ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ばらいろの童話集」 みんなの声

ばらいろの童話集 作:アンドルー・ラング再話
訳:川端 康成・野上 彰 編・訳
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784035510703
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白いおはなしがいっぱい!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    先日同じラングの全集の「1・みどりろ…」を読みましたが、2巻目のこちらの方が個人的には好みのお話が満載でした。
    田田、1巻に比べると、1話1話がやや長めなので、あまり小さなお子さんだと、話が長くて飽きてしまうかもしれません。
    ひとり読みなら小学校中学年くらいの物語好きのお子さんたちにお薦めしたいです。
    タイトルや表紙の挿絵からも何となくわかるかもしれませんが、この2巻には「王子さま」や「お姫さま」がたくさん登場し(王さまやお妃さまの場合もある)、
    冒険や魔法使いとの戦いの旅に出るお話が多かったので、どちらかといえば、ロマンチックなハッピーエンドが好きなお子さんに一番お薦めしたいです。

    この『童話集』は(1巻の感想にも書きましたが)、
    童話集というより、ラングが当時集めた世界各国の昔話や民話をラング流にまとめた昔話集です。
    なので、どの話もどこかで聞いたことのあるようでもあるし、いろんな昔話が混じっている(?)と思うようなお話もありました。
    特に気に入ったのは「けもののことば」と「「花をつんでどうなった」でした。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット