なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

多摩川のおさかなポスト」 みんなの声

多摩川のおさかなポスト 文:山崎 充哲
絵:小島 祥子
出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年04月
ISBN:9784892945137
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,130
みんなの声 総数 5
「多摩川のおさかなポスト」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素晴らしい機会をくれました

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    多摩川に実際にある、おさかなポストにやってくる動物たちの気持ちが伝わってきて、せつなくなりました。
    ペットを飼うということの責任を果たさないといえないね。と大切なことを話し合うことができました。
    あとがきもまたいいですね。こういう活動に是非参加したくなりました。

    掲載日:2017/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 役目を終える日が来ますように

    多摩川は、とても身近な存在です。
    電車に乗れば窓から流れを見ることができるし、
    川辺をずっと歩いて行ったこともある。

    でも、魚の保護活動をしている方々がいらっしゃることは知りませんでした。
    そして、「おさかなポスト」のことも・・・。

    人間たちの身勝手で、捨てられてしまう魚たち。
    「おさかなポスト」は、魚たちを救う優しいアイディアだと思います。

    しかし、悲しそうな魚たちの表情を見て
    身勝手に魚を飼育する人がいなくなり、
    「おさかなポスト」が役目を終える日が来ますようにと、
    願わずにはいられませんでした。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったのか・・

    どうしても悪者になってしまう外来種の魚たち
    でも悪いのは、きちんと最後まで飼わずに川な
    どに捨ててしまう人間なんだということが、
    子供にも分かりやすく書いてあり、6歳の息子
    も、実はそうだったのかと理解できたようです。
    ペットを飼うとき、最後まできちんと責任も
    って世話をしなければいけないということが
    子どもにも伝わる1冊だと思います。

    掲載日:2013/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 里親

    お魚ポストはペットとして飼い主が飼えなくなった外来種と言われる外国からきた魚たちやカメなどを預かるところだと知りました。もう二度と捨てたりしない里親さんを探してくれたり、学校に貰われたりしていくことができる魚たちが沢山できるといいなあって思いました。我が家も水槽で飼っていた金魚を池に捨てたことがあったので心が痛みました。最後まで責任が持てないなら生き物を飼う資格がないと反省しました。「ふるさとはど〜こ?」と、アミダになってるので線をたどって生まれた国を知ることが出来て楽しかったです。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペットを飼う(買う)前に考えてほしい

    以前にテレビのニュースで「おさかなポスト」のことを知りました。
    今回、絵本が出ていることを知り、さっそくわが子たちと読みました。

    ある日、多摩川に見慣れない大きな魚がやってきて、
    小さな魚たちにおそいかかります。
    みんなが怖がって逃げ回っていると、みんなまとめて網にかかります。
    そこで、外来魚だけは「おさかなポスト」に入れられ、
    他にも遠い場所から人間に連れてこられ、捨てられてしまった仲間と
    出会います。みんな、悲しんでいます。

    特定外来生物である淡水魚と言えば、
    ブラックバスやブルーギルが有名なのですが、
    他にもたくさんの種類の魚がいます。
    観賞用の熱帯魚として飼われていたグッピーなども、捨てられた後、
    川の温水化のために日本の川や湖などでも生きていけるようになり、
    野生化して繁殖していると言われています。

    そんな、生き物たち。
    人間の都合で連れてこられ、放された魚たち。
    悪いのは魚たちじゃなくて、人間たちです。
    ふるさとを遠く離れて捨てられた生き物たちの悲しみを知ってほしい。
    魚だけではなく、ペット全般に言えることです。
    軽々しく飼ったり、飼えなくなったからと言って捨てないでほしい。
    だから、飼う前に、本当にきちんとお世話ができるのか、
    もう一度考えてほしい。

    子どもにもわかりやすい表現で書かれていますが、
    ぜひ、親子でじっくり読んでみたいおはなしです。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / どこいったん / かにのしょうばい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット