おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

セミのたねなかなかよいと思う みんなの声

セミのたね 作:阿部 夏丸
絵:とりごえ まり
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784062130677
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,988
みんなの声 総数 36
「セミのたね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 可愛いお話

    タイトルにひかれて読みました。
    女の子がセミの幼虫をセミのたねとして育てるという可愛いお話。
    なんといっても絵が可愛らしい!
    女の子なら好きそうな作品だなと思います。結末は意外とあっけなかったですが、子ども心が描かれていてほんわかします。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想が子供ならでは。

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    セミの幼虫を拾って植木鉢の土の中へ・・・
    「セミのたね」という発想がユニークで子供ならでは、という感じ。
    大人の自分は一瞬「ええっ!?」とビックリしたけれど、娘は表紙とタイトルを見るなり「面白そうっ!」と食いついてページをめくっていました。
    何か共感できるものがあるんでしょうね。

    子供の好奇心に上手にスポットを当てた作品だと思います。

    掲載日:2013/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • セミとアサガオどっちが先かな?

    アサガオの種を育てるために女の子が植木ばちに庭の土をいれていると…
    土のなかにセミの幼虫(種)を発見しました!
    お母さんは土にかえしてあげてねと言いますが女の子は「やーだよ」とアサガオと一緒にセミの種も育てることにします。

    この作品を読むならやっぱり夏がオススメです。

    息子とは冬に読んだので実際にセミを見れる季節に読めるとまた違う楽しみもあったかなと思います。

    女の子の「やーだよ」と言うところを気に入っているようで読み聞かせていても息子は「やーだよ」って先に言ってます。

    ご飯もお風呂も植木ばちと一緒!これを真似したらどうしようかなと思いながら明日息子と一緒にセミの幼虫は無理なのでドングリを植える約束をしました。

    セミとアサガオどっちが先に出てくるかな〜と言いながらニコニコ!

    セミは朝がくるまでに殻を脱いで大人になるんだと絵で学べて素敵な作品でした。

    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • セミに親しめるかも

    私セミ(虫全般)が苦手で。長女がこの本借りるって言ったとき心の中でえ〜って思いました。
    なのでなっちゃんのこと、かわいいなぁ優しいなぁと第三者の目線では思えたけれど、自分の娘達に同じことされたらちょっと参っちゃうかななんて思いました。
    実際読んでみると絵はかわいらしく書いてあって、セミの誕生までが静かに静かに描かれています。
    なっちゃんの待ち焦がれる気持ちが手に取るように分かり、かわいいです。
    「セミのたね」っていうタイトルの表現がかわいらしいし、全体的にセミの誕生を待つ女の子のかわいさがにじみ出ている絵本でストーリーはとても好きです。
    絵本の中でなら私もセミに親しむことができたかも。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • セミの『たね』という発想が素敵

    タイトルに惹かれ、図書館で手に取りました。
    セミのさなぎのことを『セミのたね』とは、なるほど〜子どもらしい発想だなと感心しました。この発想がそのままタイトルになっているところがこの絵本の最大の魅力だと思います。

    主人公の女の子(なっち)は小学1,2年生くらいかな。3歳の娘にはまだ早いかなと思いつつ読み聞かせたら、夢中で聞き入っていました。
    なっちはセミのたねがセミになるところは見逃してしまいましたが、
    絵本の中では細かく描かれており、娘は興味深くみていました。
    小学生くらいだと、理科の勉強にもなるのでは。

    日常生活でこのような体験が出来ればいいのでしょうが、都会ではなかなか難しいかな〜。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にたねだ。

    抜け殻しか見たことがないので、その形のまま歩くなんて考えたことが
    ありませんでした。
    しかも植木鉢に浅く埋まっていても大丈夫なの?と不思議になったので
    そのあたりももう少し詳しく知りたくなりました。
    それにしてもセミのたね。
    なっちじゃなくても一日中めが離せない宝物です。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい経験

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子4歳、男の子2歳、男の子1歳

    主人公の女の子が花の種を植えようとした時に、偶然セミのさなぎを発見。大切に育てていたけれど、孵化する場面はみれなかった。ちょうど外へ飛び立つ瞬間を目にできて嬉しそうな女の子。うちの息子達にも毎年セミの孵化を見せてあげています。これって自然の中に住んでるからこそ、味わえるとってもいい経験だと思います。最初に見た時はとってもビックリしてへんな顔をしていましたが、何回も見て行くうちに「きれいだね、頑張ってるんだね」って命の尊さ、強さを感じてくれているようでした。毎年夏の恒例行事です。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    セミの幼虫を「種」と呼んで、植木鉢に入れて大事に大事に育ててる女の子。どんなときも自分のそばに植木鉢を置いて、土から出てくるのを待ってる姿は、ほほえましいものでした。
    幼虫が成虫になる姿がはっきりと描かれていて、これを見ると、本当のセミのようすが見たくなります。

    ただ、?と思ったのは、セミが成虫になったとき、まだアサガオが発芽していなかったこと。アサガオが芽が出るのはもっと早い時期なんじゃないかなあって、ちょっと突っ込んでみました。
    でも、この本は、セミと女の子が主人公だから、いいんですよね。

    掲載日:2009/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • セミの脱皮姿

    なっちがセミのサナギを見つけて、育てるお話です。

    面白いのはなっちがサナギをセミの種に見立てて、植木鉢に入れて育てる所です。

    残念ながら、なっちはセミの脱皮を見ることは出来ませんでしたが、絵本の見開きを使ってセミが脱皮する姿がとてもキレイに描かれています。

    なかなか見られない様子なので、夏の季節にはこの絵本を通して、セミの脱皮の様子を子どもに見せてあげたい一冊です☆

    掲載日:2008/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 羽化の感動

    なっちが植木鉢にいれる土の準備をしていると、
    セミの幼虫を発見します。
    なっちはこれを「セミのたね」と理解し(?)
    朝顔の種と一緒に植木鉢に植えて、お世話します。

    なっちゃんが植木鉢を大切にしている様子が可愛いです。
    はっきりとしたかわいらしい絵ですが、
    細かいところまで正確に描かれている印象を受けました。
    特にセミの羽化のシーンは昆虫図鑑のように
    しっかり描かれています。
    年長さんの時に朝顔を育てたことがある娘は、
    「双葉の土に近いところは紫色をしている」とか
    「種は黒くて丸を切った形」とかこの絵本を
    見ながら、色々教えてくれました。
    我が子たちはセミの羽化をTV映像で見たことがあるので
    「ここでイナバウアーして出るんだよね
     でもまだ飛べないんだよ」と得意そうに話しています。
    夏にこの絵本に出会ったなら、公園などで
    せみのヌケガラ探しをするのもいいですよ。

    無事になっちの朝顔も芽を出し、花が咲いて良かったです。

    掲載日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット