ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

わたしもいれて!ふたりであそぼ、みんなであそぼ」 みんなの声

わたしもいれて!ふたりであそぼ、みんなであそぼ 作・絵:加古 里子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2001年
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「わたしもいれて!ふたりであそぼ、みんなであそぼ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いっしょに遊ぶと楽しいね

    「幼稚園でお友達から一緒に遊ばない!と言われた」と寂しげな様子の息子に読んでみました。

    ひとりで遊ぶのも楽しいし、ふたりでも楽しい。もっともっと人数が増えても楽しいよね。みんなで一緒に遊ぶのは面白いね。そんな会話をしながら読みました。

    私が子どもの頃は近所のお友達とたくさん遊びましたが、今は近所に同じ年頃のお友達も少なく幼稚園で遊ぶことがほとんど。

    なんだか少し寂しさを感じてしまいました。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなであそぼ!

    明けても暮れても朝から晩まで皆で遊んだなあって思います。

    集団で遊ぶのもいつのまにか身についていたんだと思いました。

    大きい子が上手くリードしていつの間にか輪の中に当然のように入って

    いた気がします。

    「ぼくもいれてよ!」

    「わたしもいれて!」

    たった一言を言える勇気をチャンスを与えるように孫にしたいと思いま

    した。夢中になって遊ぶ楽しさを体験させたいと思いました。

    遊ぶなって言われても遊んでいた年代が懐かしいです!

    遊び方を覚えてみんなで遊んでもらいたいです!

    遊び方はこの絵本がら学べます。保育園先生に読んでもらいたいと思い

    ました。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「いれて!」

    月刊かがくのとも第385号です。一人で地面に絵を描いて遊んでいるいっちゃんのところに、にのちゃんが「ぼくもいれてよ!」とやってきました。こうして「いれて!」と人数が増えるに従って外での遊びが変わって行きます。私の世代には懐かしい遊びばかり。でも現代はこのように遊べる場所と時間と仲間が少なくなっています。遊びを教える時代になったといわれていますが、知らないよりは知っている方がいいし、やったことがないよりはやったことがあるほうがいい。だから保育者のたまごたちには伝えます。時には教えます。「いれて!」ということばとともに仲間とたくさん遊んで豊かな子ども時代を過ごしてもらうために。

    掲載日:2005/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット