ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語

たなばたバス」 みんなの声

たなばたバス 作・絵:藤本 ともひこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年06月15日
ISBN:9784790252450
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,474
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 七夕にはこの絵本!でございバス♪

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 男の子15歳

    「いただきバス」シリーズ第3弾。

    優しく気のいいバスさん、七夕に登場。

    おりひめさまの願い事をかなえてあげようと、
    5・4・3・2・1・0!
    ねずみたちと天の川へ出発でございバス。

    年に一度の七夕の夜、おりひめさまとひこぼしさまが無事会えますように。
    黒い雨雲を吹き飛バスのです。
    さて、どうやって吹き飛ばしましょう?
    ねずみがみんなで両手をぐるぐるぐるぐる〜〜〜
    子どもたちも一生懸命応援、ぐるぐるぐるぐる〜〜〜と、
    楽しい参加型絵本。
    でも、払っても払ってもきえない厚い雨雲・・・
    そこで、ねずみさんたちが考えた面白いアイディアとは?

    七夕ってなあに?
    おりひめ、ひこぼしってだあれ?
    天の川はどこにあるの?
    橋になっている鳥はなあに?

    絵本を前に、親子の会話も弾むことでしょう。
    七夕という行事を幼い子どもに身近に伝える、楽しい絵本です。

    今年の七夕は、どうか晴れバスように。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    3
  • ここは絵本を縦にしなくちゃね

    これは楽しいたなばたの絵本ですねぇ〜。
    藤本先生のバスくん”シリーズ3作目ですね。

    七夕当日、今夜の天気予報は大雨。
    空から織姫様の書いた短冊が降って来て、バスくんとねずみたちは織姫様を助けに出発です。
    もう〜、バスくんの出発のダイナミックさ最高です。
    ここは絵本を縦にしなくちゃね。

    雨雲いっぱいの上空で奮闘するバスくんとねずみたちの様子に、読んでいておもわず力が入ります。
    そして、ついには、あのねずみたちの作戦です。
    おしりつんつんではなく、今回はおはなこちょこちょです。
    この後の見開きの迫力にビ〜〜〜ックリ!そして爆笑しました。
    これなら雲もふとっんじゃうでしょうね。
     
    次の見開きは、かささぎの橋の上の彦星(牽牛)と織姫(織女)が会えたシーン。
    よかった〜♪

    でも、ここで終わらないのが、藤本先生なのです。
    天の川で冷やしてあるものを、お礼にといただくんですが、ここからまた可愛い読者さんたちが大喜びのもうひと展開。

    各見開きいっぱいの動きと迫力のある絵が、お話に惹きこんでくれます。
    大型絵本もあるのかな?
    あったらいいなぁ〜〜〜

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 5.4.3.2.1.0!!

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子2歳

    絵本と一緒になって、「5.4.3.2.1.0.はっしゃしバース」
    何度も何度も続けて読んで、外にもいろいろ一緒に口にしてました。
    おりひめさまの願いをかなえるために、みんなでがんばる姿とても素敵です。
    友達のために。友達の友達のために。友達の友達の友達のために。一生懸命になれるって、人間だからこそなのではないでしょうか。

    掲載日:2015/07/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • たなばた☆

    子どもが保育園から借りてきたので一緒に読みました。保育園でも人気なのだそうです。かわいいねずみたちが、バスに乗って旅する様子がとても可愛らしいです。うちの子は、雨雲をバスのくしゃみで吹き飛ばしてしまうところがお気に入りのようで、くしゃみのところだけ自分で読んでました^^

    掲載日:2017/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 七夕前に

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    行事に関する絵本でありながら、ワクワクするストーリーでとても楽しい。
    このバスシリーズは、幼稚園なんかの行事前の読み聞かせにぴったりですね。
    おりひめさまとひこぼしさまのため、バスが宇宙へ行っちゃうとか、七夕が待ち遠しくなっちゃいます。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年生の教室で読みました

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子14歳

    地域の図書館にある、「たなばたバス」の大きい絵本が読みたかったのですが、季節がら希望者が集中していて借りられず、こちらのフツーのサイズを読みました。
    「「いただきバス」は知ってる!読んだことがある!」という声をもらいました。
    織姫と彦星の場面で、「ネズミじゃん…」という突っ込みがありました。
    天の川に冷やしてあるものは何か?子どもたちが推理していました。
    今どきは、冷蔵庫がフツーですから。
    私自身、七夕関連の絵本の中では、この絵本が気にいってます。
    来年も読みたいです。

    掲載日:2017/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 七夕におすすめの一冊

    語尾に〜バスがついて思わず笑身もこぼれてしまう楽しいシリーズです。

    今回は七夕がテーマです。
    七夕のお話に登場する織姫、彦星はもちろんですが、かささぎの橋など。七夕と馴染みのあるストーリーにオリジナル感が出されていて、新しい七夕絵本で面白いと思います。

    何年に一度は、雨の七夕があり、やはり何となく空を見上げてがっかりするという子どもたちもいるのではないでしょうか。

    でも、こんな楽しい方法で雨を吹き飛ばせたら・・楽しいですね。

    大きなスイカが釣れるなんてなんてダイナミック。しかも天の川で冷やしていたという設定もいいですね。

    七夕におすすめです。

    掲載日:2017/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨雲の退治法

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    語尾の「〜ます」が「〜バス」となるバスと乗客のねずみたちのストーリー。
    題名の通り、七夕が題材です。
    七夕というのに、大雨予報ということで、短冊の織姫の願いをかなえるべく、
    みんなが奮闘するわけですね。
    雨雲の退治法が豪快です。
    なるほど、ね。
    織姫からのお礼の品は、天の川で冷やした、あの夏の果物!
    うーん、いいですねえ。
    7月を満喫、といった感じでしょうか。
    幼稚園児くらいから盛り上がりそうです。

    掲載日:2016/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨雲ふきとばせ

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    5歳の子どもと読みました.

    ねずみたちが,七夕の夜をなんとか晴れにしようと奮闘する姿がかわいらしいです.
    バスが出発してお空まで吹っ飛んでいく場面に息子はツボだったようです.

    七夕の夜が雨の予報でも,私たちの力で晴れにすることは出来ないけど,絵本の世界ではそれを叶えることが出来る.絵本っていいなってこの本を読んであらためて思いました.

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 七夕シーズンに!

    4歳幼稚園年少さんの娘と読みましたが,文章も短めなのでもう少し小さい子でも十分に楽しめる絵本だと思います。
    「七夕は年に1度,織姫と彦星が会える日」ということを知っていると,より理解でき楽しめると思います。

    ねずみ達を乗せた七夕バスが空に登って行くという内容は夢がありました。
    ねずみ達と一緒にぐるぐると腕を回しながら,私達親子は読んでみました(笑)。
    天の川で冷やしたスイカを釣るというのもよかったです。
    夏にぴったりの絵本でした〜七夕シーズンにぜひ☆

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット