ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おうさまのおひっこし」 みんなの声

おうさまのおひっこし 作:牡丹靖佳
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年05月20日
ISBN:9784834027259
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,335
みんなの声 総数 17
「おうさまのおひっこし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ギャップがおもしろい!

    繊細で美しい絵からは想像できない、大胆で、コミカルなお話でした。
    それが、静かに静かに、展開されていくものだから、そのギャップが面白くて。
    やさしすぎる王様と、とんちんかんすぎる家来たちですが、王様にとっては大切な家族のような存在なんだろうなと、なんだかあったかい気持ちになりました!

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おうさまの愛に感動♪

    とてもきれいな絵本です。
    おうさまが、おともたちとともに、おひっこしをするのですが、
    そのおひっこしがとてもおもしろいんです。
    まわりの人たちを救うために、自分のことなんてそっちのけなんです。
    いろんなものをあたえてしまい、残ったのは、ちいさなベッド。
    でも、大切なおともたちと一緒に寝られるので、とても幸せそうな
    おうさま!!
    こんなおうさまに会ってみたい♪
    胸に残るお話でした!!

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見習いたいです。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子7歳

    王様と、6人の気のいいおともたちのお話です。おともたちの一生懸命なんだけど、びっくりするような勘違いが、まるで子供のような発想でとても純粋なんだなと感じました。
    何よりも、そんなおともたちを叱らない王様の寛大さ、見習わなければ、と思いました。
    最後の、ベットに寝ているところがみんないい表情をしていて、とても癒されました。子供もそうですが、大人も楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2014/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵です。

    内容も面白くて楽しめますが、絵が素敵でかわいいです。

    細かい絵なのでお子さんと1対1とか少人数で読むのがいいのかなと思います。
    息子も細かい所にたくさん気がついていました。

    ひっこしが続くなかだんだん疲れていくお供たち
    誰にでも優しい王様はとんちんかんなお供たちにも絶対怒らないんです。

    見習わなきゃいけません。

    最後は本当に幸せそうですね。

    大人も癒される話かなと思います。

    掲載日:2014/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい気持ちにほのぼの

    登場人物みんなが、優しさであふれた人ばかりで、ほのぼのとした気持ちになります。ただ、ちょっとおっちょこちょいなんですが・・・
    大人が目を奪われるのは、なんといっても、細かい絵の描写。
    家具などが細かいところまで描かれていて「これ、ほしいなー」と思うこともしばしば。
    大人も子どもも、楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんか幸せ

    王様もお供たちも、いい雰囲気じゃないですか。
    ちょっとズレてる。
    でも、悪くないよね?って感じです。
    どんどん荷物を手放していくのですが、その一つ一つの出来事が、どれも思い出になっていると思います。
    絵も、本当に素敵でした。

    掲載日:2014/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の絵に目を奪われました。細くてやわらかい線の美しい絵。
    洋風の家具や食器は一つ一つ見入ってしまいます。おともたちもよく見ると、身に付けている物など少し違います。

    登場人物は少し不気味な、丸いお顔をしたおうさまとおともたち。
    それがまた愛らしくて雰囲気に合ってます。

    とんちんかんなおともたちと、それを優しく見守るおうさまは
    何だか家族のようで微笑ましかったです。

    眠る前に読みたくなりますね。読んだ後はふわふわ幸せな気持ちになります。

    表紙のカバーも素敵でしたが本体の装丁も素敵でした。
    お部屋に飾ったり、誰かにプレゼントしたくなる絵本です。

    牡丹さんののんびりとした世界観が大好きです!

    掲載日:2013/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繊細な絵が魅力的

    優しいけれど口下手なおうさまとあわてんぼうで不器用だけど忠実なおともたちのお話。王様が大きなベッドをお願いすると、お城に入らないほどの大きさのを作ってしまう家来たち。でも気のいい王様は怒りません。ベッドが入る城へとお引っ越しするんです。
    絵が繊細でとても、綺麗です。大人も楽しめる絵本になっています。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おともたちが可愛い!

    • 蒼良さん
    • 30代
    • せんせい
    • 兵庫県

    絵のタッチが何となく外国の作家さんのようですが…
    王様のキャラと、おともたちの奮闘ぶりが
    めちゃくちゃなのに、微笑ましくて
    ほのぼのとした気分になれました。
    あらあらあら…と思わず口に出してしまいそうな展開ですが
    決して怒らない王様と、
    王様の命令に一生懸命こたえようとするおともたち。
    最終的には、ニコっとなる展開。
    こういうの、いいですね。

    で、最後のページ。
    あぁ、なるほど。
    と納得いたしました。
    一番最後まで読んで、よりスッキリしました。
    作者の細かい気配りを感じられました。

    装飾品等の描かれ方も緻密で素敵です。
    随所に見られる作者のこだわりでしょうか、
    けらいたち、ではなく
    おともたち、という表記にもそれを感じました。

    ただ、大人目線で言うと
    おともたち、という平仮名表記は
    ぱっと見た時、お友達に見えるので
    最初だけ少し読みづらかったのですが
    そこもおそらく作者の思いがこめられているのだろうと
    感じることができるくらい優しい絵本です。

    掲載日:2013/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勘違いばかりでも、幸せ

    遠い国に住んでいる、はずかしがりやの王様と、あわてんぼうのおとも達のお話。

    おとも達は言葉足らずの王様の命令を勘違いしてばかりで、いつも思わぬ騒ぎになってしまいます。
    王様が作るよう命じた大きなベッドも、お城に入らないくらい大きなものを作ってしまい、とうとうお城を引っ越す羽目に。
    その引越しの道中にも、いろいろな騒ぎが巻き起こり…?

    王様は、間違って命令を遂行するおとも達を絶対に叱らないんですよね。…もしかすると、叱るのが照れくさいだけなのかもしれませんが(笑)
    王様の命令を実行しようとするたび、いつも想像できないほどの大騒ぎになってしまいますが、どの勘違いも主従関係を超えたお互いを思いやる気持ちが見え隠れして、すごくほほえましかったです。
    それを表しているのが、最後のシーン。
    前にもましてぎゅうぎゅうですが、とても幸せそうでした。

    掲載日:2012/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット