雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

おうさまのおひっこし」 みんなの声

おうさまのおひっこし 作:牡丹靖佳
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年05月20日
ISBN:9784834027259
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,958
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • なんだこれは!

    子供よりも大人の私のほうがすっかりはまってしまった絵本です。

    すごーく繊細なイラスト。
    でもなぜか人間はたまごみたいなつるんとした顔。(笑)
    内容もどこかとぼけていて、それがイラストとすごくマッチしている。

    水彩絵の具なんでしょうか。
    森の場面で、ピンクや水色など現実ではありえない色を使っているのに木に見える・・・目を奪われてしまいました。

    見た目の穏やかさと正反対にすごく驚かされた絵本です。

    掲載日:2017/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前におすすめ、ちょっと笑える話☆

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘、10歳の息子と読みました。

    美術館に飾られてるようなとっても素敵な絵!
    と、
    なんだかとっても抜けてるしズレてるおうさまと、
    6人のお伴たちのお話。

    王さまの指示もなんかちょっとズレてるけど、
    6人のやることもかなりズレてて、
    ひっこし荷物がどんどんなくなっていくのがとっても笑えます。

    最後の方なんて、お伴たちのすっかり気の緩んだ移動の様子が、
    かなりウケる!

    つっこみどころ満載で、
    でも絵が細部までとっても素敵で、
    観賞も楽しめる絵本!

    最後は、「おやすみなさい」で終わるので、
    夜寝る前に本当にぴったり!
    寝る前の一冊におすすめです☆

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ギャップがおもしろい!

    繊細で美しい絵からは想像できない、大胆で、コミカルなお話でした。
    それが、静かに静かに、展開されていくものだから、そのギャップが面白くて。
    やさしすぎる王様と、とんちんかんすぎる家来たちですが、王様にとっては大切な家族のような存在なんだろうなと、なんだかあったかい気持ちになりました!

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おうさまの愛に感動♪

    とてもきれいな絵本です。
    おうさまが、おともたちとともに、おひっこしをするのですが、
    そのおひっこしがとてもおもしろいんです。
    まわりの人たちを救うために、自分のことなんてそっちのけなんです。
    いろんなものをあたえてしまい、残ったのは、ちいさなベッド。
    でも、大切なおともたちと一緒に寝られるので、とても幸せそうな
    おうさま!!
    こんなおうさまに会ってみたい♪
    胸に残るお話でした!!

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見習いたいです。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子7歳

    王様と、6人の気のいいおともたちのお話です。おともたちの一生懸命なんだけど、びっくりするような勘違いが、まるで子供のような発想でとても純粋なんだなと感じました。
    何よりも、そんなおともたちを叱らない王様の寛大さ、見習わなければ、と思いました。
    最後の、ベットに寝ているところがみんないい表情をしていて、とても癒されました。子供もそうですが、大人も楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2014/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵です。

    内容も面白くて楽しめますが、絵が素敵でかわいいです。

    細かい絵なのでお子さんと1対1とか少人数で読むのがいいのかなと思います。
    息子も細かい所にたくさん気がついていました。

    ひっこしが続くなかだんだん疲れていくお供たち
    誰にでも優しい王様はとんちんかんなお供たちにも絶対怒らないんです。

    見習わなきゃいけません。

    最後は本当に幸せそうですね。

    大人も癒される話かなと思います。

    掲載日:2014/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい気持ちにほのぼの

    登場人物みんなが、優しさであふれた人ばかりで、ほのぼのとした気持ちになります。ただ、ちょっとおっちょこちょいなんですが・・・
    大人が目を奪われるのは、なんといっても、細かい絵の描写。
    家具などが細かいところまで描かれていて「これ、ほしいなー」と思うこともしばしば。
    大人も子どもも、楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんか幸せ

    王様もお供たちも、いい雰囲気じゃないですか。
    ちょっとズレてる。
    でも、悪くないよね?って感じです。
    どんどん荷物を手放していくのですが、その一つ一つの出来事が、どれも思い出になっていると思います。
    絵も、本当に素敵でした。

    掲載日:2014/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の絵に目を奪われました。細くてやわらかい線の美しい絵。
    洋風の家具や食器は一つ一つ見入ってしまいます。おともたちもよく見ると、身に付けている物など少し違います。

    登場人物は少し不気味な、丸いお顔をしたおうさまとおともたち。
    それがまた愛らしくて雰囲気に合ってます。

    とんちんかんなおともたちと、それを優しく見守るおうさまは
    何だか家族のようで微笑ましかったです。

    眠る前に読みたくなりますね。読んだ後はふわふわ幸せな気持ちになります。

    表紙のカバーも素敵でしたが本体の装丁も素敵でした。
    お部屋に飾ったり、誰かにプレゼントしたくなる絵本です。

    牡丹さんののんびりとした世界観が大好きです!

    掲載日:2013/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繊細な絵が魅力的

    優しいけれど口下手なおうさまとあわてんぼうで不器用だけど忠実なおともたちのお話。王様が大きなベッドをお願いすると、お城に入らないほどの大きさのを作ってしまう家来たち。でも気のいい王様は怒りません。ベッドが入る城へとお引っ越しするんです。
    絵が繊細でとても、綺麗です。大人も楽しめる絵本になっています。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


葉祥明さんの描く不朽の名作、好評につき第2弾

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット