なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ながれ星のよる」 みんなの声

ながれ星のよる 作・絵:たむら しげる
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784835441733
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
「ながれ星のよる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幻想的なSF。

    • よるさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    ロボットのランスロットとりんごの木が流星群を観にすりばち島へ向かうことから物語が始まります。
    きれいな海の青と夜空の青。
    幻想的な青い世界で起きる夢いっぱいのお話です。
    私もクジラに乗ってすりばち島に行きたいな。

    素敵な夢がみれそうなので、夜眠る前に読んであげたい1冊です。

    掲載日:2016/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 流れ星が降る

    流れ星が降るシーンは、いつまでも眺めていたくなります。夜空の星では、たぶん見る機会がなさそうですが、絵本ならいつまでも眺めていられるし、ロマンチックに時を過ごせるし、嫌な気分からも開放されるからいいなあって思いました。

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 流れ星!

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子1歳

    たむらしげるさんの絵本が好きなので、図書館で見つけて迷わず借りました。
    うちには「ありとすいか」がありますが
    あまり本屋さんや図書館で作品を見かけないので、うれしくなってしまいました★

    登場するのは、ロボットとりんごの木という、異色のコンビ。
    彼らが流れ星を見に行く・・・
    そんな発想ってなかなかないですよね。

    最後に、流れ星が雨のように降る光景はとっても幻想的で
    まさに、言葉なんかいらないという感じです。

    一度は絶版になった絵本なんですね。
    復刊されているとのことで、やはり、いい絵本は永遠に心に残るんだなぁと思いました♪

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 星空

    ロボットのランスロットは流れ星を見に行くお話です。

    途中で出会ったリンゴの木の足を抜いている姿が面白く描かれていると思いました。
    星に乗って夜空を飛び回る姿が、なんとも気持ち良さそうでいいなぁと思いました。

    星空が印象的なオススメの絵本です☆

    掲載日:2010/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 流れ星すご〜い

    ながれ星のページを開いたとき、思わず「わ〜!」と声がでました。

    とても素敵な絵です。

    ロボットとりんごの木が楽しそうで、ほのぼのとできる絵本です。

    掲載日:2009/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 降ってくるんです

    表紙には“くじら”に乗った“ロボット”と“リンゴの木”が、
    水平線の薄明りの中進んで行く、綺麗な絵が描かれています。

    一見明け方かなぁと思えるのですが、時刻はこご8時前頃。
    すりばち島へ“ながれ星”を見に行くところなのです。

    “ロボット”と“リンゴの木”と“くじら”という共通項のなさそうな組合せが面白いです。

    途中“ロボット”が“リンゴの木”と出会って、一緒に行こうと
    土から引っこ抜いたところ、“リンゴの木”にちゃんと足がついているあたり、
    読む人によってはナンセンスととるか、ファンタジーととるか分かれそうですね。

    この2人、裏表紙ではシルエットですごくいい画になっているんです。
    切り抜いて飾りたいくらい。

    見せ場の“ながれ星”のシーンでは、
    そろそろかなと思ってめくった次のページ、
    まさに“降ってきた”瞬間は感動ものです。

    宇宙の好きな“たむらしげる”さんの絵本には、夜を舞台に海やくじら、
    ロボットや☆が飛んだりする冒険ファンタジーがよく描かれます。

    “たむらしげる”ワールドを楽しむツボは、まさに“絵本のように”綺麗な絵を楽しむことと、
    自分もストーリーの中に入って一緒に冒険して楽しんじゃうことだと思います。

    掲載日:2008/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぴょーん / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット