ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

やだやだくまちゃん」 みんなの声

やだやだくまちゃん 作・絵:あかいし ゆみ
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2012年04月13日
ISBN:9784052035753
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 先に「あらあらくまちゃん」を読んで気に入ったようだったので、
    2歳のお誕生日に購入しました。

    やだやだ言ってばかりで、まるで息子みたい、
    と私が思って選んだのですが、
    読んであげると息子自身も、まるで自分みたい、と思ったようです。

    一日イヤイヤの激しかった日は必ず寝る前に持ってきます。
    イヤイヤ言いたくないのに言ってしまった葛藤を、
    この絵本に癒されているようです。

    時々、「やだやだ○○ちゃん」と息子の名前に変えて読んであげると、
    嬉しそうに黙って聞いていたり、
    「違うよーくまちゃんだよー!」とニヤニヤしていたりしています。

    このくまちゃんのお母さんも、かわし方が上手なのです!
    私はイヤイヤ期初期〜中期、このかわし方でだいぶ乗り切りました。笑

    イヤイヤ期のお供に、お友に、是非おすすめの一冊です。

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ある意味素直?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    やだやだ!が得意ないやいや期真っ盛りの2歳児に読みました。
    このくまちゃんは何を言ってもやだやだ、という反抗期。
    「ねていましょう」と言ったら「おきる」と言うし、ある意味素直なのかなーと思ってしまいました(笑)。
    このくまちゃんのおかあさんが「うまい」んだろうなー。
    反抗期の子供をうまくあつかうこのおかあさんには私が参りました。
    弟子入りしたいです。

    掲載日:2014/01/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / あおくんときいろちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット