大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

トムとリリのとけいえほん」 みんなの声

トムとリリのとけいえほん 出版社:永岡書店
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784522800102
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,059
みんなの声 総数 2
「トムとリリのとけいえほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今、何時かな?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    トムとリリの一日を時計を見つつ、楽しみましょう。お友達のお誕生会、時間に遅れずに着けるかな?
    最初、娘は時計の針が動く仕掛けが面白かったらしく、ぐるぐるめちゃめちゃに動かして遊んでいました。
    長い針を動かすと短い針もそれに対応した動きをしてくれます。
    最初は1時間毎に時間が過ぎていくのですが、終盤では15分刻みや細かい時間も登場します。
    7時、8時…といった時間は少しは分かっているっぽいのですが、1時15分、1時30分…等、長い針が3に来ると15分と読むとかは今のところ分かってないっぽいです。よく見ると丁寧に1から59の数字も書いてあるので3を15分とするわけも分かってくるのでは。いつもこの本を読んでいるとだんだんと覚えてきそうですね。
    うちの子の場合は数字も20くらいまで覚えているかなどうかな、くらいなのでまあ時計を覚えるのはもう少し大きくなってからでも十分かな…。

    掲載日:2015/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての時計の絵本に最適

    絵本を読み進めながら、時計の長針を動かしていくと、時計の中央部にある小窓の絵が朝から夜へと変化していくので昼夜の区別も分かりやすい仕組み。
    幼稚園、保育園児の一日の生活に合わせたストーリーになっているので理解しやすいと思います。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット