雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

ちいさな労働者」 みんなの声

ちいさな労働者 作:ラッセル・フリードマン
訳:千葉 茂樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年10月
ISBN:9784751517970
評価スコア 4
評価ランキング 22,754
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 写真家・ルイス・ハイン

    1900年代初頭のアメリカでは、子どもたちが過酷な労働に身を捧げていることがまたありました。

    子どもの人権に気づき始めた人たちの中には、写真家のルイス・ハインもいました。

    この本の中では、ルイス・ハインの写真と共に彼の足跡について記されています。

    過酷な労働の中にある子どもたちが写真に向けるまなざしにははっとするような美しさが垣間見られます。

    「わたしはただ、美しい子どもたちを写しただけです」というハインの言葉にはハインが子どもたちに向けた優しいまなざしを感じました。

    健康状態を悪くするような過酷な労働を強いられていた子どもたち、教育の場を与えられることがなかった子どもたち、読んでいて胸が痛くなるようなことが多かったのですが、子どもの人権を守るために活動をしていたハインの活動を知ることができたこと、知られざる歴史を知る機会ができたことは、読んでいてありがたい思いでした。

    まだ世界のどこかでは、この時代のアメリカのように、労働者として働かされている子どもたちがいることも忘れてはいけないと思います。

    千葉茂樹さん訳ということで手にとったのですが、千葉さん訳の本には社会派の伝記的な本が多く存在するんだなあということを思いました。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    2

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



0・1歳の赤ちゃんにぴったり☆親子で遊べる絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット