大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

くっくちゃん」 みんなの声

くっくちゃん 作:ジョイス・ダンバー
絵:ポリー・ダンバー
訳:もとした いづみ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784577031315
評価スコア 4
評価ランキング 18,389
みんなの声 総数 8
「くっくちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいい赤ちゃん♪

    くっくちゃんはとってもかわいい赤ちゃんです。
    ちょっといたずらなところもあるのですが,
    愛らしい表情で,冒険するんです。

    ごあいさつの「はじめまして」が
    とっても上手な赤ちゃんなので,
    とってもにくめない存在です♪

    絵がとてもカラフルで,目をひく感じです。
    一個一個の小物もかわいいので,
    こまかいところも,ぜひ見てくださいね!!

    ぜひ読んでみてください♪

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • お洒落な靴だなあ・・・

    とても可愛いくっくちゃんに心が和みます。

    とっても夢が観られる絵本です。

    孫は靴には、まだ縁がないので「靴」を知りません。

    もう少したったら、訓練用の靴を履くようになったらいいなあって希望

    を持ちました。

    くっくちゃんのあどけなさに癒されます。

    お空を飛ぶ鳥さんが緑色のブーツを履いているのでとてもユーモアがあ

    っていいなあって思いました。

    色彩豊な絵がお洒落だなあって感心しました。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 青い色が印象的

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    画家のポリー・ダンバー描く青い色がとても印象に残ります。青色が沢山使われているわけではないのですが、要所要所で使われている青が効果的です。また、絵の上に切り絵を貼り付けたりしていて、描かれているものの質感が良く出ていると思います。あかちゃんがくつにのって旅をするというお話も、この絵のおかげでより一層楽しいものになっています。
    あかちゃんが旅して行き着いたところは、おかあさんとおとうさん。幼い子どもたちも安心して読むことのできる絵本です。

    掲載日:2009/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切り絵

    表紙の幻想的な漢字に魅せられてこの絵本を選びました。とても効果的に切り絵を使っていて、作者自身も楽しんで作品を作っている事がありありと伝わってくる絵本でした。私の好きな場面は桃色インコの場面です。桃色を表現するのに一色ではなく何色も使って時には対極の色も使って色を表現している所に魅力を感じました。細かな所の色のこだわりがこの絵本をより魅力的にしているのだと感じました。赤ちゃんを抱き上げる両親の笑顔が素敵でした。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの冒険

    • 花ぶらんこさん
    • 40代
    • ママ
    • 大分県
    • 男の子12歳、女の子9歳

    とってもお洒落な靴の中に入り込んでいる赤ちゃん。
    そしてあちらこちらへと冒険します。
    空を飛んでみたり、王様や王女様にご挨拶したり。
    イラストがとってもカラフルで鳥が登場していても
    何だか鳥じゃないみたいな姿かたち....。
    訪れれる先々で「はじめまして」っと
    声をかけるくっくちゃん、できたら「こんにちは」の方が
    親しみやすいかな〜。
    娘はとにかくくっくちゃんの丸みに
    「可愛い〜」の連発でした。

    掲載日:2008/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフル!!

    主人公のくっくちゃんは、小さなくつに乗った赤ちゃん。
    そのくっくちゃんは我が家のわんぱくベビーにそっくり。

    カラフルな世界と夢のようなお話に、我が子は目がぱっちり見開くほどお気に入り。何度も読み聞かせています。
    カラフルなのにやわらかい絵のタッチも好き。
    最後の大女と大男が、実は両親だったという「落ち」もちょっと気に入っています。

    掲載日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心がなごみます

    まず表紙を開くとかわいいハートが沢山のページ。
    コレに男の子も女の子もハートがいっぱぁい!!と
    大喜びして、このお話に入っていきました。

    くっくちゃんが何でも変身する靴の乗り物に
    乗って大冒険。
    靴が大好きな乗り物に変身する事だけでも楽しい!!
    のに、出てくる動物たちのイラストがかわいすぎますっ。

    ユニークで、それでいてどこか温かい
    何だか心の和むイラストでした。

    くっくちゃんの、「はじめまして」のご挨拶に
    私は「こんにちは」も付け加えて読んでいましたら
    くっくちゃんがご挨拶するたびに、子どもたちも
    「はじめまして」「こんにちは」と、お返事して
    聞いてくれていました。
    そのやり取りもとっても楽しくて
    温かい気持ちで読み終わるコトが出来ましたよ。

    掲載日:2007/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なお話

    くつの中にかくれた主人公くっくちゃんがそのくつに乗って
    いろんなところに行き「はじめまして!」というお話。
    この“はじめまして”という言葉をよく使う感じが外国の
    絵本だなと思いました。“おはよう”“こんにちは”など
    もっとこどもに使ってほしい言葉だったらよかったと
    思いました。

    掲載日:2006/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット