庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

たあんき ぽおんき たんころりん」 みんなの声

たあんき ぽおんき たんころりん 作:長谷川 摂子
絵:降矢 なな
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784834021615
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,058
みんなの声 総数 28
「たあんき ぽおんき たんころりん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 言葉遊びがおもしろい

    物語ではなく、言葉で韻を踏んで遊ぶ絵本です。
    1ページずつで完結しているので、ちょっとした空き時間に読むことができます。
    年長の子どもによく読んでいるのですが、子どもの記憶力はすさまじく、あっという間に覚えてしまいます。
    そして、いつの間にか「たぁんきクイズ」というものが出来、一人が始めの言葉を言うと、その後の言葉を他の子どもが言うなどの遊びをしていました。
    遊びの幅が広がり、とてもおもしろい絵本です。

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • だじゃれありの楽しい絵本

    6歳次女に借りてみました。だじゃれの入った音遊び絵本といった感じです。いろんなお話が入っています。親の私でも、何度もかんでしまいました(笑)次女は最後のお月様のお話がとっても気に入ったようです。最後のお月見団子の数をチェックして、違いを見つけていましたよー。

    掲載日:2016/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉と体

    長谷川摂子さんの独特な言い回しと、降矢ななさんの
    迫力ある挿絵がぴったりで、体の芯がつんつんされるような
    気持ちになります。
    言葉と体が繋がる感じです。
    こういうものにずうっと触れて育ったらどんな大人に
    なるのだろう。
    娘は、赤ちゃん好きなので、どんぐりぼうやのページで
    にんまりしていました♪

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 国語の授業でも

    小学校2年生の国語の授業でも、取り上げられたそうです。
    教科書にはのっていないのですが、プリントで学習したそうなので、よい作品なのだと、改めて思いました。

    言葉の響きが面白いので、音読の宿題も楽しそうでしたね。

    掲載日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新感覚のわらべ歌

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    既存のわらべ歌から着想を得た、新感覚のわらべ歌、といったところでしょうか。
    表題を音読してみてください。
    ほら、言葉の響きの面白さが実感できると思います。
    たぬきがね どんぐり ころころ おいかけた
    たあんき ぽおんき たんころりん
    言葉の面白さを、降矢さんの軽妙な絵が盛り立てます。
    かあさんねこの子守歌は、子育て中の母なら共感してくれそうですね。
    じゃがいも3兄弟の造形も見事です。
    ラストの歌にお月見の光景が出てくるので、その頃に読んでみるのもいいですね。
    絵もじっくりと楽しんでほしいです。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊びの絵本

    とても軽快でリズミカルな言葉遊びの絵本です。

    色彩もはっきりとしていて綺麗な絵です。

      「たあんき ぽおんき たんころりん」

     が、とても気にいってます!

    歌を歌っているように読めます。

    しいの木かあさんの子沢山、どんぐり坊やが700こ

    カラスに向かって、「しーっ しずかに」

    さわさわさわと枝を揺すって子守唄を歌っているみたいでした。

    何度読んでも飽きない絵本です。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばであそぶ

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    たぬきがね どんぐりころころ おいかけた
    たあんき ぽおんき たんころりん
    きつねがね かやのみからから おいかけた
    たあんき ぽおんき たんころりん…

    リズミカルな言葉が、次から次に出てきます。
    スピード感あふれるお話の展開に、声に出して読みながら、ついつい体も動かしたくなる、とっても楽しい絵本です。
    長谷川摂子さんの『音』を楽しむ言葉の世界に、降矢ななさんの絵の描写がとてもマッチしていて、最後の最後まで目が離せません。

    掲載日:2010/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんともいえません!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    図書館で、降矢さんのコーナーで見つけました。

    あれ???どこかで見たような・・・

    もしかして絵は同じ降矢さんで、ことばは谷川俊太郎さんの「あいうえおうた」の感じに似ているかも

    日本語の言葉遊びは限りなく
    絵とともに、口ずさめるように思われます

    ほしいなぁ・・・

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声に出して読んでみよう!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    開いてみればすぐわかるように「言葉遊び絵本」です。
    長谷川さんらしい、ユーモアのある言葉の羅列に目で追い、舌を絡めて声に出してやってみると、これがなかなか難しい…。

    ちょっと雰囲気が違うのですが、イラストは降矢ななさん(長谷川さんと組むことが多い画家さんですね)で、長谷川さんの文章ととても楽しいイラストであらわしてくれています。

    私は個人的には表題作の「たあんきぽおんき…」より、
    「ゆうべみた ゆめ
     へんな ゆめ
     とうふおばけが やってきて
     とうとう みつけた
     ふっ ふっ ふっ…」の方が好みでした。このページはイラストも好きです!
    みんなの声などを読んでも、結構小さいお子さんの方が、楽しさを味わえるようですが、小学校くらいのお子さんと声をあげて読んでみるのも楽しいかもしれません。

    掲載日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムの良い楽しい言葉たち

    言葉の音・リズムがとても楽しいです。
    独特な雰囲気を持つ絵も魅力的。
    声を出して読みたい絵本です。
    8歳の娘は一緒に声を出して読みたがりました。
    5歳の息子はただただリズムが楽しかったようです。
    上手に読めるように、繰り返し練習して楽しみたいと思います。

    掲載日:2008/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット