キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

パンやのコナコナ」 みんなの声

パンやのコナコナ 文:どい かや
絵:にき まゆ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年06月
ISBN:9784893095398
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,559
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 金色に実った畑には色々な虫もいます

    森の中のパン屋、コナコナさんとおくさんのコネコネさんの
    物語です。
    とっても美味しいパン屋さんで、大きい動物も小さい動物も
    みんなお客さんです。
    ここのパン屋さんのすご〜いところは、昔ながらの自然な作り方だと
    言うことかな。
    小麦の種を蒔き、丁寧に育ててみんなで刈り取った小麦は
    石臼で挽かれます。
    それから、森の木の実から生まれて来た天然酵母がお手伝い。
    大きなかまどで焼いています。
    香ばしい良い匂いがしそうな絵本でした。
    金色に実った畑には、色々な虫さんもいます。
    幸せな美味しいパンのお話でした。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食育には不向きですよ。

    息子にお友達がプレゼントしてくれた本です。
    息子はパンの絵本は大体好きです。
    この絵本も喜んで繰り返し読みました。

    しかし。
    どうしても気になることがあります。
    夜の間に、酵母が膨らんで生地が大きくなるという記述です。

    酵母は膨らむものではありません。
    酵母は生き物です。
    酵母は増えるのものです。
    糖を栄養として、数が増えます。
    糖を栄養として、ガスを出します。
    そのガスが、
    小麦タンパクからできるグルテンという薄い膜の中にたまっていき、
    生地が膨らんでいくのです。

    この行程を、
    「酵母が膨らんでパンが大きくなる」としてしまうのは、
    あまりに乱暴で、ちょっと許しがたいものがあります。

    実はほかにも気になることがたくさんあります。
    でも。ぐだぐだ言うのはやめます。
    食育には不向きであるということをだけをお伝えします。
    息子に読んであげるときは、
    酵母の行程をいつも、「ほんとはこうだよ」と訂正を入れながら読まなければなりません。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本 大好きです。

    私はもう50代後半ですが、
    とにかくパン屋さん巡りが大好きなんです。
    焼きたてパンの美味しいお店がいっぱいある神戸に
    住んでいるので、パンの出てくる絵本は大好きです。

    森の可愛い動物や パン屋さん、
    パンの絵が出てくる絵本はたくさんありますが、
    こちらは自家製の小麦を植えて
    大切に育てて 収穫、
    酵母も木の実を集めるところから。。
    パンが出来上がるまで
    待ち遠しいところは私にまで伝わってきます。
    私はパンを買いに行くのはすきですが
    自分では作ったことがないので、
    パン屋のコナコナの作業に感動しました。
    私もぜひ買わせてください!そんな気持ちになりました。

    掲載日:2016/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンをほおばるとびきりの笑顔

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    出てくる動物たちがみんなかわいらしくて,見ているだけで幸せな気分になってきます.
    パンやはパンやでも,コナコナのぱんやのすごいところは自分の畑で育てた小麦を使ってパンを焼いているところ.そんなパンやさん,私は今まで出会ったことがありません.あったら絶対行くのになと思います.
    読んでいくと,小麦の育つ様子からパンを作る工程と,おいしいぱんが出来上がるまでの流れが分かります.読んでる私もどんなパンができるのかなと,どんどん楽しみになっていきました.
    出来上がったパンをほおばるみんなの笑顔が最高です.

    ああ,コナコナの作ったパンのようなおいしいパンが食べたくなってきちゃいました.

    掲載日:2016/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小麦からのパン作り

    パンを焼いて、森のみんなと食べるという
    とてもシンプルな展開ですが
    この本は、小麦の種をまいて育てるところから始まります。
    どいかやさんの
    とても温かみのある、そしてとても細かい絵が
    ふんわりとしたパンの持つイメージにぴったり。
    あぁ、
    焼きたてのパンが食べたくなる一冊です。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 焼きたてパン

    コナコナとおくさんのコネコネ夫妻が夫婦で楽しんでパン作りをしているのが伝わってきて夫婦っていいなあって思いました。小麦作りからだからパン作りへの愛情が特別なんだと思いました。焼きたてパンをほうばる動物たちの笑顔が本当に幸せそうで、美味しいものって人を幸せにするんだと思いました。

    掲載日:2014/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛情たっぷりのコナコナパン

    コナコナさんとコネコネさんの夫婦
    小麦を種から育てて 収穫して粉をひいて 木の実で酵母を作って
    時間をかけて 愛情たっぷりのパンやさんです(作り方も丁寧にかいてある)

    このんなパンやさんあこがれますね  もちろん森の動物たちもみんなが楽しみにしていて おてつだいしてふかふかパンが焼けました

    「わ〜おいしそう」みんなの顔がニコニコ顔で 幸せいっぱいで〜す
    そして なによりみんなで楽しく食べるのが 一番ですね!

    食は文化です  この絵本のように愛情込めて小麦を育てる
    安心安全の小麦のパン 

    パン作りの一番大切な 仕事ー コナコナさんは パンに二密のおまじないをかけるのです  

    おまじないのうたいいですね

    ツチニ タイヨウ アメトカゼ  コナト コウボト ミズト オシャベリ   ミンナイッショニ
    ・・・・・・・
    このヒミツのおまじない  なかなか いいですね! 大事なことがいっぱい詰まっているんです

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそうなパン

    4歳6歳の娘たちに読みました。とにかく絵がとっても可愛い。そしておいしそうなパン。おなかが減ってきてしまいます。

    パン屋のコナコナとコネコネ夫妻はパン屋さん。自分たちで作った小麦でパンを作ります。小麦の作り方から、そこからパンができるまでの過程がとても可愛らしくわかりやすく描かれています。我が家ではパン焼き器で食パンを作ることがありますが、娘たちは直接パンを練ったりしたことがなかったので、これからコネコネさん家みたいにパン作りを楽しんでみようと思います。

    掲載日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンが食べたくなる本

    • みそぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳

    まず、絵があたたかくやさしい色使いです。
    パンを作るのはなんとこむぎを育てるとこから始まります。
    ピカピカの小麦が採れるところまで大切に描かれています。

    それから酵母を作ってパンをこねて1晩寝かせるんですが、ここでとっておきの秘密のおまじないをかけます。
    すると朝にはおいしいまんまるのパンができあがります。
    森の仲間のおすそ分けで3種類のおいしいパンを焼きあげます。

    1つのパンにこれだけの手間と愛情をかけて作るパンはすっごくおいしそうで、パンが食べたくなってきます。

    掲載日:2013/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自家製です

    パンを作るお話はよくあるのですが、この絵本のパン作りは粉から作っていました。うちの子は粉になってか麦粉しか見たことがなかったので、麦がたわわに実っているページに驚いていました!!今ではうすで引いたりとかなかなかできないので、こういった絵本で昔の事とかも学べていいと思いました。

    掲載日:2012/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット