ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

そうじきのつゆやすみ」 みんなの声

そうじきのつゆやすみ 作:村上 しいこ
絵:長谷川 義史
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2012年06月22日
ISBN:9784569782294
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,397
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • そうじきの気持ち

    【子どもレビュー】(小6・女の子)
    このお話を読んだら、わたしの家の
    そうじきは、おし入れの中にしまってあるので、
    さみしいかもしれないなと思うように
    なりました。それに、ほこりばっかり
    食べていたら、魚を食べたくなるのも
    とうぜんだなと思いました。
    そうじきが、うるさい音をたてるのも、
    かまってほしいからかもしれません。


    クリックして拡大

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • そうじきがしゃべった!

    ある日ゴミパックにつりでつかうどうぐがつまっていた。それをとろうとするとそうじきがしゃべった。
    このおはなしをよんだとき、そうじきはこんなきもちでそうじをしてもらうのをまっているのかな?とおもった。
    わたしは、おはなしのようにつゆやすみになったらいっしょにあそびたいなとおもった。

    掲載日:2014/09/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 梅雨休みっていいかも

    『れいぞうこのなつやすみ』や『テレビのずるやすみ』など、「わがままおやすみシリーズ」は、子供達が好きでよく読んでいます。
    「春休み」、「夏やすみ」、「冬休み」「秋休み」はありますが、季節バージョンはもう終わりかな?と思ったところに、「つゆやすみ」と聞いて、なんだか私たちにも「つゆやすみ」があったらいいのにと、思いました。
    つゆやすみに魚釣りに行きたいと言い出したそうじきのおじいさん。家族で釣りに出かけることになります。家族にとっても良いお休みになって、良かったなと思いました。
    まだまだシリーズの続編を見たいです。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • わがままおやすみシリーズ

    家族の会話、コミニケーションが最高にいいので羨ましくなります。最初から最後までとても楽しくて面白くて笑えるし、いじめっ子まで優しいのでこのシリーズの大ファンです。掃除機がしゃべってくれるといいなって思いました。我が家の掃除機はなにがいいたいのかなあと思うだけでも楽しくなります。長谷川義史さんの絵も楽しいです。

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電化製品も家族の一員

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    8歳の息子と読みました。
    「わがままシリーズ」はこれで4冊目となる私と息子。
    そうじき、おとうちゃん、おかあさんと子供の面白い掛け合いには
    毎度のことながら笑わされます。

    「つゆやすみ」なんて実際にはないけど、
    「つゆのなかやすみ」に仕事を休んで、
    こうして釣りにいくのは楽しいだろうなぁ。

    我が家は誰も釣りはしないけれども、
    気合入れて掃除しようと思ったお母さんが一転、
    みんなでレジャーにでかける家族の姿がとっても素敵でした。

    最後に、そうじきから魚拓がでてくるのが、
    主人公の男の子と、掃除機との絆を感じます。

    電化製品も家族の一員。
    そういう眼で電化製品を見ると、
    大事に、使ってあげようと思うようになりますね。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくて、心もほっこりする素敵なお話!

    図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと読みました。

    この『わがままおやすみシリーズ』、春・夏・秋・冬と、
    お話が出てしまっていたので、もう次はないのかと思っていたら!
    なんとまぁ次は「つゆやすみ」!!(^^)
    そんな休みあるのか〜?!と思っていたら、
    おかあちゃんも『つゆのなかやすみ』ならあるけど〜!と突っ込んでいました(笑)。
    そうか、そこから来たんですね(^^)♪

    今回は、つり名人のそうじき・ひでじいさんと一緒に釣りに行くお話です。
    またまたいじめっこも登場しますが、みんな優しいですね!
    そして最後にひでじいさんのお腹から出てきたものに…びっくり!!(^^)

    楽しくて、心もほっこりする素敵なお話でした(^^)。
    大人にも子供にもおススメのシリーズです!!

    掲載日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  •  梅雨の中休みのある晴れた土曜日の朝。
     まさに掃除日和です。
     ところが、けんいちくんの家では、また事件。
     掃除機が動かず、ゴミパックを取ろうとしたら、手も足も生えた掃除機が、おっきな目で話し始め、・・・。
     
     なんと今回の掃除機さんは、おじいさん。
     名前は、ひでじいさん。
     梅雨休みを取って、「一緒につりに行こう」とけんいちくんたちにせがみます。

     掃除機のひでじいさんとけんいちくんの釣競争が盛り上がってきた頃、いじめっ子の登場で、大蛸騒動へと突入。
     お話はとんでもない展開へ。

     ラストでもひでじいさんがいい味を出してくれるんです。

     読み応えたっぷり。
     低学年の一人読みだけではなく、字が読めるようになったお子さんとご一緒にお楽しみください。

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近

    この話は掃除機が人みたいになって登場してくるのですが、どこの家にも掃除機はあると思うのでとってもイメージがしやすくって面白いと思います。今ではうちの子も自分の家の掃除機もこんな感じにいつかしゃべってくるって思っています。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の感想です。

    このシリーズはおもしろくて大好きです。
    今回は、子供の感想です。

    いっしょに魚を食べれてよかったね。本当はいっしょに魚を食べたかったけど、ついつい、いじになってしまったんだね。私もいじになるもん。私はけんいち君みたいに、むかえにきてほしいなぁ。だから、私もそんな時は、迎えに行ってあげよう。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘もファンに

    • こりえ♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    「わがままおやすみ」シリーズももう5作目なんですね。
    今まで私一人で楽しんでいたのですが、最近ちょっと長めのお話も聞けるようになったので、娘も一緒に読みました。

    いろんなおやすみがありましたが、今回はつゆやすみ。
    そうじきがつゆのなかやすみのときに、つゆやすみを欲しがります。笑
    いつものようにテンポが良く、笑いどころも満載。
    でもそれだけではなく、ほんわかと優しい気持ちになれる場面もあります。

    娘にはどうかなと思ったのですが、たくさん笑っていました。
    特に、背中についたタコを引っ張る場面。
    「おおきなかぶ」のワンシーンを思い出しました。

    どうやら娘もこのシリーズのファンになったようです。
    これからも、どんなこじつけでもいいです。
    おやすみシリーズ続けてほしいです。

    掲載日:2012/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのにちようび / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット