モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

きゃっきゃ キャベツ」 みんなの声

きゃっきゃ キャベツ 作:いわさ ゆうこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2012年05月01日
ISBN:9784494001613
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,490
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • キャベツの育ち方

    • ぷりこさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子13歳、男の子8歳

    キャベツを、一枚ずつはがしていくのは、とても楽しそうだけど、お料理以外で、はがしていってしまったら、ママに怒られそうですね。どんな風になっているのかその疑問を、この絵本では、見せてくれます。
    あさがおや、ひまわり、プチトマトなどは、小学校で育てることはあっても、キャベツを育てることはないので、この絵本で種や、種類、育ち方もわかります。日ごろ、何となく食べているだけだなんて、もったいない!この絵本を読んで、キャベツを知る価値ありです!

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がすごーい

    5歳次女に借りました。キャベツを1枚1枚むいていく様子が描かれています。初めは緑ですが、むいていくと、白っぽくなっていく様子など、本物そっくり。すごいです。

    「本物みたいだねー」と次女も感心して見入っていました。いろんなキャベツの種類も描かれていて、とても勉強になりました。

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新鮮!

    図書館で、タイトルの面白さと表紙のインパクトにひかれて借りてきました。


    キャベツの葉っぱを、一枚ずつむいていくところがものすごく面白いようで、子供たちが前のめりになって見ています。
    野菜に関する絵本を何冊も読んできましたが、こういう展開は初めてで新鮮でした。
    今度、キャベツをまるごと買ってきて、一枚ずつむいてもらうお手伝いをさせてあげたら楽しいだろうなと思いました。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「食育」な一冊

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    葉の一枚一枚、丁寧に観察されたキャベツが
    美しく描かれています。
    キャベツの葉脈まで、本当に本物そっくり!

    キャベツは日常的な食材ですが、
    こんなにゆっくり観察したことなかったな。

    この絵本にあるように、
    こんどキャベツを一枚一枚、最後まで丁寧にむいてみて
    娘と一緒に観察するのも、面白いかもなぁと思いました。

    また、普通のキャベツだけではなく、
    赤キャベツや、お花のようなピンクのキャベツも
    絵本後半に登場します。

    3歳の娘は、
    「このむらさき色のキャベツは、ぶどうの味がするのかなぁ〜。」
    「ピンク色のは、きっと、いちごの味がするんだよ!」と、
    一人、思いを馳せていました。

    生のキャベツは食べたくないという娘。
    今度一緒に一枚一枚丁寧にむいたら、
    それでロールキャベツでもしようと思いました。

    こうやって感想を書いて見ると、
    結構「食育」な一冊ですね!

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新鮮キャベツが食べたくなる

    図書館のおすすめコーナーでみつけました。キャベツがとてもリアルに描かれていて、すごく美味しそうです。
    キャベツ畑のシーンも素敵でした。いろんな種類のキャベツあり、キャベツの花も登場します。
    なんだか、新鮮なキャベツが無性に食べたくなりました。今年は畑で作ろうと思います。

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツの枚数が気になる

    年少の子どもにマンツーマンで読みました。
    キャベツを1枚ずつ むいでいくところがあり、「はっぱの洋服何枚脱いだ?」では、「ちょっと待って!数えるから!」と言って、1ページ目から見返していました。
    そのあとも、キャベツの種類をみているときには、むらさきキャベツを見て、「すごい!すごい!」と大興奮でした。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツ

    春のキャベツが美味しい時期になりました。
    我が家でも、食卓に並ぶことが多い野菜ですので、この絵本を読んでみました。
    キャベツをむくことが、子供も面白かったようです。
    料理をするときには切ってしまうので、最後までむくということが、とても面白かったです。

    掲載日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツ嫌いの息子に

    キャベツ嫌いの息子にと思い、読んでみました。まずは表紙のキャベツの見事なこと。見るからに美味しそうです。お話の中でも、本物そっくりなキャベツが登場します。新鮮で美味しそうなキャベツを見て、息子もキャベツ好きになって欲しいなと思いながら読んでいます。さすがに、すぐに効果は現れませんでしたが、息子がキャベツに興味を持ってくれたので良かったです。キャベツをむいていくページがあるのですが、実際に丸ごとのキャベツを息子と一緒にむいてみました。「絵本と同じだね〜」と喜んでいました。もちろん、キャベツはその後、美味しく頂きました。この絵本は、派手なしかけなどはありませんが、自然を感じてもらえる素敵な絵本だと思うので、お勧めです。

    掲載日:2013/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツの知識が増えます

    キャベツの育ち方、種類、植える時期などいろいろな知識が描かれている絵本作品。

    子供がキャベツが好きになれそうな一冊だと思います。大人が読んでも、知らなかったことを知れて楽しくなりますね。できればもう少し、人間なんかが出ていると子供には親しみやすいんじゃないかと思います。

    掲載日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツの魅力

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳、

    キャベツの魅力をたっぷり体感できると思います。
    まずは形状。
    パキパキポキポキむいていくって、ほら、愉快でしょう?
    畑のキャベツも観察です。
    芽キャベツ、むらさきキャベツ、青汁で有名なケール・・・。
    キャベツの成長も、じっくり観察すると奥深いですね。
    あとがきのウンチクもぜひ。
    あらためて、万能野菜ということに納得。
    キャベツ、万歳!
    大人も子どもも、きっとキャベツがもっと好きになると思います。

    掲載日:2012/08/07

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット