おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

まいごのマイロ」 みんなの声

まいごのマイロ 作・絵:大島 妙子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784251009449
評価スコア 4.28
評価ランキング 13,699
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大島妙子さんの作品

    大島妙子さんの絵の魅力を十分に堪能できる絵本でした。可愛らしい御婆さんに飼われている主人公がだんだん逞しくなっていく様子が見ていて嬉しくなりました。可愛い子には旅をさせるという言葉のように何でも経験してノウハウを身につけて成長していくのだという事をこの絵本から学びました。何かをやろうとしたとき一人だと躊躇して怖がってしまう事でも友達がいれば楽しく助け合ってできる事も主人公達から学びました。最後の場面で主人公は凄く成長した寝顔で私も誇らしかったです。

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいいかいじゅう♪

    かわいいこいぬ、マイロのお話。
    マイロもとってもかわいいのですが、もっとかわいいのが
    かいじゅうの子どものベッシー♪
    ふたりのやりとりがとってもかわいくて、いやされましたーーー♪
    ふたりともまいごだったのですが、最後はちゃんとそれぞれの
    おかあさんのもとへ帰ります。
    あったかな気持ちになれる絵本です☆

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷子になって強くなった

    このお話は、子犬の七人兄弟の中でも一番怖がりの子犬の話でした。その子犬が、迷子になってしまい、同じく迷子になっていたネッシー的な子ども「ベッシー」と出会ってたくましくなりました。両方とも無事に自分の家へ帰ることができてうちの子はホッとしていました。

    掲載日:2015/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳の娘のお気に入り

    大島妙子さんの絵本は、どの本も楽しくて家族みんな大好きですが、
    なかでもこの本は3歳の次女のお気に入りです。

    ベンジャミン湖のほとりに住むミーシャおばさんの家に七匹の子犬が生まれました。
    一番小さい弟のマイロはとってもこわがり。
    そんなマイロが雪の中で迷子になり、出会ったのは?!

    次女が一番好きな場面は、マイロとベッシーが家に帰りたくなって泣き出す場面のようです。
    この場面になると必ず自分も一緒に「おかあさ〜ん、おかあさ〜ん、おかあさ〜ん」と叫んでます(笑)。

    マイロ以外の子犬たちも楽しく描かれていて、
    娘は熱心に子犬たちを見ていました。

    娘はまだマイロが落ちた穴の正体が何なのかわからないようです。
    いつ気付くか、手元に置いてじっくり読みたいなぁと思いました。

    雪景色が美しく楽しい絵本です。
    冬の温かい部屋でゆっくり読むのにオススメです(^^)♪

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっこり♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    小学校の図書室で見っけ
    大島さんの作品だ!と
    すぐにお借りしてきました

    まゆげのあるなんとも
    頼りない?マイロ
    表紙に大きな足跡が気になります(^^ゞ

    なんとなく、おはなしの内容は想像出来ますが
    その通りに展開するのが
    またいいのかもしれません

    まいご同士
    一緒に遊ぶことで、一緒に過ごすことで
    逞しくなっちゃう

    何事も「経験」です!!

    そして、安心して帰れる場所があるのは
    とても素敵なこと

    読後、なんとも満足してしまいます

    是非、雪のある今の季節に・・・お薦めです!

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達

    犬のポーポーが子犬を7匹産みました。親子で一緒に暮らせるのは母親にとっても子犬にとってもとても幸せなことだと思いました。末娘の嫁ぎ先もやっぱり犬7匹と暮らしています。毎日7匹の御世話に明け暮れていていますが、犬にとっては、やっぱり親子で一緒に暮らせるから幸せだと思っています。ミーシャおばさんは優しくて毎日7匹の子犬たちの世話に明け暮れしているのがきっと生き甲斐にしていると思いました。子犬たちがすくすく育ってとっても元気なのに、一番小さい弟のマイロだけなかなかみんなの中に入っていけなくて、怖がりでいつもびくびくしていたのですが、お友達になったベッシーと関わったことで逞しくなっていきました。お友達が出来たことで、いろいろと遊ぶうちに見違えるほど成長したマイロです。お友達っていいなあって思いました。ベッシーは恐竜の子ですが、とても惚けた顔であどけなくって優しい目をしているので好感が持てました。とても優しい絵本なので読んでいても癒されます!

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • マイロは逞しくなったね

    ミーシャおばあさんの家に子犬が7匹も生まれました。

    かわいい! 子犬はママのおっぱい飲んで大きくなるのね
    それは大変  7匹も世話してる ミーシャおばあさんの怒った顔が窓から見えてます

    ママの周りにくっついてる子犬のかわいいこと
    マイロは こわがりでみんなと一緒にごはんも食べられません・・・・
    でも、おばあさんは、分け隔て無くかわいがっています、お散歩に連れて行って(犬のもう一人のお母さんね!)
     
    ところが まいごになっていろんな体験をするマイロ、穴の中に住む動物たちを尋ねて、もうひとりまいごの ベッシーと出会い(ネッシーの子ども?)

    いっぱい遊んで友達に 二人が遊んでいる様子が何とも言えずかわいく微笑ましいです!(こどもってどうしてこんなにかわいいのでしょうね) 
    カラスが意地悪な歌うけれども  マイロはすっかり逞しく いい顔で帰ってきたね、いろんな経験をすると逞しくなれるのですね マイロは満足げです(かわいい子には旅をさせよですね)

    犬好きの人にお勧めの絵本です

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • マイロとベッシー

     かわいい、かわいい子犬のマイロ。うちでも、この親犬と似た顔の犬を飼っているので、なんだか「うちの子」を見ているようで、余計に親しみがわきました。でも、こんなにたくさん子犬が生まれたら、お世話をするほうは大変でしょうね! 

     ミーシャおばさんも、散歩の途中で、マイロが袋から落っこちたことにも気づかずに、マイロはそのまま深い雪の森で迷子になってしまいます。そして、そこで出会ったのが・・・・。

     お話の舞台が、大島さんの作品にしてはめずらしい(?)外国の設定だな、と思っていたら、こういうことだったんですね! ネス湖のネッシーにあやかったベンジャミン湖のベッシー。かわいらしい「おともだち」の登場に、ほっこりした気持ちになりました。

    掲載日:2010/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おともだちって良いな

    • イモキチさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳9ヶ月、女の子3歳3ヶ月

    こわがりで、いつもビクビク。兄弟の中に入って遊べず、
    お母さんのおなかで寝るのが大好きな甘えん坊なマイロ。

    はじめてのお散歩に行く日のこと。
    ちょっとしたハプニングで、マイロは迷子になってしまい・・。

    でも、マイロは、とっても素敵なお友達にめぐり合いました。
    始めはびっくりしちゃって、にげちゃったけど、
    どんどん大好きになって、どんどん楽しくなって。。




    先日、図書館で3歳の娘が選んだ絵本。
    動物、特に犬が大好きな娘ならではの選択だなぁ。
    なんて関心していたら、
    この絵本の主人公のマイロと娘がとっても似ていてビックリ(*^∀^*)

    恥ずかしがりやで甘えん坊。
    大きい声でお話も出来ず、初めてのことにビクビクしちゃうところ、
    本当にそっくりです(´▽`*)

    これから幼稚園に入園する娘。

    初めのうちは緊張しちゃうと思うけど、大好きなお友達を作って、
    沢山遊んで、自信をもっていって欲しいなって思いました。

    いまの私達に丁度ぴったりな絵本でした。

    優しいイラストも、ほっこりして、
    夜、寝かしつけの時に読んであげると喜んで聞いています♪

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大島妙子さんの絵大好き☆
    マイロのなんとも弱そうな、臆病そうな表情なんか最高☆
    迷子になって出会ったかいじゅうのベッシーの間の抜けた
    感じもイイ♪
    迷子になってから、迷子同士のベッシーとの触れ合い、
    そしてちょっぴり成長して帰るマイロの姿。
    あったかくなる一冊です☆
    返ってきたマイロに子犬の兄弟達が、鼻を押し付けて
    嗅ぎまわる感じも、イヌの習性がよくでてて、
    大島さんはきっとイヌ好きなんだろうな〜と思いました。
    娘の反応も良し☆

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット