おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

やぎのブッキラボー3きょうだい」 みんなの声

やぎのブッキラボー3きょうだい 作:ポール・ガルドン
訳:青山 南
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784338126359
評価スコア 3.6
評価ランキング 31,224
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あの「がらがらどん」があまりにも定着してしまっているので、この「ブッキラボー」はどうしてもマイナーイメージを持ってしまった感が否めません。
    しかも絵の描かれ方も、共通点を持っているように思えます。
    個性が弱い、ちょっと残念な絵本になってしまいました。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢い3兄弟

    ブッキラボーと言う名のやぎの3兄弟は、3人とも勇敢で賢いと思いました。意地の悪い醜いトロルをやっつけたのですから・・・・
    いかにも怖いイメージのあるトロルですが、案外人がいいのかも知れませんね。一番上の兄は、兄弟を守り貫くという姿勢がとても強く感じられて好感が持てました。一番下のブッキラボーが、「頑張るぞ!」と決意も顔に表れていたし、やっぱり二番目のブッキラボーだって勇気を出さないと渡れなかったと思いました。勇気を出せば顔つきだって威厳を持つんだと感じました。デッカイやぎのブッキラボーを迎える兄弟の嬉しい安心した顔が印象に残っています。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん・・・

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    「がらがらどん」のパロディーなのかな?と思って読んだのですが、そのまんま「がらがらどん」なのですね。
    絵がちょっと怖い&気持ち悪い感じで、きれい&かわいいを好む私の趣味には合いませんでした。名前も「がらがらどん」の方がリズムがいいし、あえてこちらを読む理由はないかなぁなんて思ってしまいました。

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • がらがらどんより先に読むならおすすめ

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     ポール・ガルトンが好きなので、この民話がどのようにかかれているのかと思い読みました。これはこれで、明るい感じでとりつきやすいよさがあるとは思うのですが「三匹やぎのがらがらどん」イメージが強すぎて、あっけない印象になってしまいました。6歳の娘もがらがらどんの方がいいとのことです。
     読むならがらがらどんより前に…でも知名度ががらがらどんの方が上ですよね。

    掲載日:2008/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • がらがらどんと同じだけど・・・

    表紙を見た時に、読んだことあるような話だと思いながら、手にしました。やっぱり、がらがらどんでした。
    2歳の娘でさえ、がらがらどん読んで〜と言います。子供的には好きなお話みたいですね。
    橋の下にトロルなんて怖い怪物がいるところが、とてもリアルに描かれていて一見怖そうなのですが、子供は意外と怖くないらしく、何回も読んで〜と言います。
    この本を読む時は、橋の上を歩く時に、キキーイ、ギキーイとそれらしく言ってみたり、トロルの声を低く怖そうにいってみたりしました。それがおもしろかったのかな?
    挿絵はちょっと怖いけど、意外とがらがらどんより見易いと思いました。

    掲載日:2008/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • がらがらどん

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    息子は表紙を見てなんとなくピンときたらしく、
    読み始めてすぐに「『がらがらどん』だあ〜」と叫びました。
    やはり、有名なマーシャ・ブラウンの『三びきのやぎのがらがらどん』を
    読んでいるものとしては、あちらが本家本元と感じてしまいました。
    私が「ブッキラボー」と読むのにかぶせて、
    息子は「がらがらどん」と言いまくりでした。
    絵も現代風で悪くはないとおもうのですが・・・。

    掲載日:2007/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと残念

    • ひとときさん
    • 30代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 女の子10歳、女の子3歳

    「三びきのやぎのがらがらどん」と同じ絵本です。
    原題は変わらず、ポール・ガルドンが再話・絵となっているだけです。

    とても色鮮やかで、ちょっと現代風で明るい画面です。
    一場面一場面がとても説得力のある絵で、ちょっとトロルが弱い感じがしますが、わかりやすいです。

    ですが、子どもが読んでも大人が読んでも、皆「つまらない」でした。
    「がらがらどん」がとても印象強く、怖いのですがとても面白いので何度も読み返すほどです。
    ですが、この絵本に関しては「ふーん」で終わってしまいました。
    内容がまったく同じなので、「がらがらどん」とどうしても比較してしまいます。

    絵はいいだけに、とても残念な内容です。

    掲載日:2006/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本ならではのモノが欲しかった

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    絵本の世界では古典的傑作である『三びきのやぎのがらがらどん』と同じ話です。
    「がらがらどん」は、北欧民話と書いてあり、この本には、ノルウェーのむかしばなしと書いてあるので、多分出典は一緒なのだと思います。
    本のサイズも大きくて遠目がきくし、やぎやトロルも迫力があるので、読み聞かせに良いかもしれません。ただ、あまりにも「がらがらどん」が有名で絵も話もインパクトが強いので、後発のこの本は、もう少し違った何かがあると、面白さが増したと思うのですが。
    「がらがらどん」にはないこの本ならではのものが打ち出せていたら、もっと楽しく読むことが出来たと思うと、ちょっと残念でした。

    掲載日:2006/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 題名が違うだけでした。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    「がらがらどん」です。全く同じお話でした。
    題名と表紙のイラストを見て、もしかして、リメイク版?と思って、読んでみたのですが、あくまでも題名の訳が違うだけで、「がらがらどん」と何ら変わりはありませんでした。
    お話自体は面白いのですが、「リメイク」でもなんでもなかった。という点ではもう一つの作品でした。
    ちょっと、残念です。

    掲載日:2006/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / しゅくだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット