大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

フルリーナと山の鳥」 みんなの声

フルリーナと山の鳥 作:ゼリーナ・ヘンツ
絵:アロイス・カリジェ
訳:大塚 勇三
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,200+税
発行日:1974年
ISBN:9784001105681
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,176
みんなの声 総数 6
「フルリーナと山の鳥」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おにいさんのウルスリ!

     鳥が大好きな娘は、表紙の絵を見るとすぐに、
    「この鳥は、シジュウカラ。これは、パパが子どものときに飼ってた鳥でしょ?」
    と、1羽1羽の鳥を指差しながら楽しそうに話し始めました。
     そうだね、アルプスはパパの国に近いから、きっと同じような鳥がたくさんいるだろうね。
     カリジェの描くアルプスの風景はとても美しく、鳥たちの姿もまた色とりどりで、娘の心を惹きつけます。

     中を開くとさらに嬉しい驚きが待っていました。
    「にいさんのウルスリ・・・」と書かれているではありませんか!
     娘は即座にフルリーナの前を行く男の子に目をやり、
    「本当だ、ウルスリだ!」と興奮して叫びながら、今度は「ウルスリのすず」の本の男の子と見比べました。
    「帽子も同じ!」
    フルリーナとウルスリはきょうだいだったんだね。なんだかそれだけで、とても嬉しくなりました。

     このお話は、女の子のフルリーナが主人公で、大好きな鳥もたくさん出てくることもあって、「ウルスリのすず」以上に楽しめたようでした。

     私は、留学中に訪れたハイジの山小屋やマイエンフェルトの町を懐かしく思い出しました。いつか娘といっしょにカリジェの絵の世界を旅してみたいな、と願っています。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • えらいなあと思いました。

    夏なのにひょうががあるからびっくりしました。

    山の上だからあるのかな。

    たすけた小鳥をにがしちゃうところは、かわいそうだと思いました。

    山の鳥だからかえしてあげないといけないのかなあと思いました。

    フルリーナがにわりとにえさをやっているからえらいなあと思いました。

    掲載日:2010/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 文章と絵の絶妙な表現で魅せてくれます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    とても年季の入った古い本です。私は地元の図書館で探してきたのですが、どうも最後に借りた人は2003年で、それ以来ずっと書庫に入っていたようです。
    アロワ・カリジェの絵の世界が堪能できる素敵な絵本です!!
    ぜひ、たくさんの子どもたちに見てほしいです。

    画面いっぱいに広がる山の風景!
    主人公の動きだけでなく、のんびりと昼寝をしているヤギたちやさりげなく草原を飛び回っているチョウなどの虫たち。
    文章の脇には大型の本編の絵とは違い、その場面へ行きつくまでの走り書きのような、今でいう絵コンテのような絵もついていて、すごくお得な気分になれます。
    そして、たくさんの山の鳥たち!表情や動きから鳥たちの気持ちがとても伝わってきます。
    ゼリーナ・ヘンツの文との絶妙な表現で、フルリーナたちのスイスの山の世界に私も招かれているような気分になれました。

    字は少々多いですが、決して難しい表現は書いてありません。
    ページをめくるだけでも楽しいと思います。
    読んであげるなら、4,5歳くらいから十分楽しめると思います。
    特に自然が好きな子どもたちにお薦めです!!

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子にとっての山の生活

    『ウルスリのすず』を息子がすっかり気に入った様子だったので、同じシリーズのこちらも読んでみました。

    『ウルスリのすず』は男の子らしく冒険ものでしたが、こちらは女の子らしい小さな物を助けてかわいがる話です。どちらも山の自然の中の生活が美しく描かれています。

    息子は男の子の話に惹かれるのか、この絵本にはあまり興味を示しませんでしたが、男女の子供たちの行動のありかたがそれぞれ異なっていて、大人が読んでも興味深いものでした。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの頃の思い出の本

    子どもの頃、このお話が出てくる「アルプスのきょうだい」という本を持っていました。

    「アルプス…」の方は光吉さんの訳なのですが、こちらは大塚勇三さんなんですね。


    二冊を見て訳を比較してしまいました。

    岩波子どもの本ではあまり興味を示してくれなかった息子も、大判で絵が見やすいということもあり、こちらの方は見てくれました。

    大型絵本の方が色彩がはっきりしていると思います。

    私としては「アルプスのきょうだい」の本は子どもの頃の思い出があり、どちらも捨てがたいです。

    大人になって改めて見るとやはり絵がいいですよね。

    この本を選書された光吉さんはやはりすごいなあと思いました。

    掲載日:2010/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 30余年ぶりに再会しました

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子5歳

    30余年も前のこと。岩波の子どもの本のシリーズに『アルプスのきょうだい』という本があり、その絵の美しさに子供心に感動しました。その後、図書館でもその本を見つけることができず、記憶だけを大事にしていました。そして、3年ほど前、岩波書店の子どもの本の目録に見つけたのです。アロイス・カリジェ!これがあの美しい絵の作者でした。『アルプスのきょうだい』は、『ウルスリのすず』『フルリーナと山の鳥』の2冊の本となってよみがえりました。
    それからまもなく、横浜のデパートで「アロイス・カリジェ展」が開催され、30代最後の誕生日に母、長姉と行ってきました。そこで母がプレゼントに買ってくれたのがこの本です。
    ゼリーナ・ヘンツさんには申し訳ないのですが、とにかくこの本は絵が素晴らしいのです。細部まで精巧に描いてあるわけでもないのに、圧倒的な大自然の息吹を感じます。アルプスの山々の厳しさ、山の空気の冷たさ、山の夏小屋の静けさまでもひしひしと伝わってきます。そして大自然の中で自然と上手に係わりありながら生きるウルスリとフルリーナきょうだいの姿に心温かくなるのです。
    本のサイズも大きめなので、読み聞かせにも向くと思います。少し長いので、小学校中学年くらいからお薦めです。

    掲載日:2005/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット