もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

モーディとくま」 みんなの声

モーディとくま 文:ジャン・オーメロッド
絵:フレヤ・ブラックウッド
訳:角田 光代
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2012年05月31日
ISBN:9784265850167
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,208
みんなの声 総数 3
「モーディとくま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こういう2人、いいな☆

    可愛らしい絵と色合いに惹かれて手にとってみましたが、開いてみると期待以上にお気に入りの一冊となりました☆
    モーディという名前の小さな女の子と、モーディと暮らすくまさんの、5つの小さな物語から成ります。(くまには名前がなく、モーディに“くまさん”と呼ばれています。)
    モーディは、おしゃまで甘えん坊で、ちょっぴりわがまま。
    でも、やることなすことかわいくてほほえましく思えるのは、きっといつでも傍に、優しくてモーディのすべてを受け入れてくれるくまさんの存在があるから。
    くまさんはモーディのお母さんのようであったり、お父さんのようであったり、時には友だちや兄弟のようであったり…
    2人のほのぼのするやり取りに、心が温まり、自然と笑顔になれます。
    そして、2人の関係がちょっぴりうらやましくも思えます。
    ダンスをするモーディの姿がおもしろくて、こらえきれずに笑い出すくまさんの姿が一番のお気に入りです。(もちろんモーディは怒ります。そして、一緒にダンスして仲直り♪)
    モーディが童話“3びきのくま”に迷い込むお話もおもしろい♪

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃまなおんなのこ

    挿絵の雰囲気がほんのり優しくて、こういう雰囲気、とっても
    好きです♪
    モーディはとってもおしゃまな女の子。
    でもモーディでなくとも、女の子っておしゃまですよね。
    自分じゃなんにもできないのに(笑)、いろいろと指図して
    みたり。「なかなおり」で描かれているように、笑われると
    (たとえ「かわいらしいな」と思って笑っても)、怒ってみたり。
    一緒に暮らすくまも大変だなって思いました。
    このくまはどんな存在なんだろう?
    おかあさんじゃ、絶対ないよね。
    どちらかと言ったらおとうさんに近いような気がします。
    モーディのわがままともとれるような物言いに怒ることも
    なく優しく対応していて。
    絵本におさめられた5つの小さなものがたり。どれも素敵ですが
    特に『3びきのくま』がモチーフになっていると思われる
    「おかえりなさい」が好きです。

    掲載日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い仲良しさん

    おてんばモーディとやさしいくまさんの不思議な暮らしです。
    おしゃまで、甘えっこで、わがままで…と、ごく普通な女の子のモーディのすべてを包み込んでしまう包容力のすごいくまさん。
    親でもなかなかこうはいきません。
    五つの物語の中で、とにかく二人のやりとりが楽しいのです。
    モーディも自分のわがままを通しているようで、実はくまさんに支えられていることに、いつか気づくのでしょうね。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / どこいったん / しーっ!ひみつのさくせん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット