モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

くぎになったソロモン <新訳>」 みんなの声

くぎになったソロモン <新訳> 作:ウィリアム・スタイグ
訳:おがわ えつこ
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年04月
ISBN:9784883301782
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,680
みんなの声 総数 5
「くぎになったソロモン <新訳>」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白い!

    ある日突然くぎに変身できるようになったことに気付いたうさぎのソロモン。
    始めは家族を驚かせたりと楽しんでいたのだけど
    命の危険にさらされることになります。
    スタイグ氏の作品は『ロバのシルベスター〜』や『ものいうほね』とか奇想天外のお話が多いですね。
    絵本のお話と言ってもちょっと長い。
    けれど子どもの気持ちをつかんで離さない展開が良いですね。
    このソロモンのお話はロバのシルベスターのお話にちょっと似ているかなと思ったけど
    シルベスターよりは文章の言い回しが簡単で
    面白いし、ハラハラドキドキの場面もあって
    読み聞かせに良さそうだと思いました。
    これは≪新訳≫ということですが≪旧訳≫も読んで比べて見たいなあと思いました。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 結構ヒヤヒヤさせられました。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘、9歳の息子と読みました。

    「くぎになったソロモン」ってなんだろうと思っていたら
    そのままそのとおり、くぎになったソロモンのお話。

    くぎになってしまった場合のメリットやデメリットが描かれていて、
    現実にはないと分かっていながらも、
    なかなか楽しいお話。

    ソロモンがなかなかソロモンに戻らないので、
    途中でかなりヒヤヒヤさせられましたが、
    なんとか無事に、そして家までたどりつけてよかった〜。

    そんなはずない!と思いながらも、
    ついつい真剣になってしまう、楽しい一冊です!

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • くぎ!?

    「なぜ、くぎ!?」と不思議でなりませんでした。
    最初は四才の子供に読んでいたのですが、途中から(ネコに誘拐される場面から)八才の子も見ていました。
    やはり、ハラハラするお話になると、グッと興味がわくのでしょう。
    ソロモンが、丸焦げにならなくて良かったなぁー。

    掲載日:2014/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • くぎバージョン?

    作者:ウィリアム・スタイグさんは魔法を使って何かに変身する話が好きなのでしょうか? つい最近、『ロバのシルベスターとまほうの小石』を読んだばかりなので、主人公がロバからうさぎへ、そしてピンチになって変身するのが岩から釘になったという感じで、共通点がとても目に付きました。どちらも、しばらくの間、家族と離れ離れになって淋しい思いに耐えて、時を待つところまで、同じです。

    個人的には、ロバのシルベスターの方がしっとりした感じで私の好みですが、ソロモンが釘に変身する術を身につけた時の夕食の席での、ニンマリ顔がとても好きです。

    今回は火事になってしまって、釘になったソロモンは大丈夫なのだろうかと心配しましたが、考えてみると、この変身の話は希望を失ったかのように見えても最後はハッピーエンドで元に戻るとなっているで、そこにウィリアム・スタイグさんの人生観みたいなものがあるのかな?

    掲載日:2012/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • クギに変身

     ある日とつぜん、クギに変身できることに気がついたソロモン。クギというのが、意外でびっくりです。

     ソロモンをつかまえたネコ、こわもてですが、けっこう普通のくらしをしているのがシュールだなと思いました。オリの中のソロモンとのかけひきがおもしろかったです。

     ソロモンやネコたちの表情がいきいきしていて、楽しかったです。
     ソロモンは、懲りずにまたクギに変身するのでしょうか。読み終えても楽しさが残りました
     

    掲載日:2012/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット