庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ユリシーズ・ムーア(4) ユリシーズ・ムーアと仮面の島」 みんなの声

ユリシーズ・ムーア(4) ユリシーズ・ムーアと仮面の島 編・訳:金原 瑞人
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年02月18日
ISBN:9784052033179
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ユリシーズの妻:ペネロピの生家はベネチア

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳、

    シリーズも4巻目に入り、ますます面白くなってきました。
    ジェイソン、ジュリア、リックの3人は≪謎のカギ≫を握る時計技師ピーターを探すため、「時の扉」の向こうのベネチアに向かいます。
    ところがまたまたハプニング勃発、現地のすり(?)の悪がき2人が扉を抜けてキルモア・コーヴへ行ってしまいました!!

    「時の扉」は同じ人数しか生き気ができないため、その悪がき2人がベネチアに戻ってくれないと、ジェイソンたち3人のうち、1人しか元の世界に戻れなくなってしまうのです。
    その他、女狐のオブリヴィアと《カギ》の関係も時計技師ピーターが登場したことで分かってきました。

    あと、4巻にはユリシーズの妻だったペネロピの生家が、ジュリアたちのベネチアでの拠点となり、ペネロピの親戚のロッセラ夫妻が色々と助けになってくれたりします。

    ちなみに調べてみたらこのシリーズは、現在17言語に翻訳され、100万部をとパしている作品だそうです。
    物語が進めば進むほどドキドキワクワクする冒険と、不思議な鍵屋地図の謎解き、そして、ほのかなロマンス(?……リックはジュリアが好きみたいです)と、十代の子どもたちを魅了する内容が詰まっています。
    日本語訳は金原瑞人さんが描かれていて、とても読みやすいです。
    イラストも多いので固い分が苦手な人でも気軽に読めます。
    ぜひ、手に取ってもらいたい児童書のシリーズの1冊です。

    掲載日:2012/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット