あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

しょうぶだ!!」 みんなの声

しょうぶだ!! 作:きしら まゆこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年08月08日
ISBN:9784577040423
評価スコア 4.19
評価ランキング 16,460
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 反対言葉

    絵が可愛くて手にとりました。繰り返しのお話で大人からすると「あ、またこうなるのだろうな。」と簡単に予測できてしまいますが、息子に「どうなると思う?」と聞くと、「うーん、やせていて、、、弱いから、、、」といろいろ考えていました。次から次へとでてくる動物達はそれぞれ反対の言葉で表現されています。力の弱い牛と力の強い羊、足のおそいうさぎと足の速いかめ、、、、反対言葉が何気なく頭に入っていきます。海外で育っている息子にはいい言葉遊びでした。幼児からぜひお薦めの絵本です、
    勝負をする楽しさやライバルがいることの素晴らしさも感じ取ってもらえるといいな、と思いました。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • いい勝負(笑)

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    威勢の良い題名に惹かれました。
    で、どんな勝負?
    仲間内では、強すぎたり弱すぎたりで、相手がいない者同士が勝負するという、
    ちょっと斬新な発想です。
    見た目が強者の弱い代表、見た目が弱者の強い代表が勝負するという訳です。
    ちょっとややこしいですが、なるほど、いい勝負(笑)。
    その3組が、ラストでは仕掛け仕立てで綱引き!?
    ええ、やはり・・・。
    でも何だか、ほのぼの。
    みんなの笑顔がそれを物語っています。
    この清々しさ、いいですねえ。
    幼稚園児くらいから楽しめそうです。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • あべこべ勝負

    このお話は、普通とは反対の動物同士のも白い対決を描いたお話でした。例えば、足が速いカメと足の遅いうさぎが競争して決着がつかないといった感じの勝負です!どの勝負も引き分けだったのですが、いつもとは違った勝負がうちの子のツボにはまっていました。

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力が抜けちゃいました〜

    勇ましいタイトルに、どれどれ〜と、身を乗り出して開きましたら〜、最初の見開きから、力が抜けちゃいました〜。

    今まで読んだことのない、楽しい設定です。
    とっても力の弱い牛VSとっても力の強い羊。
    さてさて、どんな勝負をするのか?軍配はどちらにあがるのか?
    ワクワクニヤニヤしながら読み進めました。
    この後も世紀のユニークな対決に笑いっぱなしです。

    ひきわけ″っていう言葉を、この作品で覚えちゃうお子さんもいるのではないでしょうか。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い発想♪

    ちからの弱いウシと、ちからの強いヒツジ。
    あしの遅いウサギと、あしの速いカメ。
    痩せたブタと、太ったリス。
    しょうぶをしたら、どっちが勝つ!?

    面白い発想です♪
    どっちが勝つのか、見てみないと、やってみないとわからない。
    名勝負です!

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良し♪

    ここに出てくる動物たちは、勝負が大好き!!
    いろいろな勝負をするのですが、なかなか決着がつきません。
    勝負をしているけれども、仲良しな感じがとってもよいと思い
    ました♪
    仲良く勝負ができるといいですよね!
    最後はみーんなで勝負をするのですが、やっぱり決着は
    つきません(笑)!!

    掲載日:2015/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライバルがいるのも大切!

    個性は大事です,人生勝ち負けではありません,という前提を置いて。
    ライバルがいることの楽しさ大切さが伝わってくる絵本でした。
    うしとひつじ/うさぎとかめ/ぶたとりすの勝負が描かれていますが,動物と競技が変わっただけで結果は繰り返しなので,繰り返しが好きな小さなお子様でも楽しめると思いました。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい勝負!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    牛と羊のうでずもうというと牛が勝つでしょ!と思いますが、このお話では力の弱い牛と力の強い羊といった感じの勝負です。他にも足の遅いウサギと足の速いカメの勝負等々。発想が面白いですね。
    いくら力が弱いと言っても強いと言っても牛と羊ならやっぱり牛が勝つのでは?と思いつつ読みました。さてしょうぶのゆくえは?

    掲載日:2014/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勝負の結果がほほえましい

    コミカルで親しみのわくイラストです。
    画面がシンプルなので、お話に集中できます。

    展開も分かりやすく、素直に楽しむことが出来ました。

    動物たちの、勝負の結果がほほえましい。
    勝ち負けだけではなく、
    頑張ること、友達と触れ合う事が大切だと思いました。

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアがあります。

    • おゆみさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    足の遅いうさぎと足の速い亀が引き分け〜...という設定がユーモアがあって面白かったです。
    3歳4ヶ月の息子はこの面白さの意味が分かっているのかは良く分かりませんが、楽しんで聞いています。


    最終的に、みんな引き分けで、平和で良いですね(^^)
    (いつも1番が良いという息子に「引き分け」という言葉を教えるのにちょうど良かったです。)

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.19)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット