もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ふくのゆのけいちゃん」 みんなの声

ふくのゆのけいちゃん 作・絵:秋山 とも子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784834021660
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,781
みんなの声 総数 16
「ふくのゆのけいちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お風呂屋さん

    お風呂屋さんの様子がとても良く分かる絵本だと思います。秋山さんの細部までとことんこだわった絵がとても素晴らしいです。自分自身がお風呂屋さんに行っている錯覚に陥りました。スーパー銭湯ではなく、昔からある“お風呂屋さん”というところが良かったです。5月5日はこどもの日だからと言って家で菖蒲湯を準備する家庭というのはなかなかなくなってきたように思います。菖蒲が生えている地域に住んでいない人の方が多いように思うからです。そして、あまり売っていないと思います。そんな時けいちゃんの”ふくゆ”があったら!と思いました。1人のお客さんの為に。いつも来てくれるお客さんの為に。子供の日の為に。お父さん、お母さん、ペンキ屋さん、廃材屋さん。みんなの協力があってこそ成り立っている。暖かさと、感謝の気持ちを自然と感じられる絵本です。本当に細かいところまで描かれているのでとても現実的です。実際にお風呂屋さんに行ってもいないのに行った気分にさせてくれる絵本です。私が好きなシーンはお母さんが御茶にしましょうと言ってお菓子を出すシーンです。よく見るとこれは多分こどもの日にちなんで”柏餅”ではないかと思うのです。とても季節感を感じます。そして、日本の良き伝統を重んじていると思います。読者はそれをよく感じることができると思います。そして、子どもの日とは関係なくいつもの様に掃除をする2人。掃除をして二人で机に向って幸せそうに会話をする二人がとても微笑ましいです。この二人が飲んでいるのが熱いお茶というのもいいです。とても幸せを感じられる絵本だと思います。

    掲載日:2007/09/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 銭湯の一日

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    昔ながらの銭湯を舞台にした絵本です。

    2ページ目に町を上から見た絵が出てきたときは、町全体に昭和の匂いがプンプンしていて、心臓を鷲掴みにされたように、いい!と思いました。
    けれど、お風呂場と自宅がくっついている絵が出てきたあたりから、この銭湯+自宅の全体の構造がよくわからなくなってしまいました。
    何度も前のページに戻って、部屋の位置を確認したりしながら読み進めましたが、今ひとつ把握できませんでした。
    もう少しスッキリしていたら、もっと良かったのに。

    ペンキやさんが、お風呂場の絵を描き替えにきたり、裏の方では、一心不乱にマキをくべたりと、普段見ることのできない部分が出てくるのはとても楽しかったです。

    掲載日:2007/07/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 銭湯、なつかしいな

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    ふくの湯は銭湯です。
    今日は5月5日こどもの日。しょうぶ湯に入ると丈夫になるんだって。知らなかった。

    お父さんは、火たき場でまきを燃やしてお湯をわかします。
    お母さんも掃除や家事に大忙し。
    絵が細かく描かれていて、子供は絵を見るのが忙しいでしょうね。

    商売をしている家は本当に忙しそうですね。
    でも、お客さんが世間話をしたり、お風呂で時勢の話をしたり、そういうのを見ていると、やめられないんだろうなって思います。

    町の銭湯、いつまでもなくならないで欲しいですね。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔ながらの銭湯!いいなぁ…

    • 寅子さん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 男の子3歳

    私が小さいころに持っていた本で、3歳の息子によんであげました。

    今この本に出てくる銭湯がどれくらい残っているのでしょうか。
    私の住んでいるところでは昔ながらの銭湯はなく、テレビのドラマやアニメとか漫画でしか見たことがないのですが、この本を読むと行ってみたいなとあこがれてしまいます。
    読んであげた息子はこの本で初めて銭湯を知りました。
    おおきなお風呂屋さんが楽しそうで気に入ったのか、これはなあに??どうしてこんなふうなの??と質問攻めでした。

    ばんだいや、絵の描いてある大きな壁、脱衣場のマッサージ機や売り物、大きなお風呂のなかで会話するお客さんたち…
    懐かしい感じというか昔ながらの良さがすごくよく描かれています。
    大人が読んでも楽しい本だと思います。

    銭湯をやっている家族の一日もわかり、その様子にほっこりします。

    最初3歳の子にはまだわからないかなと思っていましたが、なぜかお気に入りで何度も読んでとリクエストする本の一つになりました。

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で“おふろや”体験

    秋山さんの細かい背景描写と会話を織り込んだストーリーで、読み進んでいくうちに“ふくのゆ”での会話や風呂場でのお湯が流れる音までもが聞こえてきそうで、私達親子もその場に居た気分になりました。

    息子は、けいちゃんが夕ごはん中の男湯で男の子が湯船で泳いでいる後ろでおじさんが「うっ」と目を押さえているところがおもしろかったそうです。こどもっていろいろ発見するのが好きですよね。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしいな 銭湯!

    新婚時代に家にお風呂がなくて、神田川そのものでした。

    とても懐かしかったです。

    「きくの湯」さんだったと思うけれど、銭湯まで自転車で二人乗りして

    青春そのものでした!お金もなかったし、(今もお金がないのは一緒だ

    けれど)まるっきり、神田川でした。

    銭湯で働く両親を見て育っているから、けいちゃんもあんまり我がまま

    を言わずにいるところがちょっぴり気になりました。

    毎日朝から晩遅くまで働き詰めのおとうさんとお母さん頑張っているな

    あと感心しました。仲良く協力して子育てもしっかりやっているので

    感心しっぱなしです。絵が素晴しいです!

    掲載日:2010/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おふろやさん

    おふろやさんの絵本、好きなんですよねえ、私。
    小さい頃、祖父母の家に行った際、おふろやさんに
    行っていたせいかしら。
    おふろやさんをやっている友達がいるせいかしら。

    最近はとんと行ってないけれど、また行きたいなあ。
    しみじみそんな気持ちになる絵本です。

    それにしても。
    おふろやさんのご家族は仕事が大変だなあ。
    休む暇もないって感じなのですね。
    おかげであったかくて気持ちがいいおふろに入る
    ことができるのですね。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしさいっぱい

    住まいの回りの銭湯がまた一つまた一つとなくなっていきます。子どもは、スーパー銭湯やらラドン温泉やら娯楽施設化した公衆浴場だと思っています。
    考えたら、我が家の風呂に浸かるのが当たり前。そしてご近所さんとの語らいの場が失われ、家族通しのコミュニケーションが薄らいできています。
    銭湯はまさにコミュニケーションの場でした。
    一人懐かしく思っていてもしょうがないのですが、昭和時代の銭湯の仕組みを知らなかった私としては発見の絵本でもありました。
    女湯が出てくるのが少し恥ずかしくもありますが、自分の小さい頃は子どもは男湯と女湯を行き来していたことも思い出します。
    銭湯の構造、銭湯の職業とする家族、銭湯に来る人たち、いろんなことが子どもにとって話の材料です。
    じめじめしたいじめなんてなかったよな。
    伝えたいことがいっぱい見つかった絵本でした。

    おまけ:この絵本、構図の捕り方がバツグン。ものの見方の視覚、捉え方、視点、これってけっこう子どもたちにとって大事なことだと、読後思いました。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父と飲むコーヒー牛乳が好きでした

     スーパー銭湯には行っても、こういう銭湯には行っていないな〜。
     幼い頃、父と行った事が思い出されます。
     
     お風呂屋さんの生活の場も覗けて楽しい。
     おかみさんは忙しいんですね。
     ほんと大変そう。

     上からお風呂場を眺めるようなアングルが良かった。
     脱衣所の雰囲気も懐かしい。
     あの脱衣篭がなんとも言えません。
     私は、父と飲むコーヒー牛乳が好きでした。

     番台の席に憧れたこともあります。
     ちょっと高くて楽しそうに見えました。

     こちらでも数は少なくなって来ていますが、こういう銭湯に久々に行ってみようかな。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても懐かしい風景

    銭湯はもう見なくなりました。
    この絵本には、子供に見せてあげたい温かな家庭の
    風景、銭湯の風景がたくさん細かく描かれています。
    絵を見ているだけで、お風呂につかっているような
    温かな気持ちになれます。

    そして、お客さんの楽しそうな銭湯に入る姿、
    どこかで見たことのあるシチュエーションだなと
    懐かしく思いました。

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット