しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

じゆうをめざして」 みんなの声

じゆうをめざして 作:シェーン・W・エヴァンズ
訳:さくま ゆみこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2012年05月25日
ISBN:9784593505388
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,805
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自由への地下鉄道、って何か聞いた事あるなと思ったら、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    ハリエットの道の中に出て来ましたね!その昔奴隷として扱われていた黒人の方達は、自由への地下鉄道を通じて自由を手に入れたという歴史があります。背表紙の家族の穏やかな表情が、極力少ない文章で絵本に描かれた苦難を乗り越えた後の安堵感を物語っていますね。

    掲載日:2014/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 短いですが

    自由を目指して逃げる黒人たち。命がけであることが短い文章、絵からも伝わってきます。

    前半の暗い色調、後半の明るい色調、その対比も見た目からもわかりやすく奴隷問題がかつてあったことを伝えています。

    あとがきを読めばさらにその背景は詳しくわかります。

    短いですが、凝縮された中から伝わるものは大きい気がしました。
    内容的には高学年以上に読みたい本です。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫害から自由の世界へと逃げようとしている黒人たち。
    思いのこもった絵は闇と光を描き分けていて、本当に逃げて行こうとする黒人たちの願望をくっきりと描いています。
    ストーリーはシンプル、無駄な言葉をそぎ落とした感じで、短文に思いがずっしりと込められています。
    しかし、時代背景を知らない子どもたちにとって、ストーリーとしての膨らみは必要ではないかと思ったりしました。
    要は子どもたちにこのお話を伝えるためには、説明が必要だということ。
    聴く側に下地ができていたら、素晴らしい絵本だと思います。
    あれこれと思い出したくないことが多すぎる黒人たちの奴隷社会は、きっとこのように口数少なく、自分たちの自由を切望しながら身構えた社会だったのですね。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目ぢから、あります。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    読み聞かせなどで、テーマをうまく組み合わせて紹介すれば、小学校の高学年くらいから使ってみたいです。
    17世紀ごろのアメリカの南部の方では、アフリカから無理矢理連れてきた人たちを奴隷としてこき使い、人間ではない扱いをしていました。

    この絵本は当時、奴隷として扱われていた黒人たちの「自由を求めた逃走」を描いています。
    くらやみを走る人たちの白目の部分に何か技法(貼り絵にしてある気がします)を使っていて、彼らの目に目力を感じました。

    内容的には小学校の高学年くらいからでも理解できると思います。
    この絵本をきっかけに、当時の「奴隷制度」について、調べたり学びたくなったりするお子さんが一人でも生まれたらいいなぁと、思います。

    邦訳はさくまゆみこさんなので、とても読みやすいです。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット