おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

トム・ティット・トット」 みんなの声

トム・ティット・トット 作:岩倉千春
絵:飯野 和好
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,450+税
発行日:1992年
ISBN:9784593593163
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,813
みんなの声 総数 7
「トム・ティット・トット」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お話と絵があっている

    こちらのお話は、イギリスの昔話。以前、素話で聞いたことがあります。
    当てられるはずもない名前をひょんなことから知って、見事当てるというお話で、日本の「だいくとおにろく」のお話にも似ています。
    素話も面白かったですが、絵本で読むのもまた楽しかったです。
    不思議でハラハラドキドキのお話と、飯野和好さんの味のある絵がぴったりと合っていました。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔、読んだかも!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    何気なく図書館で手に取った一冊ですが、
    怠け者の娘さんがリンゴのパイを食べてしまうところ、
    お母さんが嘘の歌を歌ってしまうところあたりから、
    「あれ・・・この話、昔読んだことあるかも・・・!」
    と思い始めました。

    確か、とっても面白い本だった記憶がよみがえってきて、
    ワクワクしながらページをめくりました。

    6歳の子供は初めて読みますが、
    初盤からかなり絵本に惹き込まれていました。

    子鬼の名前をなかなか当てられないところなんて、
    「うひゃ〜!ヤバイようぅ!」なんて叫んで、
    とってもヒヤヒヤ。

    面白い展開から始まって、途中ヒヤヒヤ、
    最後はもちろんハッピーエンドで、
    とってもいい絵本です。
    なまけものの娘さん、素敵な王妃様になれて良かったね!

    掲載日:2013/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで?

    読み終わった瞬間の子供が「なんで?」と言いました。
    「なんで、このお妃は幸せになったんだろう??」という疑問を持ったようです。
    確かにそのとおりですよね。
    このお妃は、なにも努力をしていないのですから。
    スッキリとしないお話でした。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヨーロッパの昔話。この話は大好き!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    私が初めて知ったお話はグリム童話の「ルンペルシュティルツヘン」の方でした。
    まだ会社勤めをしていたころ、大好きだったジョナサン・キャロルという作家の作品にこの話が出てきたんです。
    それから、この「ルンペルシュティルツヘン」が大好きな話だったのですが、最近になってイギリスではほぼ同じ内容の「トム・チィット・トッド」という話があるのを知りました。
    更に絵本があることに、ほんのちょっと前に気づいて探してきました。

    岩倉さんの文章は、原作のイメージを壊さない素敵なお話に仕上がっていました。ただ、トムのことを妖精ではなくて「小鬼」と捉えているのが、ちょっと気になりました。
    まあ、向こうのお話では小鬼も妖精も似たようなジャンルの生き物ですが…。

    そしてイラストを担当された飯野和好さんの絵!
    飯野さんもこのお話が好きなのかしら?
    好きだったらいいな〜。
    きっと好きだろうな〜と、思いながら読みました。
    パイを五つも食べちゃった主人公の娘も、王様も、すごくいい感じで書かれていて、楽しかったです。
    このお話は、ヨーロッパ各地に伝わる昔話なので、内容も理解しやすく楽しい話になっています。
    読み語りに使うなら、小学校低学年から中学生くらいまでイケるともいます。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしい民話

    妙に迫力のある絵です。トム・ティット・トット。
    口にするだけで楽しい言葉だったのでよく覚えていました。
    こんなに人生うまくいっていいのだろうかと思いましたが
    あとがきを読んで納得しました。
    こういうお話を作りながら前向きに生きていた人達に
    思いを馳せました。

    掲載日:2009/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年はよくても。

    • 千日紅さん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子1歳

    究極の、棚ボタ式 サクセス・ストーリーです。

    「1年のうち、11ヶ月は好きに暮らしてもよい。最後の一月だけは、毎日5かせ糸をつむぐこと。できなかったら命はない」
    なまけもので糸なんてつむいだこともない娘を、まったくの誤解から、おきさきにした王様が出した条件です。

    娘のかわりに糸をつむいでくれたのは、実は子鬼。
    「1ヶ月まいばん、3回名前をあてるチャンスをあげる、あたらなかったらよめさんになってもらうよ」と言います。

    …なんで、こんな何のとりえもないような娘が、こんなにモテるんでしょう(笑)。

    そして、最大の謎があります。

    ある日、とうとう娘は名前をあてることに成功してしまうのですが、その年・1年間はよくても、翌年はどうなったんでしょうね?

    トムティッとトットは、翌年も、それ以降も? ずっと現れるのかしら…
    そんな約束までは、していないのでは…?

    疑問をもつのは私だけでしょうか。

    掲載日:2007/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名前をあてる定番の昔話

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子5歳

    イギリスの民話として紹介されていますが、グリム童話「ルンペンシュティルツヒェン」としても有名な話です。
    なまけものの娘が、パイを五つ食べたのを「五かせも糸をつむいだ」とウソをついて王様の妃となります。結婚して11ヶ月は楽しく贅沢に暮らしますが、12ヶ月目に「これから一ヶ月毎日糸を五かせつむがないと首をはねるぞ」と言われます。奇妙な小鬼が王妃を助けて糸つむぎをしてくれますが、替わりに「おいらの名前を当てないとおいらのお嫁になってもらう」と言われてしまいます。さあ、困った王妃は・・・。という有名なおはなし。
    挿絵が飯野和好さんなので、大迫力の王様・娘・小鬼が楽しめます。名前を毎晩3回ずつ当てるのも、『だいくとおにろく』など他のお話で聞いたことがある内容なので、子どもにとってはとても親しみやすいお話です。
    我が家の子ども達はこの話が大好きで、毎晩読んでとせがまれますが、主人公の娘に対しては、「いい加減でなまけもののなのに、どうして幸せになるのかなぁ」と不思議がっています。ホント、小鬼こそ頑張ったのにね。

    掲載日:2005/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


エルメス家がお手本!正しいマナーを身につけましょう

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット