ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

白銀の馬」 みんなの声

白銀の馬 作:リンド・ウォード
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1974年12月
ISBN:9784572002037
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,538
みんなの声 総数 1
「白銀の馬」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 言葉の変わりに。古代の絵文字のように。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    ちょっと前に同作者の「おおきくなりすぎたくま」を読みました。とってもよかったので、作者の邦訳されていたもう一つのこの作品を図書館で探してきました。

    とても幻想的で素敵な物語でした。
    ただし、台詞(文字)は一言もありませんでした。
    全てのページが絵だけで物語れていました。
    ストーリーは7章に分かれていて、それぞれ星の数で区切りをつけていました。こういう表現の仕方もあるんだなぁと、驚きました。

    内容は男の子と(たぶんペガサス)馬との友情と冒険のお話です。
    ページ数はなんと175ページ!言葉の代わりにというより、古代の絵文字のようにすべてを絵で表現しているので、こんなすごいページ数になってしまったんだろうと推測できます。
    各ページとも、全く手抜きなしの見応えのある絵でした。
    馬の好きな人、絵に興味のある人はぜひ一度手にしてみてください。
    なかなか見応えがあります。

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット