ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

狼ばば様の話」 みんなの声

狼ばば様の話 作:柏葉 幸子
絵:安藤 貴代子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年02月
ISBN:9784062174886
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「狼ばば様の話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • つた子先生は相変わらずです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    『花守の話』、『狛犬「あ」の話』と続いて、今回は真冬の話です。
    なんと!つた子先生(瞳子のおばあちゃん)が宿屋のイベントの助っ人で昔話を話しちゃったりします(^^)

    瞳子はそろそろ、おばあちゃんの側いいると見えてくるいろんな不思議になれてきて、内心ワクワクしているようです。
    今回は温泉地が舞台。おばあちゃんに“昔話”にも登場する狼や雪女たちも登場します。
    雪女である《みふゆさま》はこの本の挿絵で見ると、瞳子と変わらない年頃の子のように見えました。
    けれども、おばあちゃんの話だと、おばあちゃんが瞳子くらいの年頃だった時から、人の姿をしているときはいつも“そんな感じ”だったそうです。

    実は今6月で、通年だと夏真っ盛りで暑い時期なので、こんな真冬の話はイメージがしにくいところですが、
    今年はまだまだ肌寒い日が続いていて、この雪景色の温泉地の話もすごく簡単に想像できました。

    楽しくて、読みやすいシリーズです。小学校の中学年くらいの方からお薦めします。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット