たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

かこさとし からだの本 (2) たべもののたび」 みんなの声

かこさとし からだの本 (2) たべもののたび 作・絵:かこ さとし
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1976年10月
ISBN:9784494009220
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,537
みんなの声 総数 25
「かこさとし からだの本 (2) たべもののたび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 食べたものは体の中でこんな旅をするんだね

    この絵本は、かこさとしさんの「からだの本」シリーズの中の1冊です。
    口から入った食べ物が、どんな風に体を通っていくのかを、分かりやすく図にした絵本です。
    食べものたちは、栄養や大事なものを入れた黄色いカバンを持って、体のたびに出かけます。
    最初に「ももいろトンネル(ももいろをした口のトンネル)」から「のどの奥のせまいほそいみち」を通って「いぶくろこうえん」にやってきます。
    「いぶくろこうえん」では、食べ物の消化のしくみが分かりやすく書かれています。
    その後「しょうちょうこうえんのジェットコースター」を通り、食べ物が体に吸収されていくところでは、黄色いカバンがすいとられ、食べ物達は「だいちょうどおり」を進みます。
    そして、食べ物達がおしっこやうんこになる過程が描かれています。
    消化や栄養が体に取り込まれる様子が、子どもにもとても分かりやすく描かれています。
    食べ物たちが体の中を旅する絵がとても可愛らしく、文章も面白く楽しい絵本です。
    娘は、おしっこやうんちが出来るところが大好きです。
    からだの本シリーズのむしばミュータンスのぼうけんを読んだことがあったので、この絵本を見た娘は、ミュータンスの絵本の人が書いた本とわかったようです。
    2冊とも面白かったので、他のも読んでみたくなりました。

    掲載日:2009/10/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • わかりやすいです

    かこさとしさんの科学絵本はとてもわかりやすいですね。
    今回のテーマは食べ物。
    食べ物が体の中に入ってどのように消化されていくのかが丁寧に描かれています。
    食べ物たちがバッグを持って旅を始めたり、内臓を公園に見立てたりと、とても工夫がされていて読みやすかったです。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 体の中で

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    いつも私たちが食べている食べ物は体の中でこんな旅をしているんだね、と言いながら楽しみました。
    子供たちは自分の体をゆびさし、確認しながら聞いていました。
    栄養バッチリとるためにもなんでも食べようね!

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!わかりやすい!

    かこさとしさんの「からだの本」シリーズは幼児でもわかりやすく描かれていてとても読みやすいです。
    昭和感漂うイラストが味わいがあり,また現代の子供には新鮮に映るかも知れませんね。
    生きていく上で毎日必ず取る食事。
    その食事がどうやって私達の体の中を旅していくか,とても面白く興味深い絵本でした!

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勘違いしてました

    表紙とタイトルをみたときは、

    食べ物はよく噛んで食べましょう!!

    そういう話だと思ってました。

    でもそうじゃなくて、食べ物が体の中を通っていき、

    体の外を出るまでの話でした。

    体に必要とされる栄養分を口から入れているのに、

    その中で不必要なものだけがでる。

    必要なもの以外も食べ物の中にあるの?

    って小さい頃に思ったことがあります。

    まさにそんな話でした。

    このからだの本シリーズは大人でも勉強になります。

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学校でも

    小学校でも読んでいたようで、「この本知ってる!いぶくろこうえん、とかあるんだよ」と、言いました。
    食べ物が体の中でどうなるかについて、きちんと書かれていたと思います。
    「いぶくろこうえん」のように、子供に親しみやすい雰囲気になっていたと思います。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 体の仕組みに興味が湧いたら

    いつも病院に行くと必ず「からだのしくみ」について描かれた絵本を持ってくるので、
    興味があるなら教え時と、図書館でその手の本を調べている時に、
    偶然こちらの本を見つけました。

    「からすのパンやさん」シリーズが大好きな息子。
    その作者のかこさとしさんがどんな風にからだのしくみについて書かれているのか、
    私も興味津々でした。

    読んで見てびっくり!
    絵本としても、教材としてもとてもよくできており、
    息子も私も大好きになりました。

    いぶくろこうえん、しょうちょうジェットコースター等々、
    かこさんワールド全開です!

    昨年から、かこさんがたくさんの絵本の続編を書かれているので、
    これからの作品も楽しみです。

    ぜひ購入したいと思っていますが、只今品切れ中。
    入荷を待っています!

    掲載日:2014/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛され続ける理由

    古い古い本ですが、今もって現役☆

    ともすれば、怖かったり気持ち悪いと感じてしまう、からだ絵本。
    この本は、旅・ももいろのトンネル・いぶくろ公園・ジェットコースター・・・、ワクワクする表現で、どんどん読み進めたくなります!
    消化のしくみも、すごくよくわかります!!

    読み終わった瞬間、娘は「もっかい、はじめから!」。
    まるで、すべり台でも滑っているかのように楽しそうでした♪

    時代は変わっても、消化のしくみは、きっと変わらない。
    これからもずっと、現役で楽しめる本です!!

    掲載日:2013/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすくって楽しい

    かこさとしさん からだの本シリーズ大好きです。わかりやすく、豊かな表現で楽しく、そして勉強になります。
    今度は食べ物がどうやって、どこを通って、どうなってうんちやおしっこになっていくのかというおはなし。お口の中に入って行く食べ物たちがカバンをもって、体の中を旅するというだけで、わかりやすく、楽しく感じます。
    胃も小腸も大腸も子どもにわかりやすく書いてあります。
    うちの子はこの本のシリーズで、初めて知った、がいっぱいあります。
    どんどんいろんなことに興味を持っているので、お話の絵本だけでなく、こういった絵本もどんどん読んでいきたいと思います。

    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネーミング最高!

    わかりやすく、幼児でも体の仕組みがわかるいい絵本です。
    おかげで食べたり飲んだりした際によく話題になります。
    自分がすくすく成長するには、と興味深いテーマなんですね。
    この絵本と人体模型みたいなのがあれば、体の仕組みは完璧!?

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット