なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

いっすんぼうし」 みんなの声

いっすんぼうし 文:令丈 ヒロ子
絵:堀川 理万子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年05月23日
ISBN:9784061325081
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,105
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 絵が昔話にピッタリ!

    あまり昔話を聞かせてこなかった息子に、と思い読みました。4、5歳向けとあり、もう小学生なのでどうかなとも思ったのですが、親が寝る前に読み聞かせするにはちょうどいい分量だったと思います。

    お話はあらすじはよく知っていたのですが、指の先から生まれてきたり、雨が降ったらタニシで雨宿りさせてもらったり、一寸ぶりが出ていたと思います。
    あと何より良かったのが、絵!のっぺり塗られた感じや、あまり普段見かけない色使いが昔の絵巻を見ているようでした。これまでの絵本にない感じで、それがかえって昔話の雰囲気を醸し出していてすごく良かったです。引き込まれました。

    かと思えば、見開きいっぱいの一寸法師が大きくなっていく様子!何だかこのページだけすごく現代的(笑)。ウルトラマンみたいで、効果的でした。
    鬼の情けない表情も笑えたし。
    あともうちょっと姫がキレイだと良かったかな。でも昔の美人って今と基準が全然違ったって言うし。これでいいと言えばいい気もするかな…

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • わかりやすいような気もします

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳

    そろそろ日本の昔話も聞かせたいと思って、かもとりごんべえがおもしろかった、こちらの昔話シリーズのいっすんぼうしを読んでみました。絵は、好きな感じではなかったですが、アニメっぽいよりいいかと思いました。鬼の絵が個性的でおもしろかったです。ストーリーは簡潔でわかりやすかったと思います。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰よりも強い!

    いっすんぼうしが、ばあさまの親指から生まれてきたなんて…!驚きでした!!

    体は小さくても強くたくましく成長した、いっすんぼうし。

    きっとじいさまとばあさまが愛情を込めて、大事に大事に育てたのですね。

    鬼を退治して姫さまを守ったいっすんぼうしは、うちでの小槌で体を大きくしてもらい、最後は姫さまとめでたく結婚!

    いっすんぼうしの体がどんどん大きくなるにつれ、顔つきも大人っぽく変化していくのが、とても印象的でした。

    したきりすずめは、あまり好きなお話ではないです…。
    おばあさんはもっと罰を受けてもいいのでは?と、思いました。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話

    2歳の息子に少しづつ昔話を読み聞かせています。
    今回借りてきたのはいっすんぼうし!


    小さな小さな一寸法師。
    でも志は高く都で一番偉い方の家来となります。

    その力量を知ってか知らずか大臣も家来にしてしまうあたりが
    上にたつものの見る目もあるかなと考えました。

    おにをやっつけた一寸法師はついに姫と結婚。

    両親も都に呼び寄せて仲良く暮らしました。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • その勢いに思わずニヤリ

    一寸法師の物語は、あらすじ程度しか知りませんでした。
    こういう結末だったのですね!

    文章がとても読みやすく、
    素朴な色使いのイラストもあたたかいです。

    最後に一寸法師が大きくなる場面では、その勢いに思わずニヤリ。

    「おはなし もうひとつ」も、小さいコマながらも
    しっかりと描かれていて楽しめました。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話

    御馴染みの昔話は、やっぱり孫に読み聞かせたい絵本です。まだ理解するのが難しいかもしれないですが、小さい小さい「いっすんぼうし」の活躍を教えたいと思いました。人と違っていても真面目にやっていればいつか報われることがあることも学べます。「うちでのこづち」がほしくなりました。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 痛快なお話

    • ピクルスさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    大人はもちろんどんなお話か知っていますが、
    子どもに読み聞かせると新たなおもしろさがありますね。
    ちいさないっすんぼうしが旅に出るところは
    「ちいさい」というだけで自分のことのように感じるようで
    緊張したようなおももちの娘でした。
    鬼との戦いは、おばあさんが持たせてくれた針が大活躍!
    小さないっすんぼうしがお腹の中からちくちく、大きな鬼を倒してしまうのが痛快です。

    いっすんぼうしの背がずんずんとのびるページの絵が、迫力があっておもしろかったです!

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでこづちをもっているの?

    絵がとても気に入りました。はじめのページのゆげがあがったおみそしるが、あたたかそうでとてもおいしそうでした。いっすんぼうしのかおがとてもかわいかったです。それと、みやこでいちばん大きなおやしきのうまは、本当に大きかったです。
    いっすんぼうしが、とても小さいのに、おじいさんとおばあさんと同じりょうの食じをしているのに、ビックリしました。
    わたしが知っていた「いっすんぼうし」のお話は、青と赤と黄色のおにでしたが、この絵本のおには赤とオレンジとちゃ色でした。この方がおにらしかったです。いっすんぼうしを食べようと、したを出しているおには、とってもこわいです。
    でも、なんでおにがたからもののこづちをもっていたのかがふしぎでした。
    いっすんぼうしがこづちのおかげで大きくなるようすを、本をたてにして書いてあるのが、わかりやすくてよかったです。
    もうひとつのおはなし「したきりすずめ」も知っていました。いいおじいさんとおばあさんがいて、となりにわるいおじいさんとおばあさんがいるというむかし話が多いけれど、いいおじいさんとわるいおばあさんのふうふが出てくるのはめずらしいと思います。
    おじいさんが小さいつづらをもって帰るところは、「おむすびころりん」のお話ににています。

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親指から・・・!?

    今までにも何度か読んだことのある「いっすんぼうし」ですが、こちらの絵本は、色合いが優しい感じで4・5歳には入りやすいですね。
    おばあさんの左の親指から産まれたという設定の「いっすんぼうし」、なかなか面白かったです。
    子どもたちは、鬼をやっつけて、何でも叶えてくれる「うちでのこずち」で、どんどん大きくなっていく「いっすんぼうし」の場面が気に入った様です。絵本も縦にするので、飽きずに最後まで昔話を楽しめました。

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親になってから読んだからでしょうか?
    『いっすんぼうし』の物語に、とても共感を覚え、
    娘も「いっすんぼうし」のように強くて優しい子に
    育って欲しいなと思いました。

    親にとってみれば、子供はいつまでも
    小さくてかわいい存在なのでしょうが、
    やがて子供は自立し、巣立っていくんですよね。

    小さい頃に読んだ時とは違う視点で、
    『いっすんぼうし』を楽しむことができました☆

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット