サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。

カドヤ食堂のなぞなぞ」 みんなの声

カドヤ食堂のなぞなぞ 作:富安 陽子
絵:宮本 忠夫
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年08月15日
ISBN:9784406025300
評価スコア 4
評価ランキング 21,556
みんなの声 総数 2
「カドヤ食堂のなぞなぞ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自力で!

    メニューにあるのに
    見たことがない「うな丼」

    アイスコーヒーではなく
    「ひやしコーヒー」・・・なんか、怪しい(^^ゞ

    軽食屋さんでもなく
    「食堂」なのにね

    どんどん近代化される建物の中に
    時々見かけるような
    古い建物を思いうかべます

    街の「角」です

    で、店主も不思議
    子どもの目線から怪しい・・・と
    感じる

    その正体!?をつかめる日が来るとは!!

    怖いけど
    だんだんあきらかにされる・・・
    って、「なぞなぞ」がおかしい
    すぐにわかっちゃうよ〜

    絵が独特で、話の内容にぴったりです

    友達とでもなく
    親とでもなく
    ひとりで解決しちゃったことが素敵!

    怖いのと、たった1回の美味しいの体験
    一緒に楽しめます

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとした冒険気分

    もうすぐ土用の丑の日です。この時期に思い出すのがこの本です。
    カドヤ食堂の幻のメニューうな丼に使う田うなぎを取りに番人のなぞなぞに答えなくてはならなかったり、その番人というのが、ある意味ビックリさせられる正体だったりとちょっとしたハラハラドキドキする冒険気分が味わえる本です。

    掲載日:2012/07/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット