ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ファンム・アレース(5)上巻」 みんなの声

ファンム・アレース(5)上巻 作:香月日輪
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2011年12月
ISBN:9784062694445
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 前作で仲間になった元殺し屋2人。片方の能力のおかげで、もう片方も死なない老いない体になる。でも世間で不老不死にあこがれるほど素敵なものではないみたいで、それゆえの苦悩もたくさん。半分くらい諦観していたサーブル。でも、かけがえのない仲間に出会い、それもいいのかも、と思える様子。そして、今度は、隠者ノゴージャンの作ったゴイエレメスのアゴリを仲間にし、全員が家族のようになっています。血がつながらなくても、家族になれる。それが弱みにもなれば、強さにもなる。すごく素敵なお話だと思います。亡者のいる山を越え、仲間全員そろって、魔女アイガイアと戦いにおもむくので、ここからが本番!

    今まで強かったララが、バビロンの危機で見せた危うさ、これが意外に良いんです。人間ですから。

    この作品では主人公ララが12歳になっているので、小学生高学年くらいからおすすめ。

    掲載日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット