話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

どんなにきみがすきだかあててごらん」 みんなの声

どんなにきみがすきだかあててごらん 作:サム・マクブラットニィ
絵:アニタ・ジェラーム
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1995年10月
ISBN:9784566003415
評価スコア 4.77
評価ランキング 645
みんなの声 総数 180
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

180件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 言葉の代わりに

    ほんとにほんとにあげたい人に
    絶対いつかプレゼントしよう、

    そう思って温めておいた絵本。


    チビウサギは自分がどれだけ
    デカウサギを好きだか、
    自分のめいいっぱいで伝えようとします。

    それに対抗してくるデカウサギ。
    チビウサギは、体の大きいデカウサギに
    どうしても勝てない。


    チビウサギが必死になって
    ぼくのほうがきみのことがすきだ!と
    伝えようとしている姿が
    本当にいとおしくてたまらないです。


    もうすぐカナダに仕事に
    行ってしまう友人にプレゼントをしました。

    ほんとに大切だと、大好きだと
    思っているのに、
    うまく言葉じゃ表現しきれなくて
    だけど伝えたくて、

    そうだこの本をあげよう、と思って。

    するとぽろぽろ涙を流してくれました
    「こんなにストレートに気持ちを
    伝えてもらえるなんて」と言って。


    シンプルが一番であることに気が付きました。

    投稿日:2011/01/07

    参考になりました
    感謝
    4
  • 表現する事の素晴らしさ!

     何気なく入った本屋さんの絵本コーナーで偶然手に取った本でした。パラっと見て買った理由は娘の好きなウサギが出てくるらしいから。
    家に帰って娘に読んでいるうちに私が泣いてしまいました。
    チビウサギとデカウサギは娘と自分。

    子供が成長してくると気恥ずかしくなってきて子供への愛情を言葉で言う事が少なくなっていたところこの絵本に出会えて本当に良かったと思ったんです。 それからはチビウサギとデカウサギ同様に表現し合うのが日常的になりました。 すごく大切な事を気づかせてくれた絵本でした。 

    投稿日:2011/03/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • だいすきって伝えたい!

    • コルクさん
    • 20代
    • その他の方
    • 埼玉県

    っんもう大好きです、この絵本!!!!
    自分に子供が生まれたら、絶対一緒に読みたいと思いました!ここ最近で、1番出逢えてよかったと感じた本です♪誰かに「大好き!」って伝えたくなりました(^^)
    「だいすき」の気持ちを一生懸命伝えようとするチビウサギが、本当に可愛くて・・・
    結局最後に眠くなって寝ちゃうわけですが、そのなんていうか安心しきった気の抜けた表情が、たまらなく愛くるしい!ギュ―ってしたくなります(*^^*) それを愛おしそうにそばに寄って、そっと見つめるデカウサギもかわいいです☆ デカもチビの純粋で一生懸命なところが大好きなんだろうなあ。っていうのが伝わってきます。

    愛情って、カタチのあるものじゃないし目に見えないものだから、なかなか上手く伝えられないけど、この2匹なら絶対大丈夫☆十分つながってるから。
    親子でも、恋人でも、友達同士でも当てはまるもどかしい気持ち。この本を見せたら、伝えられるかな?
    大好きで大好きでたまらないって思える人に、ぜひ贈りたい絵本です!
    (というか、この本を贈って純粋に喜んでくれる男の人と結婚したい・笑)

    投稿日:2006/06/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • ちょっとすれ違った時に、この本

    先日、義母から子どもにプレゼントしてくれた一冊です。

    親しみを感じるタイトルと、内容も愛情に満ちあふれている素敵な本だと思います。
    2匹のウサギのお話ですが親子ではなく、この2匹はお友だち?でしょうか。お互いを信頼し合い、思いやる気持ちがとてもよく絵本に描かれています。
    この本を読むときは子どもとちょっとすれ違った時にも読んでいます。
    毎日子どもと接していると、「今日もよく頑張りました!楽しい一日だったね」で終わるときもあればいう事を聞かず、ぐずっている子どもを心を鬼にして叱って終わる、「今日はお互い大荒れの日・・・」という時もあります。一日の終わりに子どもへ叱った後の愛情のサインを出してあげなかった・・・!と反省の意味を込めて、この本を寝かしつけ時に選びます。一日の終わりを悲しい気持ちから嬉しい気持ちに変えたい思いで。。。
    ぐずりかけの娘も大人しくなり、「ちびうさぎ、ねちゃったの?」と話に聞き入り笑顔になります。最後に子どもに、あなたのことを大事に思っているよ、と伝えるようにしています。
    愛情表現が相手(子ども)にうまく伝わってほしい時、この本に頼っています。

    また、子どもが成長して、お友達や大切にしたい人ができたらこの2匹のウサギのように思いやりの心で相手に接してあげてほしい・・・そう思いつつこの本を今日も子どもと読んでいます。
    義母にも感謝です。

    投稿日:2020/05/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 涙が出ます

    この絵本を知ったときから、とってもあたたかくて大好きなお話です。息子が生まれ、ふと読み返してみました。どんなに好きか…言葉では表しきれない気持ちをうさぎたちが絵本で伝えてくれます。息子だけじゃなく、家族、友人、たくさんの人に当てはまってくるんです。そんなことを考えて読んでいたら、自然と涙が出てきます。息子がもう少し大きくなったら、名前を書いて、この絵本をプレゼントしたいと思います。

    投稿日:2019/11/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幸せな気持ちになります

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    お互いをどんなに好きか比べ合うデカウサギとチビウサギ。

    親子かな?と思うのですが、この2匹の関係ははっきりとは書かれていませんが、こうやってどんなに相手が好きかを言い合うのは、親子でも友達でも恋人でもありうることですね。

    4歳になる息子にこの本を読み、「お母さんはこんなに大好きなんだよ」と、自分なりに表現したところ、息子も負けじと「○○はこんなに好き!」とさらに大きく表現してくれました。デカウサギとチビウサギのように。

    とても心温まる、幸せな気持ちになれる本です。

    投稿日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大好きです

    • 長谷川義子さん
    • 20代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子6歳、男の子5歳、女の子2歳

    いつも頑張ってくれているお姉ちゃん。下の子が生まれてから不安だらけだったお姉ちゃんに読んであげていました。
    読み終わると私と娘でどっちの方が大好きか競争します。
    「ママの想いは無限大だよ、もうそれ以上はないんだよ」の言葉に少し困りながらも「無限大よりもっともっと大好き」と言ってくれた娘。
    本当に大好きだな〜って実感でき、子供もきっと安心できるんではないかな、と思います。

    投稿日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 涙がポロリ・・・

    • ち〜坊さん
    • 20代
    • せんせい
    • 大阪府

    ちいさなちゃいろいノウサギ。おおきなちゃいろいノウサギ。
    心温まる2匹の物語。
    子どもにこの絵本を是非読み聞かせてあげて欲しいです。
    一度ではなく、『大好きだよ!』『大切だよ!』と思う時に、何度も何度も・・・。

    私は職場で子ども達に何度も読み聞かせしました。
    この時期になるといつも思い出す。子どもたちのあの表情を。
    一生忘れないよ!

    投稿日:2006/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • あらためて感じる愛情

    題名のままのお話なので意外性はあまりありません。
    3歳のお子さんとならワクワクできるかとおもいます。
    2匹のウサギの関係が、はっきりしてないので、子供に後から聞いたら楽しいかも!

    投稿日:2006/03/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • もれなく幸せを運んでくれる絵本

    • サラミさん
    • 20代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子3歳

    人間は、死ぬまでにいった何度眠りにつくでしょう。泣きながらいつのまにか眠ることもあるでしょうし、眠るつもりじゃなかったのに、疲れすぎてばったりと眠ってしまうこともあるでしょう。修学旅行のときのように、いつまでもくすくす笑ってしまってなかなか寝付けないくらい、楽しい気持ちで眠ることもあるでしょう。
    でも、この絵本のチビウサギのように眠りにつけたら、きっとそれは人生のなかでもいちばんといえるくらいに幸せなことだなと思うのです。おおきな腕のなかでいつも守られているという無意識の安心感、好きだよと迷いなく伝えられるまっすぐな安心感が、チビウサギの行動や言葉から思いっきり伝わってきます。
    わくわくしたり笑ったりするようなお話ではないですが、寝る前に読み聞かせてあげるのにぴったりの絵本だと思います。そして、この本を読み聞かせようと思うお母さんも、その子供たちも、人生でいちばんしあわせな夜をすごしていることを実感できる本だと思います。

    投稿日:2004/04/08

    参考になりました
    感謝
    1

180件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ ロシアの昔話 / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(180人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット