雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

あかちゃんてね」 みんなの声

あかちゃんてね 作:星川 ひろ子 星川 治雄
絵:星川 ひろ子 星川 治雄
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784097260417
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,890
みんなの声 総数 36
「あかちゃんてね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 姉になった娘のために

    姉になった娘のために購入しました。

    「赤ちゃん」ってなんとなくわかっているものの、自分のイメージとのギャップに戸惑う3歳。「早くハイハイして欲しい。」「一緒に遊びたい。」「うちの赤ちゃんは寝てばっかりの子やなあ…」と疑問に感じる事も多い様子。

    そんな娘にピッタリなのがこの絵本でした。
    赤ちゃんの12ヶ月の成長を追っていくので、「今はこのくらい。次はこうなっていく」と大まかなイメージが沸いたようです。

    しかも、この絵本は姉の気持ちに寄り添った台詞もあります。「病院からママと妹が帰って来て欲しかったん一緒やな」などと共感するところが多いようです。赤ちゃんをベビーカーに乗せ、お姉ちゃんが歩きながらお買い物に行く時に「また自転車で行きたいな」というページでは、「赤ちゃん抱っこ紐にして、自転車で行ったらいいのに!」と提案していました。「赤ちゃん、大きくなったら抱っこ紐しんどいし…」という母の声は耳に届いてないようです(笑)

    私にとっても、「しっかりものの娘もまだ3歳。まだまだ甘えたい年齢だから、甘えさせてあげよう!」と再確認できる一冊です。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 赤ちゃんの成長

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    5歳と3歳の子に読みました。
    赤ちゃんが産まれてからの1年間。赤ちゃんの成長を追った写真絵本。
    4〜5歳くらいのおねえちゃんによる語りもあわせてかわいくて良かったです。
    赤ちゃんの成長ってこんなだったなーと親は子供たちの赤ちゃん時代を思い出しました。
    子供たちは子供たちで、「あ、歯が生えた!」とか赤ちゃんの成長を楽しんで見ていました。本人たちは赤ちゃん時代のことなんて覚えていないのでしょうね。

    掲載日:2017/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの成長

    これから弟や妹が増えるお母さんから、上の子へ読んであげるといいかなって思います。息子も、赤ちゃんの自分の写真をみて抜本的にわかっているけど実際はよくわかってないようです。

    この絵本は写真絵本なので、だれもが見て理解できようになってます。
    赤ちゃん返りじゃないけど、赤ちゃんになりたがる息子。
    息子が生まれてから、絵本を読みながら順に様子を話していきました。

    色々なエピソードも盛り込んで話しました。こんなの小さかったのに、今の大きさも踏まえて見開きで赤ちゃんの成長を写真で羅列しているページもあります。

    お兄ちゃんやお姉ちゃんになる兄弟がいたら、準備として読んであげれ理解が深まると思います。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかちゃん大好き

    あかちゃんが大好きな5歳の娘に買いました。
    最初のページからものすごい食いつきようで、それはそれは真剣に見ていました。
    さらにページがどーんと見開くところでは生まれたての赤ちゃんが1歳になるまでを1カ月ごとに写真で掲載れていて、圧巻。
    私も驚き一緒におしゃべりをしながら眺めました。
    赤ちゃんが好きな女の子にぴったりの1冊です。小さい子でも母性があるのですね。

    掲載日:2016/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上の子にも、下の子にも

    4歳の息子と2歳の娘に読んであげました。娘はイッチョマエに「赤ちゃん、かわいい。なでなで。」なんて言って、写真の赤ちゃんを可愛がる真似をしていました。息子は、やはり語り手のお姉ちゃんの方に感情移入しているようで「僕の妹が赤ちゃんの時も積み木を壊して、よだれでべしょべしょにしてた?」と聞いてきました。赤ちゃんが生まれて嬉しい気持ちだけではなく、寂しい気持ちや、ちょっぴりイヤだなぁと思う気持ちもきちんと描かれているので、上の子はきっと「そうそう、そうなんだよね」と思いながら読む事でしょう。なんだかんだ言っても、妹を可愛がっていて、お姉ちゃんになった自分を少し誇らしく感じている様子が伝わってきて、とても可愛い絵本です。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくりします

    自分の子もこのように育っていったはずなのに、
    1年という時間はなんて劇的なほど長くて短いのでしょう。
    生まれたばかりの姿、1年経った姿、
    子供というのはまるで別人のように意思をもち、
    そして人に変わっていくのですね。
    7歳の子はこの本がとても大好きで、
    何度も何度も読み返しては下の子の成長を思い出すようです。
    2歳の子も自分でページを開いては興味深げに眺めます。
    子供の成長が懐かしく思い出される良い1冊です。

    掲載日:2014/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おねえちゃんになる子へ

    生まれたてから1歳になるまでの成長を定点写真で追っていく本。

    語り手は4〜5歳の新米おねえちゃんという設定です。
     

    同じように寝てこっちを見ている赤ちゃん。
    けど、ページをめくるたびに少しずつぷよぷよしていって、
    髪ものびてきて、
    いろんな表情をしていて。

    私も思わず前のページにもどって見なおしてみたり、最後にいってまた見返してみたり。


    小学校になった娘の本棚には、いまだにこの本が置かれています♪

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても上の子目線の一冊です。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子2歳

    7歳の息子と読みました。
    2年前に初めて「お兄ちゃん」になった息子。
    ちょうどこの本のお姉ちゃんと同じ年のときに、
    下の子が生まれ、
    当時のことを懐かしく思い出しながら、一緒に読みました。

    そうだったね、赤ちゃんの足は、こんなに細かったね。
    こんなふうに、おっぱい、飲んでいたよね。
    赤ちゃんが初めてお熱だしたとこのこと、覚えてる?
    とっても心配したよね。
    歩き始めたときのこと、
    遊んでる途中に邪魔されていやだったこと(これは今もか。)、
    全てが上の子目線で描かれているので、
    息子の気持ちもかなり、入り込んだようです。

    一年でこんなに大きくなったね。
    そして、初めて、お兄ちゃんってよばれたときのこと。

    お母さんをとられたみたいで悲しい思いもしたけど、
    今でも遊んでると邪魔しにきたり、
    わがままいっぱいな下の子のせいで嫌な思いもするけれど、
    それでも、お兄ちゃんになったことを
    幸せに感じて、一緒に過ごしてくれたらいいな。

    掲載日:2013/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの成長

    赤ちゃんの成長が、よくわかります。
    赤ちゃんって、たった1ヶ月でも、大きく成長しますからね。
    一人の同じ赤ちゃんを追っていることで、その成長を見守れたような気がします。(親戚のおばちゃん感覚かな)
    お姉ちゃんの気持ちに寄り添った文章も、いいですね。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかちゃんの一年

    わが子の赤ちゃんの頃をなつかしく思い出しました。
    おねえちゃんも、妹がかわいいけど、寂しい気持ちもあって、色々な葛藤があるんですね。

    この絵本の一番の見所は、あかちゃんの全身写真が、一ヶ月ずつ並んでいるところです。
    うちでも、毎月写真を撮りました。
    横に太る時期と、縦に伸びる時期があり、何度見ても飽きないです。

    小さな子が見ても、あかちゃんの成長が理解できる良い写真だと思いました。

    掲載日:2012/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『やさいのがっこう ピーマンくんゆめをみる』 なかやみわさんインタビュー

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット