ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

海辺の宝もの」 みんなの声

海辺の宝もの 作:ヘレン・ブッシュ
絵:佐竹 美保
訳:鳥見真生
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年04月25日
ISBN:9784751524763
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人が先に知って

    生活の糧を得るために始めた化石発掘とはいえ、それがとても自分にとって興味のあることで好きなことであることで、一生を終えるようなことって、意外とありそうでないことで、ある意味幸せな一生だったのかもしれないと思いました。

    恐竜好きな人ならご存知な方も多いメアリー・アニングの伝記物語です。

    私は恐竜好きではないのですが、息子と一緒に恐竜の本を読んでいるうちにメアリーのことを知りました。

    彼女の伝記絵本としては『化石をみつけた少女』があり、それは読んだことがありました。

    あとがきにありますが、身分制度がある時代に化石を掘ることで生活を立てていたメアリーは労働者階級。その上女であること、今以上に制約の多い時代に化石発掘をしていたメアリーの功績はとても大きいものがあります。

    世紀の発見をするような時には、運・環境・出会いそして何よりも努力とあきらめないこと。

    メアリーと共に発掘・発見のわくわくする瞬間を物語を読むことで味わえたような気がしました。

    今の子どもたちは、小学5年生で伝記の勉強をするようですが、今は漫画伝記全盛、このような活字の本を読んでほしいのですが、なかなか手が出ないようですし、知らないということも大きいと思います。

    大人が先に知ってこんな本があるよと勧めてやりたい本の一冊です。

    掲載日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット