もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

セミのたね」 みんなの声

セミのたね 作:阿部 夏丸
絵:とりごえ まり
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784062130677
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,703
みんなの声 総数 37
「セミのたね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 微笑ましいお話

    セミの幼虫をたねと見立ててしまうところが、何ともユニークです。

    夢の中で、あさがおからセミが出てくるところに目を見張っているなっちがかわいかったです。

    セミの羽化も丁寧に描かれているので、参考になりますよ。

    科学絵本とは違うけれど、単なる空想とも違う、微笑ましいお話だと思います。

    とりごえまりさんの絵がとてもかわいらしくて、なっちと一緒にセミを育てている気分になりました。

    掲載日:2009/04/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夏にピッタリ♪

    今日もセミの抜け殻をみつけたので(家って田舎!?)
    寝る前にこの本を読みました。最近のお気に入りです。
    セミってこんな風に出てくるのね・・・。
    絵がかわいいので、ちょっぴり虫がこわい娘でも読めるのが嬉しい。
    (・・私自身もリアルなのは自信がありません;)
    読む前よりセミに親しみが湧くこと、間違いなし。
    女の子にもおすすめです。

    掲載日:2008/07/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夏らしい絵本です!

    7歳小学校1年生の娘が図書館で一人読みしました。
    我が子は冬に読みましたが(笑)夏らしい絵本です。
    セミの幼虫を「セミのたね」として育てていく様子が丁寧に描かれている絵本です。
    セミの幼虫が羽化してセミになるまでをリアルに見れることはあまりないので,絵本を通して知れることはいいですね!!

    掲載日:2018/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • この発想いいですね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    アサガオを植えるところで土の中からセミの幼虫を発見する女の子。母親の「土の中でもう少し暮らしたら、セミになって出てくるの」という説明に「…そうか、セミのたねか」と考える彼女。この発想良いですね!たしかに!って思ってしまいました。
    いつでもどこでもセミとアサガオの植木鉢を持ち歩くところ等もこどもらしいなーと感じました。楽しみな感じがすごく伝わってきました。

    掲載日:2015/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても素敵なお話♪

    サナギを“セミのたね”と思ってしまうところも、あさがおと一緒に植木鉢に“植える”ところも、とっても子どもらしい発想で、すごく可愛いなって思いました。

    何日も何日も待ち続け、片時も離さないようすが、また微笑ましい!
    成長したセミのたねの想像は、子どもならでは!!

    羽化の姿は本当に綺麗で、娘は、もう一度前のページに戻り、羽化の様子を指でたどっていました。

    どこもかしこも微笑ましくて、とっても素敵なお話です。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • この季節にぜひ

    とりごえさんの絵が好きなので
    気になり借りてきました。

    せみの幼虫をみつけたなっち
    種として育ててしまう女の子って珍しい。

    まだかな?まだかな?
    と、食事中でもお風呂でも持っていってしまうあたり
    本当可愛いです。
    でもでも幼虫かた成虫になるところが見れなくて
    残念!

    それに負けず次を探す元気な女の子。
    せみが大きくなる様子が描かれていて
    男の子でも楽しめます。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいな〜

    このお話うちの子はとっても気に入っていました。主人公の女の子がアサガオの種をまくときセミの幼虫を発見して、種のように植木鉢に入れて育てるというお話でした。うち子のは先日アサガオを植えたばかりなので、自分もセミを植えてみたいって言って大変でした・・・・。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • みたい!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    あさがおの種と一緒にせみのたね(幼虫)を鉢で大切に育てます
    世話をしながら思いをめぐらします
    あさがおの花にせみがなっているのには
    息子とともに大笑いしちゃいました

    大切に楽しみにしていたせみは夜の間に地上に出てきて
    殻を脱ぎます。
    その様子もリアルに描かれていて
    昆虫好きの息子は興味津々でした
    「サンタさんと一緒で夜寝てるときに出てきたんだね」と
    息子が言っていました
    女の子なのにこわいとも思わずに大切に世話する様子に
    たくましさを感じました。

    掲載日:2010/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「命」育てる喜びが伝わってきます

     「命」育てる喜びが伝わってきます。
     朝顔の種と一緒にセミの幼虫を鉢植えに植えたなっちちゃん。
     毎日見守る姿も可愛らしい。 
     鉢植えから朝顔の花と一緒に出てくるセミの愉快な夢に笑いました。 寝ても覚めても傍らに鉢植えを置くなっちちゃんのこのワクワク感が伝わってきます。
     セミは早起きなので、決定的瞬間は見逃したものの、抜け殻のブローチが素敵でした。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • セミのたね?

    なっちが朝顔の種を鉢に植えようと庭で
    土を入れていると、セミの幼虫を見つけ・・・

    なっちの想像する場面が面白く、
    うちの子たちはなっちがセミの花?が
    咲くところを想像している絵に
    大笑いでした。
    私が大好きなとりごえまりさんの絵と
    ほのぼのしたお話の内容が合っています。
    今の時期にぴったりの絵本です。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット