あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

おちばのふとん」 みんなの声

おちばのふとん 作・絵:ごんもりなつこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2005年03月
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,100
みんなの声 総数 12
「おちばのふとん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ぜひ、秋に読んであげたい

     最近、日本には季節があるということをなんとな〜くわかってきた息子のために選びました。 
     虫たちが冬眠して、春になるとまた活動するようになる様子がえがかれた絵本です。登場する虫たちをさがしながら、四季の移ろいを学べる絵本です。そして、登場するスミレさんの、虫たちに語らいかける温かい言葉が、やさしい気持ちにさせてくれる、そんな絵本です。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫みつけた

    おちばを布団にして
    かくれんぼする虫とすみれさん。
    小さなテントウムシも子供が必死に探していました。
    ここにいた、ここにいたって。
    実際でもこんな遊びしたいなと思いました。
    最後は春の芽が出ていて
    ゆっくり春が来ていたことを知り
    なんだか温かくなりますね。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落ち葉いっぱいだけれど暖かな絵本

    綺麗で緻密な落ち葉や昆虫のイラスト。
    常に前頁下の4分の1ほどに落ち葉が敷き詰められているような感じのイラストで、そこに昆虫がもぐったり、お花がいたり…。
    落ち葉なので、当然枯れ葉一色の茶色いトーンなのですが、なぜかとっても暖かそうに見えてしまいます。
    いや、実際あったかいんでしょうね、落ち葉の布団。
    1歳半の息子にはちょっと早いかと思いましたが、意外にじーっと見ていました。
    精巧な昆虫や落ち葉の絵は、こういうきちんとした物を見て欲しいなと思う親の気持ちも満足させてくれます。
    素敵な絵本です。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落ち葉遊びの見本?

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳

    落ち葉を集めて飛び込んだり、巻き上げたりするのが大好きな娘。
    この絵本を読んでからは、プラスして落ち葉の布団で寝んねが増えました。

    コレをすると、予想はしてたけど、やっぱり出てくる虫さん達。
    でも、『おちばのふとん』を読んだ後だとなだめやすいことに気付きました。
    だって、落ち葉は虫さん達のお布団なんだもの。

    冬の終わり。春がくるほんの少し前。スミレの葉と、小さな虫たちのやり取りが、とっても優しくほんわりするお話です。

    掲載日:2009/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 葉っぱ

    実際の葉っぱを使ってタイトルを描いているのがユニークで素敵だと思ったのでこの絵本を選びました。落ち葉が森の昆虫をしっかりと守っているのがかっこ良かったです。森の秋から春にかけての移り変わりをじっくりと観察できるのも素敵でした。昆虫や植物が互いを尊敬し、助け合い共存して暮らす姿が素晴らしかったです。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落ち葉の中は暖かい

    落ち葉の中に、皆でいれば安心だし暖かいよ!

    仲間と一緒だと暖かいし、傍にいてくれると安心して冬眠できます。

    すみれさんも、傍にてんとう虫さん、バッタさん、くもさんたちを心よ

    く受け入れてくれます。

      「落ち葉の布団は、皆の布団。

       ぬくぬく おやすみ」


     の、繰り返し言葉が嬉しいです。

    どんな場所も仲間がいれば、楽しいことを教えてくれます。

    秋になったら、落ち葉の中を覗いてみたくなりました。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 移り変わり

    テントウムシ達が落ち葉の布団に入って過ごすお話です。

    急に寒くなってくる季節の移り変わりを、虫たちの行動に着目して描かれている所が良いなぁと思いました。
    落ち葉の布団がどれだけ温かいのかが伝わってきました。

    裏表紙に咲いたスミレが描かれているのも、春の訪れを感じる事が出来て良いなぁと思いました。

    季節の移り変わりについて感じることの出来るオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 枯葉の下の 小さな命

    落ち葉の上をわたし達が子供と一緒に
    ガサゴソガサゴソ音たてて歩いたり 
    ふかふか踏みしめて歩き回ってる 
    その下で
    実は暖かさに集まって暮らしている
    小さな命があったなんて。。。
    見たことないし 知らなかったけど
    いるんですね虫達が。 
    こういう場所で越冬する命があるんですね 

    この絵本は定点観測で小さな世界を見守り
    ひっそり春を待つ生き物達の会話を
    見せてくれます

    これ見たあとは もう
    落ち葉の上は遠慮しながら
    そ〜〜っと歩きたくなっちゃうかも。

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日常を見るようで・・・

    いつも森に行くたびに、落ち葉を掻き分けたり、倒木の皮をはいで、その中にいる虫を見つけるのを楽しみにしているので、この本はまさに「娘の日常」を絵に描いたようで、すぐに親しみがわきました。「おちばのふとん」と表現したところが素敵ですね。娘も、「おちばのふとんは みんなのふとん。ぬくぬく おやすみ」という繰り返しの文章が好きなようです。そして、絵本の中でも、隠れた虫を見つけるのが本当に上手!自然の中で遊ばせてあげられるのは、しあわせなことなんだな、と改めて思いました。

    掲載日:2007/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 待ち遠しい春の季節

    題名がすごく素敵な絵本。
    確かに落ち葉って、虫たちにとったら温かい布団のような存在なのでしょうね。
    そんな安らげる場だということが、繰り返しのリズムの中で書かれていて読みやすかったです。
    寒い冬から暖かい春への過程で、虫やすみれが落ち葉のなかでじーっと待っている。そんな春の待ち遠しさが感じる絵本でした。
    息子はバッタさん登場ににんまりでした。

    掲載日:2006/04/29

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット