことを
    怖がるどころか一緒に楽しく遊びます。たくましい。それとも
    あたらしいおうちに来たばかり友達もおらず、よっぽど退屈して
    いたってことなのかな?
    娘はまだ壁を見て「なにかに見える」と言ったことはありませんが
    私は自分が小さかった頃、そんな風に思っていたのを思い出して
    しまいました。

    掲載日:2012/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!


読んで笑ってつっこんで!家族みんなであたたまる絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット