くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

ゼバスチアンからの電話」 みんなの声

ゼバスチアンからの電話 出版社:ベネッセコーポレーション
本体価格:\1,262+税
発行日:1990年03月
ISBN:9784828813974
評価スコア 4
評価ランキング 22,754
みんなの声 総数 1
「ゼバスチアンからの電話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すれ違う家族の思い

    清水眞砂子さんの著書の中で紹介されていてずっと以前から読んでみたいと思っていた本でした。

    父の言うなりな母を批判的に見てきた17歳のザビーネは、ゼバスチアンに恋をしてから自分も母と同じようにゼバスチアンに合わせていることに気が付きます。

    平凡な家族の中にも思いはあり、すれ違いがある。普通の家族の話だけに、身近に感じます。

    ザビーネの自立・成長と共に家族の成長も描かれているので、はっとするところがあるのでは。

    大人になっていく頃の少女の思いも丁寧に描かれていて、私はどちらかというとザビーネの母の思いに近い心情で読みました。

    YAジャンルになると思います。ドイツのお話ですが、日本の家族事情にも通じるところがあるお話だと思います。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


SNSで大反響“1歳半ぐらいの子どもの行動”あるある〜!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット