だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ナム・フォンの風」 みんなの声

ナム・フォンの風 作:ダイアナ・キッド
絵:佐藤 真紀子
訳:もりうちすみこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年11月
ISBN:9784251041883
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ベトナム難民の女の子のお話

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    表紙絵に惹かれて図書館で借りてきました。
    字体や物語の内容を考えると小学校中学年くらいから高学年くらいのお子さん向けの作品だと思います。

    主人公の女の子は、今オーストラリアに住んでいます。一緒に暮らしてしているのは家族ではなく、たまたま身柄を引き受けてくれたおばさん。
    彼女はベトナムの内戦を逃れて船でオーストラリアに漂着した難民の一人でした。
    両親やきょうだいと離れ離れになり、船でおじいちゃんを亡くした女の子(歳ははっきり描かれていませんが、たぶん10歳くらいだと思います)。その子が新しい土地で、新しい友達や周囲の理解ある大人たちに支えられ、前を向いて歩いて行こうとする姿を描いています。

    日本でも今でこそ、色々な国・人種の方が当たり前に住む国になってきましたが、それでもほかの国々に比べるとやはり、単一民族国家なので、この物語の主人公『ナム・フォン』のような子が、万が一自分たちの住む町に来たとしても、町全体でこんな風に暖かく支えることはちょっと難しいかもしれないなと、考えてしまいました。
    できることなら力にはなりたいですが…。

    オーストラリアという大陸ならではの文化的考え方なども何となく伝わる作品なので、世界の情勢に興味のあるお子さんたちは、どよんでみた欲しい作品です。

    掲載日:2012/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット