モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ひみつのたからチョコラーテ」 みんなの声

ひみつのたからチョコラーテ 作:平山暉彦
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年06月20日
ISBN:9784834027341
評価スコア 3.78
評価ランキング 29,391
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かなり、おもしろいようです

    チョコラーテの文字、チョコラーテがなみなみと注がれたカップの絵。
    私たち親子を惹きつけるには、これで十分でした。
    中を開くと、マンガ形式。読み聞かせむきじゃないことにショックを受けつつ、せっかくだから寝る前に読んでみました。


    チョコレートが万能の秘薬として、国家機密並みに重宝がられていた時代にタイムスリップするお話です。
    何といっても国家機密ですから、カカオに近づこうものなら、命の保証はありません。
    マンガなので読む方は大変ですが、スリリングでかなり面白いらしく、娘は閉じかけた目をこすりながら、何度も起き上ってきました。

    チョコレートが世界に広がっていった経路、チョコレートの作り方なども紹介されていて、興味深いです!
    漢字にはかながふられているので、低学年の子でも頑張ればひとりで読めます!
    内容が面白いので、絵本から一歩前進させたい方にオススメです!!

    掲載日:2013/10/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美味しそう!

    表紙の並々に注がれてチョコラーテがとても美味しそうで、思わず「ごっくん」と生唾がでてしまいます。チョコレートの歴史がわかる絵本で、とても貴重なものだとわかりますが、漫画ふうでちょっとがっかりしたのは事実です。漫画が悪いわけではないのですが、孫に読み聞かせにくいのが残念です。久しぶりにココアが飲みたくなりました。

    掲載日:2015/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • チョコレート、好きです

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    チョコレートが好きなこともあって読んでみました。
    漫画なのですね。
    ひみつにひみつにされてきたチョコレート。おいしいから独占したいという気も分かる気はしますが世界に広まって良かったです。
    チョコレートが好きなのでおかげで私も口にすることができています。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で読みたい子に

    マンガ絵本なので自分で読みたい子にぴったりです。漢字にもすべてふりがなが振ってあるので小学生の低学年でも楽しく読めるのではないでしょうか。

    主人公の小学生しょうたくんが発明家のおじさんと一緒にタイムトラベルをして、ココアがどのようにして生まれたかを知る物語です。

    漫画で楽しくお勉強できて長さも29ページと長すぎずちょうど良いようです。

    1人でも読むもよし。親子で読んで勉強するもよし、読み終わった後にはあったかいココアを一緒に飲みたくなる本です。

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • チョコレートの歴史

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    チョコレートの歴史について、漫画風のコマ割りで描いた作品。
    しょうたくんと、しょうたくんのおじさんである発明家が、
    タイムスリップして、チョコレートの歴史を体感するフィクションストーリー。
    400年前のメキシコ、アステカ王国が舞台。
    二人はそこで、チョコレートの原料となるカカオからチョコラーテという飲み物を
    スペイン人が作っているところを目撃します。
    アステカで健康飲料とされていたカカオ飲料が、スペイン人によって改良されて、
    砂糖を入れたりして、やがてココア、チョコレートになっていく様子がわかります。
    タイムスリップ冒険談らしく、スリリングな展開ですが、
    それだけに、カカオをめぐるエピソードが実感できます。
    天正遣欧少年使節もフィクションとして絡んでいますが、
    なるほど、夢がありますね。
    史実、フィクションへの配慮も行き届き、好感を受けました。
    読み聞かせは多少難しいですが、紹介風に小学校で読むつもりです。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • まんが絵本

    チョコレートが出来るまで、世界に広まるまで、をタイムスリップした日本の学者と男の子を主人公に、漫画にした絵本。

    内容も多く、勉強になりました。

    ただ、文字もコマも多いので、読み聞かせのときは結構難しかったです。自分で読めるようになった小学生くらいに渡して自分で読ませるほうがいいかもしれません。

    掲載日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • チョコレートのひみつ

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子11歳、女の子7歳

    これは、漫画!?

    漫画だとしても、侮ることなかれ。

    チョコレートの歴史を知ることができます。

    これを読んだ後は、チョコレートが食べたくなること請け合い。
    わたしはチョコレートの原点のホットチョコレートが飲みたくなりました。
    チョコレートは甘いイメージだけれど、昔は薬代わりの滋養剤として、重宝がられた苦いものだったとは・・・正に良薬は口に苦し。

    昔の人が今のスウィーツとしてのチョコレートを口にしたらビックリ仰天でしょうね。その種類の多さにも!

    掲載日:2013/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物知りになった気分

    小学校2年生の長女が図書館で借りてきました。漫画のようなコマ割りの絵本で、チョコレートの歴史を教えてくれます。
    発明家のおじさんが最近発明した「タイムボンボン」を食べてしまい、しょうたとおじさんはスペインに支配されていたアステカというかつてメキシコにあった王国にタイムスリップしてしまいます。そこでチョコレートのはじまりであるチョコラーテという、スペイン国王が秘密にしている飲み物のことを、ふたりは知ります。
    このチョコラーテをめぐってふたりは処刑されそうになったりと、大変な思いをしていて、チョコレートが昔どれだけ貴重なものであったかが分かります。世界史の勉強にもなりそうで、読み終わるとなんだか物知りになった気分になりました。

    掲載日:2012/08/21

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット