しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

たなばたバス」 みんなの声

たなばたバス 作・絵:藤本 ともひこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年06月15日
ISBN:9784790252450
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,301
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 七夕にはこの絵本!でございバス♪

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 男の子15歳

    「いただきバス」シリーズ第3弾。

    優しく気のいいバスさん、七夕に登場。

    おりひめさまの願い事をかなえてあげようと、
    5・4・3・2・1・0!
    ねずみたちと天の川へ出発でございバス。

    年に一度の七夕の夜、おりひめさまとひこぼしさまが無事会えますように。
    黒い雨雲を吹き飛バスのです。
    さて、どうやって吹き飛ばしましょう?
    ねずみがみんなで両手をぐるぐるぐるぐる〜〜〜
    子どもたちも一生懸命応援、ぐるぐるぐるぐる〜〜〜と、
    楽しい参加型絵本。
    でも、払っても払ってもきえない厚い雨雲・・・
    そこで、ねずみさんたちが考えた面白いアイディアとは?

    七夕ってなあに?
    おりひめ、ひこぼしってだあれ?
    天の川はどこにあるの?
    橋になっている鳥はなあに?

    絵本を前に、親子の会話も弾むことでしょう。
    七夕という行事を幼い子どもに身近に伝える、楽しい絵本です。

    今年の七夕は、どうか晴れバスように。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • ここは絵本を縦にしなくちゃね

    これは楽しいたなばたの絵本ですねぇ〜。
    藤本先生のバスくん”シリーズ3作目ですね。

    七夕当日、今夜の天気予報は大雨。
    空から織姫様の書いた短冊が降って来て、バスくんとねずみたちは織姫様を助けに出発です。
    もう〜、バスくんの出発のダイナミックさ最高です。
    ここは絵本を縦にしなくちゃね。

    雨雲いっぱいの上空で奮闘するバスくんとねずみたちの様子に、読んでいておもわず力が入ります。
    そして、ついには、あのねずみたちの作戦です。
    おしりつんつんではなく、今回はおはなこちょこちょです。
    この後の見開きの迫力にビ〜〜〜ックリ!そして爆笑しました。
    これなら雲もふとっんじゃうでしょうね。
     
    次の見開きは、かささぎの橋の上の彦星(牽牛)と織姫(織女)が会えたシーン。
    よかった〜♪

    でも、ここで終わらないのが、藤本先生なのです。
    天の川で冷やしてあるものを、お礼にといただくんですが、ここからまた可愛い読者さんたちが大喜びのもうひと展開。

    各見開きいっぱいの動きと迫力のある絵が、お話に惹きこんでくれます。
    大型絵本もあるのかな?
    あったらいいなぁ〜〜〜

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雨雲の退治法

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    語尾の「〜ます」が「〜バス」となるバスと乗客のねずみたちのストーリー。
    題名の通り、七夕が題材です。
    七夕というのに、大雨予報ということで、短冊の織姫の願いをかなえるべく、
    みんなが奮闘するわけですね。
    雨雲の退治法が豪快です。
    なるほど、ね。
    織姫からのお礼の品は、天の川で冷やした、あの夏の果物!
    うーん、いいですねえ。
    7月を満喫、といった感じでしょうか。
    幼稚園児くらいから盛り上がりそうです。

    掲載日:2016/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5.4.3.2.1.0!!

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子2歳

    絵本と一緒になって、「5.4.3.2.1.0.はっしゃしバース」
    何度も何度も続けて読んで、外にもいろいろ一緒に口にしてました。
    おりひめさまの願いをかなえるために、みんなでがんばる姿とても素敵です。
    友達のために。友達の友達のために。友達の友達の友達のために。一生懸命になれるって、人間だからこそなのではないでしょうか。

    掲載日:2015/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨雲ふきとばせ

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    5歳の子どもと読みました.

    ねずみたちが,七夕の夜をなんとか晴れにしようと奮闘する姿がかわいらしいです.
    バスが出発してお空まで吹っ飛んでいく場面に息子はツボだったようです.

    七夕の夜が雨の予報でも,私たちの力で晴れにすることは出来ないけど,絵本の世界ではそれを叶えることが出来る.絵本っていいなってこの本を読んであらためて思いました.

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 七夕シーズンに!

    4歳幼稚園年少さんの娘と読みましたが,文章も短めなのでもう少し小さい子でも十分に楽しめる絵本だと思います。
    「七夕は年に1度,織姫と彦星が会える日」ということを知っていると,より理解でき楽しめると思います。

    ねずみ達を乗せた七夕バスが空に登って行くという内容は夢がありました。
    ねずみ達と一緒にぐるぐると腕を回しながら,私達親子は読んでみました(笑)。
    天の川で冷やしたスイカを釣るというのもよかったです。
    夏にぴったりの絵本でした〜七夕シーズンにぜひ☆

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなで楽しめる七夕の絵本

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子14歳

    皆さんは、今年もお願いごとをしましたか?
    子どもたちのお願い事はさまざま、多種多様。
    叶うといいね。
    我が家では、ささやかながらそうめんの料理を作ったりして、
    七夕の行事を楽しみました。

    毎年思うのですが、七夕の日って天気が悪い日が多い気がします。
    この絵本でも。
    天気予報は大雨。
    空から降ってきた短冊には、「雨だとひこぼしさまにあえないので、
    どうかはれますように・・・おりひめ」と書いてありました。
    そこで、たなばたバスとねずみたちは、
    おりひめさまの願い事を叶えるべく、空へ向かって出発!

    藤本ともひこさんのバスシリーズは、今回が初めてです。
    それをふまえたうえでの感想です。

    たなばたバスとねずみたちは、力を合わせて奮闘します。
    もちろん、聞き手の子どもたちも参加して。
    一緒にカウントしたり、ぐるぐる腕をまわしたり・・・
    参加型の絵本は、子どもたちも楽しそう。

    バスくんのダジャレも、子どもたちにはつぼらしい。
    読む方としては、なんだか鼻づまりみたいで、
    慣れるまで時間がかかりました(^^;)

    雨雲の蹴散らし方も、バスくんらしい。
    大笑いです。

    そして、ねずみたちが釣り上げたお礼の品は・・・
    これまたびっくりの巨大なすいか。
    今度は驚き!

    楽しさ満載。
    日本の伝統行事を伝えるうえで、
    小さい子たちには、こんな絵本もいいなって思いました。

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 七夕にちょうどいい

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    今年の七夕は見事にくもりでした。
    その直後に読んだので
    はくしょんで吹き飛ばすという荒業に
    感心してしまいました。
    七夕だけは数あるイベントの中で
    想像のみが頼りのつかみどころのないイベントなのです。
    「こんな感じかな?」
    「あんな感じかな?」とわくわくどきどきするたのしみがあります。
    ネズミならではのお礼でおかしかったです

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 七夕の季節にいいですね♪

    「いただきバス」という絵本が大好きで、よく読んでいたのですが、
    シリーズがあると知り、早速手に取った絵本です。
    いただきバスに引き続き、ちょっとしただじゃれも入っていて、
    読んでいて本当に楽しい絵本です♪
    ちょうど七夕の季節に読んだのもよかったみたいで、織姫様・
    彦星様にもはまっていました。
    かわいらしいねずみたちの行動に、癒される絵本でしたー!!

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポップな七夕バス

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    季節柄、七夕の本を探していて目に留まりました。
    ねず君たちの乗ったバスと、たなばたのコラボレーションです。
    曇り空の地球からでは見えない七夕を見るために(本当はバスが行けるわけがないのですが)、楽しそうに宇宙に出発です!
    宇宙でも地上と変わらないパワフルなねずみ君たちの、明るいポップな雰囲気がきっとお子様にはウケがいいでしょう。

    元のお話を知らないと、織姫ねずみと彦星ねずみがなぜ宇宙で出会ってるのかわからないでしょうから
    この本を読んでから、七夕のお話を知るのもまた良いのではないかと思いました。

    掲載日:2014/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / パパ、お月さまとって! / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット