なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

いっくんのでんしゃ」 みんなの声

いっくんのでんしゃ 作・絵:のぐちくみこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2004年
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,222
みんなの声 総数 14
「いっくんのでんしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 自分の電車

    自分が運転手になって電車でお出掛け。
    すごく楽しいです。
    駅に着いたら海で泳いだり
    葉っぱでかくれんぼしたり。
    ただ走るだけじゃなくて、運転手も一緒に遊ぶのがいいですね。
    電車が好きな子にはわかりやすくて
    そんなに長くないので
    二歳でも大丈夫でしたよ。

    掲載日:2011/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一目ぼれ

    でんしゃがテーマだったので

    古本屋でみつけて、即買いました。

    でも読んだらそってもステキな話でした。

    しかも絵が色鉛筆で塗ったその感じが

    とっても優しくてお気に入りです。

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本は読むものではなく見るものだった息子(電車大好き)が
    初めて読んで聞かせてくれとせがんできた本です。

    『いっくん』を息子の名前にかえて読むのが決まりです。

    いっくんがお部屋で電車で遊んでいるところから始まり
    いっくんが電車を運転して小さな沢山のお友達と
    海へ山へと色んな駅へ出かけ遊び
    終点のいっくんの部屋駅へ戻ってくるお話。

    お出かけ中のアイスクリームを食べるシーンで
    大盛り上がりです。

    電車の中でお風呂に入るのも
    衝撃だったようで毎回『お風呂?!』と質問してきます。

    きっと息子は自分で運転しているかのように読める
    文章と絵に引き込まれているのだと思います。

    現在残念ながら入手不可能なようですが
    児童センターの味の出た本を読みに行っています。

    出来れば思い出に手元に残しておければなぁと思う一冊です。

    掲載日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車の中にお風呂が!

    自分の好きなところへ連れてってくれるいっくんの電車に乗りたいです

    なんだか読んでいて嬉しくなる絵本でした。

    優しい絵がとても穏やかな気持ちにさせてくれました。

    色鉛筆書きのような柔らかいタッチの絵が、ファンタジーの世界へ誘っ

    てくれました。

    私は、電車の中のお風呂がとても気に入りました。

    海を眺めながら入るくじらさんのお風呂が楽しそうで、子供にかえった

    ような無邪気な気持ちになりました。

    掲載日:2010/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • いごこちのいい乗り物絵本です!

    年中向きとありましたが、乗り物好きな息子が2歳の時に読み始めました。色鉛筆を使った絵本で、トンネルの中の黒以外、暗い色がなく、とても優しいタッチの感じの本です。
    乗り物の絵本としてだけでは2歳でも充分楽しめると思います。

    私がこの本を好きなのは、いっくんがまだ一人っ子なのでしょうか、床に寝転がってプラレールみたいな遊びをしている時に、しっかりと片腕には“あひる”のぬいぐるみを抱いているところです。

    また、いっくんの運転する電車の乗客はすべて、いっくんのお友達であろう、ぬいぐるみ達なのです。そのぬいぐるみ達が、それぞれ思い思いのことを電車の中でも、到着地の海や山でもやっているのが微笑ましいです。

    どなたかも感想に書いていらっしゃるように、まるで我が子が遊んでいるところを絵本にしたみたいな錯角に陥ります。それで、子供自体もこの本が好きなのかもしれません。

    乗り物以外のページにも興味が出てくるのは、やっぱり3歳以降かも... 読んでいる最中から優しい感じのする乗り物絵本も貴重(?)ですから、機会があったら是非、読んでみてください。

    掲載日:2008/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢の電車です

    電車が大好きないっくん。おもちゃの電車を眺めているうちにほんとに夢の電車のたびに出発して冒険です。
    色鉛筆のような淡い色彩がほのぼのとしていて、電車好きの子どもが
    「こんな電車あったらいいな」
    と思い描きそうな夢の電車です。
    うみのえきでは泳いだり、海の中を走ったりアイスを食べたり・・
    電車にお風呂?
    とっても気持ちよさそう!
    そしてやまのえきのフワフワの落ち葉。
    とっても気持ちよさそうなお布団。

    是非シリーズで又違う冒険絵本を描いていただきたいと思うほど夢がいっぱいの絵本でした。

    掲載日:2008/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しかったね〜

    電車好きないっくんが電車の車掌さんになって
    海や山へ・・・
    楽しい電車の旅を子供達も楽しそうに
    聞いてます。
    「電車にお風呂もある〜」と下の子が嬉しそうに
    見入っていました。

    こんな電車があったら乗りたいなと思う、のんびりとした
    気持ちがほのぼのする絵本です。

    掲載日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな電車あったらいいな

    • リヨンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子0歳

    いっくんという男の子が電車の運転手になって、海駅や山駅へ行って遊びます。
    たこのトンネルをくぐると、もうそこは海駅。海水浴やすいかわり、アイスクリームを食べたり思いっきり海を満喫します。
    また電車に乗って、今度はどんぐりのトンネルをくぐると山駅に到着。一面、落ち葉のじゅうたんで、転げまわったりかくれんぼをして遊びます。
    そして、最後はいっくんのへや駅へ帰ってきておしまい。
    乗客は、いっくんの友だちの動物や鳥などで、駅に着くと一緒に降りて遊びます。
    絵は色鉛筆で描かれていて、素朴でかわいらしく、ほっとする感じです。
    ちなみに私の弟(息子たちのおじさん)が“いっくん”なので、馴染みのある名前に親しみを感じたようで喜んで何度も読んでいました。

    掲載日:2007/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのしちゃう♪

    とっても可愛らしい絵本です^^☆
    おもちゃの電車を手ころがしで遊ぶ男の子が
    次第に空想の世界で電車を走らせます。
    自分達もその電車に乗っている気持ちになるのかなぁ?
    長男も次男も大好きで何度も何度も読んでいる絵本です。
    中表紙の男の子の姿なんて我が子そのもの!(笑)
    我が子達が電車遊びをしているときも
    こういうことを想像しながら遊んでいるのかなぁ。。
    なんて考えるとほのぼのしちゃいます♪

    掲載日:2007/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の世界そのもの

    読みたいなあとずっと思っていた絵本の1つです。

    うちの息子はこの頃すごく空想しているようで、「夢の中でな〜、○○したねん!」というのが口癖。
    このいっくんの電車もまさにそんなのがお話になったものだと思います。
    だからかなあ、子供の大好きな電車、水遊び、かくれんぼといった要素があり、ページをめくるたびに次はどんな遊びかなあ〜とわくわく感があり、とっても好評でした♪

    掲載日:2006/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット