なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

まほうのカメラ」 みんなの声

まほうのカメラ 作・絵:木曽 秀夫
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2012年05月
ISBN:9784577040140
評価スコア 4
評価ランキング 19,272
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ページをめくるのが楽しい絵本!

    子供が自分でページをめくり楽しめる仕掛けになっています。

    魔法のカメラでパットトッターが合い言葉のように次のページに…

    危険な事がせまっていると!魔法のカメラが大活躍です。
    パットトッターとカメラで撮ると…あら不思議いったい何が起こったのかな?

    5才の息子に読み聞かせしましたが早くページをめくりたくてしかたない感じでした。

    幼児が楽しめる仕掛けで素敵な内容のオススメ作品です。

    掲載日:2013/05/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • レンズの形がポイント

    魔法使いパット・トッター(!)の魔法のカメラが大活躍するストーリー。
    カメラのレンズが穴あきしかけで、変身ツールになっている趣向です。
    定番の円ではなく、変形の山型、逆さにもなるというのがポイント。
    いづれも、ハプニングの真っ最中ですが、
    カメラで写した写真は、見事な解決策なんですね。
    ちょっと苦しい図もありますが、そのアイデアに拍手!
    もちろん、彼の奮闘ぶりも忘れてはいけません。(笑)
    一番笑えるのは、ラストの展開でしょうか。
    前の頁の余韻が残っているだけにちょっと不気味ですが、ご愛嬌。
    表紙のレンズのキラキラ感や、裏表紙のタイヤの仕掛けも、抜かりありません。
    幼稚園児くらいから楽しめそうです。

    掲載日:2017/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピンチを救う

    色々なピンチに直面しますが、まほうのカメラで撮るとあっというまに問題が解決される、不思議で面白いしかけ絵本です。穴あき部分がポイントになっていて、ページをめくると視点が変化し、違う絵に早変わりします。うちの子は何度も何度もめくって楽しんでいました。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろ膨らむ

    シンプルなしかけですが、なかなか斬新です。

    カメラのレンズ部分が、しかけの穴になっていて、まほうのカメラで写真を撮ると、違うものに大変身するというものでした。
    そして、ただ変身するのではなく、いろいろな動物のピンチを救ってくれます。
    変身前後の姿が、ちゃんとストーリーとして成り立っているのがスゴイですね!

    見返しの部分に描かれた変身を見ていると、他にもいろいろできそうだなって、想像が膨らみました。
    なかなか楽しいです。娘の反応もバツグンでした!

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカル

    2年生の読み聞かせに使用しました。
    絵本自体が小さめで後ろの子供たちにはどうかな〜と
    思いつつ・・・

    魔法のカメラで写してみると
    写したはずの物と違うモノが写ってます
    「パットトッタ」というお決まりの言葉でリズムがつき
    何に変わるのか想像しながら、見ていたような気がします

    「え〜」とか「いえ〜い、あたった〜」とか
    2年生なので声が良くでます
    反応がわかりやすく、こちらも読みやすいですね。

    ちょっと無理があるよな〜と大人の私は思ってしまう物もありますが、
    そこはリズムに乗ってサクサクすすめる!
    余韻にもひたれるみんなで楽しめる絵本です

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仕掛け絵本

    魔法使いの女の子(?)が魔法のカメラでいろんなものを撮るという仕掛け絵本です。
    『まほう』も『カメラ』も子どもが興味を引くワードだと思うので、タイトルのインパクトは大きいですね。
    内容も、繰り返しが多く、ポップな絵で小さい子から楽しめると思います。
    絵本を読み終わった後も、娘は『パット・トッター!』いいながら、おもちゃのカメラで何やら撮って楽しんでいました。

    掲載日:2012/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法みたい

    魔法使いのカメラだから、カメラにも魔法がかかっているみたいだと思いました。魔法使いのバット・トッターのカメラは、撮ったものが別のものに変わるのでわくわくして穴あきしかけ絵本のページを捲ります。
    カメラに最初からバット・トッターが魔法をかけても、魔法使いだから
    自由自在に好きなものに変えられてやっぱり魔法使いはいいなあって思いました。

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット