大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

どうぶつしょうぼうたい だいかつやく」 みんなの声

どうぶつしょうぼうたい だいかつやく 作・絵:シャロン・レンタ
訳:まえざわ あきえ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年06月30日
ISBN:9784265850235
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろんな動物が出てきます

    図書館で2歳の息子が見つけてきました。
    どうして好きなものは見つけることが出来るのか不思議です。

    さて動物の消防隊!

    ヘラジカ君は最初の出動でも慌てず
    立派な仕事をします。

    コアラは寝ていたり、気を失ったり
    ちょっぴりまぬけかな

    亀さんのおじいさん249歳!!!
    ろうそくつけるのも大変!
    火事になるよね。

    補足も合わせて読むと勉強になりますよ。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵もストーリーもていねいな作り

    2歳8か月の車好きの息子に図書館で借りました。これで2度目。

    ストーリーは動物消防隊の1日の活動内容。
    今日から消防士となるヘラジカくんと動物たちの奮闘ぶりが描かれます。
    そして、ほのぼのするストーリーです。
    最後のヘラジカ君のツノの使い方は、ナイスアイディアだと思いました。

    意外にも消防隊のことがていねいに書かれています。
    消防署にはどんな部屋があるか、さまざまな道具の説明、
    2班に分かれて仕事をすること、消防活動以外の仕事内容、休憩や食事のことetc.…。
    外国のものではありますが、これで日本の消防署のことも大分わかるようになるでしょう。

    絵がソフトでかわいくて、細かくていねいに描かれています。
    囲みのように、ちょっとした消防に関する知識やエピソードがあったり、
    コマ割のような箇所があったり、表現にも変化があります。
    町中の俯瞰図のような見開きページも、とてもよかった。

    息子は、最初に借りたときより、喜んで何度も読み返していました。
    ホースを数人で抱えないと、ふりまわされてしまうことや
    キリンの頭からガラゴが降りられないシーンに、かなり興味をもっていました。
    2か月くらい前に一度借りたのですが、すごくくいつきがちがっておもしろかったです。

    絵もストーリーもていねいな作りでおすすめの1冊です。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 勉強になる。

    4歳長女が可愛い絵に魅かれて選んだ絵本です。いろんな動物たちがでてくるので、2歳次女も楽しんでいました。消防署でのお仕事、生活も描かれているので、「こんな生活してるのかー」と私も勉強になりました。新人のヘラジカくんが出てくるのですが、最後の活躍は見事です。ヘラジカならではです。でも笑ってしまいますよー。お勧めします。

    掲載日:2012/08/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 動く主人公たちは動物ですが、まさに人間の消防隊そのものを分かりやすく動物に直して絵本にしたような感じです。練習のしかたや、道具、やり方、助けたいという意思、緊急の呼び出し、などなど、よく伝わります。一番よく伝わるのが、みんなが他人を助けたいと思う気持ち。すばらしい絵本だと思います。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろんな動物の様子と消防のお仕事

    消防士さんのお仕事や消防署の様子が
    個性のある動物が表現してくれていて
    絵本らしく よくわかる内容だと思います。
    丁寧に描かれていて
    ユーモアもあり、楽しく読むことができました。
    出動のときには どうするのか?
    子供向きに理解を深めるきっかけになる絵本のような気がします。

    掲載日:2016/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとワンパターン

    「どうぶつこうむてん〜」が面白かったので、こちらも図書館で借りてみました。

    構成はほぼ同じ。
    動物は違いますがヘラジカくんが新人として消防隊に入る、という設定は同じでした。
    ちょっとワンパターンだったかな。

    私も息子も好きなのは町が見渡せるページ。
    だちょうがはまっていた排水溝やぶたが落ちていた穴もちゃんと描かれていて、町の様子がよくわかります。
    息子は走っていく車を指でなぞって楽しんでいます。

    掲載日:2016/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ぴょーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット