庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

あらしのよるに」 みんなの声

あらしのよるに 作:木村 裕一
絵:あべ 弘士
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1994年10月28日
ISBN:9784062528528
評価スコア 4.75
評価ランキング 732
みんなの声 総数 7
「あらしのよるに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほんとうのじぶん

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     オオカミと羊が友だちになるなんて、そんな破廉恥な!
    木村祐一の舞台設定が危険です!肝をキュ〜っともってかれちゃったんです。こどもはハラハラしようか、みんななかよしを信じようか、幼稚園せんせいとの信頼をなくしかねない心境に胸をいためたでしょう。

     どうぶつ園フリークのわが家が、あべ弘士というどうぶつ飼育員が描いた絵本に興味を持った一冊でした。独特のタッチ、へにゃへにゃの絵、時に爆発するパワフルカラー。やけに気になるのは娘の側でした「あたしにもかけそ〜」。
     
     というわけで、舞台を観るかのような興奮を、ありがとうございました。「ほんとうはみんな、なかよしだったね」・・真実を悟ったかような娘でした。

    掲載日:2013/11/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • シリーズ最初のお話

    個人的には、とても気に入っています。
    息子は、雷からのシーンが面白くてお気に入り。子供はここが一番面白いと思います。
    続きが気になるラストだったので、息子は早く読みたくてウズウズしていました。
    親もとても気になったので、ここから先は次々読みました。
    親も子も、夢中になれるシリーズです。

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ページをめくるたびにどうなるんだろう?と先を想像してドキドキしました。
    最後は読者の想像にまかせて、おしまいで、とっても想像力をきたてられます。
    なかなかない内容の絵本ですが、昔読んだ小説を思い出しました。
    戦時下、真っ暗闇の防空壕の中で出会った男女の話です。
    これも深読みすれば男女のようでもありますね。

    掲載日:2013/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • カナダ在住ですが、息子が5才の里帰り中に図書館で見つけて大型版で読みました。
    選んできた時は、「難しすぎない?」と思っていましたが数度読みました。とても心に残るいいお話だな、と思っていました。

    カナダに戻ってきてからもとても気になる絵本でした。
    Webで調べてみるとかなり話題になった絵本だったと知りました。
    動画などもあるようですが、やっぱり絵本として楽しみたい気持ちがあり、購入を迷っていました。
    そこでこちらのリトルシリーズを発見。
    中を見れないので、迷いに迷ったあげく購入。
    サイズはミニですが、絵もたくさんでしっかり絵本として成立しています。お値段は手ごろ&場所もとらないのでシリーズでそろえ易くていい買い物をしたな、と思っています。

    掲載日:2013/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • あらしのよる、真っ暗な小屋の中というシチュエーションによる、オオカミとヤギ、天敵同士のちょっぴり危ないトーキングに、初めて読んだときはドキドキをおさえられませんでした。いつ、お互いの正体が知られてしまってもおかしくないのに、なぜかまったく問題なしに楽しい会話が繰り広げられるんです。
    ヤギの上品な口調、オオカミの汚くも紳士的な口調が織りなすハラハラドキドキの会話劇は、お子様だけでなく、きっと大人の皆さんもクセになりハマってしまうに違いありません!
    不思議な友情物語の幕開け、ぜひ、あなたも読んでみてください!

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとの仲間ならいいのに…

    想像力がかきたてられる本ですね。
    評判通りでした。

    いつもは天敵同士のヤギとオオカミ。
    あらしの夜に出会うのですが、なにぶん小屋の中はまっくら闇で何もみえず、風邪気味で匂いもしません。

    ヤギは相手が自分と同じヤギだと、オオカミは相手が自分と同じオオカミだと…。思いこんでるのです。

    二人のやり取りが上手い具合にかみ合っていてほのぼのしていていい感じです。
    このままいくと親友になるのでは…。いや、もうなっています。 絶対に!

    ただ、あくる日に再会がこわいです。

    二人が本当に同じ仲間だったならどんなにいいでしょうか。
    ガックリくる姿は見たくないです。

    掲載日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • あらしのよるに

    あらしの夜に出会った、オオカミとヤギ。
    二人は真っ暗闇の中、お互いの顔を知ることのないまま、
    友達になり、また会う約束をして別れます。
    まったく違う二人の会話が妙にかみ合う展開がおもしろく、
    そして彼らが再開するとき、
    何が起こるのだろうか?というドキドキ感がたまりません。

    掲載日:2011/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くものきれまに / ふぶきのあした

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット