うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

チョウスケとおつきさま」 みんなの声

チョウスケとおつきさま 作:劉郷英
絵:張治清
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2005年10月
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,567
みんなの声 総数 9
「チョウスケとおつきさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほのぼの

    頂き物です。

    絵も内容も可愛らしい。
    チョウスケのほのぼのさがなんともいえません。
    癒されます。

    小さい子に読んであげると、チョウスケと一緒になって「なんでだろう?」って考えてくれるので楽しいです。
    もう少し大きな子に読んであげると、つかみどころのないお月様の理由もちゃんとわかってくるから、それはそれで面白いです。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのでこの絵本を選びました。帳さんの絵が細かな部分までしっかりと書き込まれているので素晴しいと思いました。主人公が自分が生きていることに喜びを感じ、与えられている情況にしっかりと感謝の気持ちを持って生活しているのが良いと思いました。夜の散歩の魅力を再確認できる絵本でした。主人公の優しい気持ちに心が温かくなりました。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2つのおつきみ

    水に映ったお月様を家に持ち帰ってしまうチョウスケが凄いと思いまし

    た。最後まで、成功するまで諦めないでトライするチョウスケに感心し

    ました。お家の前で2つのお月様を見ながらのお月見が羨ましくなりま

    した。ねずみさん家族とかえるさんも参加してのお月見に、それにご馳

    走をお腹いっぱい食べたのが羨ましくて仕方ありませんでした。

    ねずみさん家族もかえるさんたちもずーと最初から、チョウスケを温か

    く見守っていたんだから、一緒にお月見が出来てよかったです。

    みんなで裏表紙まではしゃいでいる姿が印象に残っています。

    とても微笑ましく和やかな雰囲気に癒されました。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとぼけちょうすけ

    『こぐまのチョウスケ』の続編なのかな。
    最近娘はこの2冊がお気に入りです。
    今回は池のうつるお月様を連れ帰るため涙ぐましい努力をするお話。
    前作同様お間抜けな感じなのですが、それがとてもかわいくほのぼのします。
    桶に救い上げたお月様で、お月見しながらお食事なんて
    なんだか我が家でもひそやかに楽しめそうなイベント(^^)
    いい気持ちの季節の満月の夜に、試してみようかしら・・・。

    掲載日:2009/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当につかまえた!

    水に映ったお月さま・・・子どもならきっと1度はとってみたいなあ、と思うことでしょうね。空に浮かんだ月も同様に、「お月さまにふれてみたい」という子どもの願いを描いた絵本はたくさんありますが、たいていの場合、手が届かなかったり、手のひらにすくったはずが、こぼれ落ちてしまったり・・・。チョウスケのように、桶の中に入れて、“ 本当につかまえてしまう”というお話は、案外少ないのではないしょうか?家の前まで持ってきて、“2つのお月さま”を並べてお月見をする、というのが、なんともかわいらしいですね。娘は、チョウスケが桶を持ちながら転んでしまう場面で、「足のおつめが長すぎるから、転んじゃったんだよ」と言ったり、桶の中に入ろうとしているカエルを見て、「だめだよ、お月さまが、消えちゃうよ。お月さまは、ふわふわだから」と、言ってみたり・・・娘の感想を聞くのも、同じくらい楽しいです!

    掲載日:2008/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な存在?

    月ってとても不思議な存在。
    とれた筈なのにとれない。空にも水の中にもいる・・・。
    チョウスケでなくても欲しくなる。

    チョウスケは色々な方法で月をとろうとします。
    でも・・・。
    どうしたら月がととれるか考えるチョウスケがとても可愛くて賢くて子供と一緒に思わず応援したくなる。

    暖かい気持ちになれる1冊です。

    掲載日:2008/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なお話

    • ぽー嬢さん
    • 30代
    • せんせい
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    池に映った、お月様を家に持って帰ろうと頑張る、かわいいお話です。
    子どもが一度は考え、そしてやりそうなことですよね。
    失敗しても、めげずに次の作戦を考え、どうにか持って帰るチョウスケ…ラストもほのぼので、素敵なお話です。

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!

    すごくかわいいお話です。
    あまりにも月がきれいだから、お散歩にいく。
    そして池の中で月を発見!綺麗だから、それをもって帰って家でお月見をしようとする。
    『パパ、おつきさまとって』や『つきのぼうや』のように、月を持ち帰ろうとするクマに息子は、「持ってかえれないのに!!」といいながらも、すごく嬉しそうにお話を聞いていました。
    どうするんだろう?どうするんだろうと思いながら、最後まで楽しんで聞いていました。

    掲載日:2006/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • チョウスケにエールを送りたくなります

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、男の子5歳

    こぐまのチョウスケが、池に映ったお月様を何とか家にもって帰ろうとします。
    最初は手ですくおうとして、次はざるで、最後が桶!
    一生懸命考えて、何とか家に持って帰ろうとするところがすごいです。
    考え付くところもすごいですが・・・。

    持って帰っても、家の中に入るとお月様は消えてしまいます。
    このところが子どもは大好きで、お風呂で、まねをします。
    桶ではなく洗面器に水を汲んで、
    「あ、消えちゃった。また出てきた〜!」とまねっこをして大騒ぎ。

    うちの子も、チョウスケと同じで、池に映っているお月様、何でなのかわからないんですよね。
    でも、そうやって純粋に思えるところも素敵だな、って思います。
    前作に比べてちょっとは成長していると思われるチョウスケに、エールを送りたい気分です。

    掲載日:2005/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット