雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

木の陰を売る男」 みんなの声

木の陰を売る男 出版社:文芸社ビジュアルアート
本体価格:\760+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784781800684
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,890
みんなの声 総数 1
「木の陰を売る男」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 吝嗇すぎるのは良くないですね

    冒頭部分が長すぎる気がしますが全体の流れは良いですね。大きな木があり、木陰ではみんなが涼んだり、活発にいろんなことをします。でも木の持ち主のけちんぼうが、お金を取ろうとします。するとみんながお金を払えず、家にこもって町の活気がなくなります。ある召使が、主人である持ち主から木陰を買い、みんなに無料で開放します。そこまでは良い。でも、木陰に主の家が入ったからとその家も使います、、、。ちょっとやりすぎのような気がしますね。そこで、主人は木を切る、、、なんてことをせず、素直に「自分が悪かった」と誤り、お金を返します。

    全体の流れはなかなか良く、吝嗇にならずに済むヒントがありそうです。

    欠点は冒頭の導入部分が長すぎること。ちょっと無駄な気がします。あと文章はすごく長いので、読み聞かせは大変です。

    掲載日:2012/06/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝かしつけに最適な水中絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット